VIRGIN BMW | 第3回 オイルパン・ロアーケース K1600GTL編

第3回 オイルパン・ロアーケース

  • 掲載日/2012年01月13日【K1600GTL編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.56(2011.09.15発行)~ Vol.57 (2011.12.15発行) 「ディーラーメカが解説する 世界一細かい K1600GTL テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

K1600GTL編分解レポートの画像

各メディアでの好評もあり、発売以前より数多くのバックオーダーを抱えている BMW Motorrad の旗艦 K1600GTL。その K1600GTL は大きいだけのツアラーではなく、現在の BMW のテクノロジーを惜しみなく投入した文字通りのフラッグシップ。一般読者やオーナーですら見る事ができないメカニズムやメンテナンスの詳細を眺めながら、K1600GTL の本質を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

K1600GTL編分解レポートの画像
エンジンを逆さにし、オイルパンを外す。
K1600GTL編分解レポートの画像
オイルパンを外し、横から眺めると、非常に少ない容積しかないことがよくわかる。
K1600GTL編分解レポートの画像
ドレインボルトは8ミリのヘキサゴン。BMWのボルト類はトルクス規格を多用しているが、なぜかエンジンオイルのドレインボルトだけは六角なのである。
K1600GTL編分解レポートの画像
ドレインボルトをオイルパン内側から見る。穴の周辺に4本の大きな突起が見える。
K1600GTL編分解レポートの画像
オイルパンの中には大きな金属板のセパレーターがある。その中心あたりにもう一つのドレインボルトがある。これがオイルタンクに通じるドレインボルトである。
K1600GTL編分解レポートの画像
オイルパンの穴から長いレンチを介し、このボルトを外してオイルを抜く。前述の4つの突起はこのボルトがオイルパン内に引っかかることなく、真下に落ちるようにするためのもの。締め付けトルクは12N・m。
K1600GTL編分解レポートの画像
セパレーターを外すとオイルポンプが現れる。かなり大きく、周辺にも余裕があることがわかる。
K1600GTL編分解レポートの画像
通常、オイルポンプはクランクケースと一体であることが多い。このように単体部品であることは珍しい。おそらくは、振動や騒音対策のためだろう。
K1600GTL編分解レポートの画像
オイルフィルターの締め付けトルクは、ガスケットにオイルを塗った上で11N・m。
K1600GTL編分解レポートの画像
クランクケースの上下を分割する。長いクランクシャフトが現れる。なお、4気筒以下のエンジンのような、バランサーシャフトは設定されない。
K1600GTL編分解レポートの画像
組み立て式クランクシャフトは120度オフセット。大端部はベアリングではなく、プレーンメタルにより支持される。
K1600GTL編分解レポートの画像
クランクシャフトのウェイトにはバランス調整用の追加工がほとんど無い。工作精度の高さが伺えるところ。

注目のアイテムはコチラ