VIRGIN BMW | 第13回 ホイール・タイヤ・ブレーキ K1600GTL編

第13回 ホイール・タイヤ・ブレーキ

  • 掲載日/2012年02月07日【K1600GTL編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.56(2011.09.15発行)~ Vol.57 (2011.12.15発行) 「ディーラーメカが解説する 世界一細かい K1600GTL テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

K1600GTL編分解レポートの画像

各メディアでの好評もあり、発売以前より数多くのバックオーダーを抱えている BMW Motorrad の旗艦 K1600GTL。その K1600GTL は大きいだけのツアラーではなく、現在の BMW のテクノロジーを惜しみなく投入した文字通りのフラッグシップ。一般読者やオーナーですら見る事ができないメカニズムやメンテナンスの詳細を眺めながら、K1600GTL の本質を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

K1600GTL編分解レポートの画像
フロントホイールのサイズは 3.5 × 17。タイヤサイズは 120 / 70 – 17 となる。エアバルブは前後ともに側面配置。
K1600GTL編分解レポートの画像
タイヤはメッツラーの Z8。OEM 装着されるのは、いまのところこの Z8 のみ。
K1600GTL編分解レポートの画像
リヤホイールのサイズは 6.0 × 17 で、タイヤサイズは 190 / 55 – 17。前後ともビッグバイクの標準的なサイズである。
K1600GTL編分解レポートの画像
タイヤメーカーでは同サイズ同銘柄であっても、リア用には構造体を変えた高荷重用タイプを用意する。メッツラーの場合では「C」と表記され、BMW はすべてCタイプを装着する。
K1600GTL編分解レポートの画像
指定空気圧は積載状態にかかわらず前後とも 2.9Bar。後輪は普通だが、前輪は普通 2.5Bar ぐらいなのでかなり高めの設定である。
K1600GTL編分解レポートの画像
フロントブレーキ。キャリパーはおなじみのブレンボ製対向4ピストン。ピストン径は 36 / 32mm。パッドも含め、4気筒Kシリーズとは別の専用設計。
K1600GTL編分解レポートの画像
フロントブレーキディスクはフローティングタイプで φ320mm、厚さ 5.0mm。4気筒Kシリーズと共用している。
K1600GTL編分解レポートの画像
リアブレーキキャリパーは、フローティングタイプのブレンボ製片押し2ピストン。ピストン径は 32mm / 30mm で、K1600 専用部品となる。バッドは前後で素材を変えている。
K1600GTL編分解レポートの画像
ノン・フローティングマウントのリアブレーキディスクは φ320mm、厚さ 5.5mm とリア用としては大きく、K1600 専用部品。前後とも素材はステンレススティールである。
K1600GTL編分解レポートの画像
サーボ機構を持たない ABS ユニット。フロントブレーキをかけるとリアも連動するが、リアは単独でも動作するインテグラルシステムを採用する。ホースはすべてメッシュタイプ。

分解レポート K1600GTL編 メニュー

注目のアイテムはコチラ