VIRGIN BMW | 第19回 オーディオ・Bluetooth K1600GTL編

第19回 オーディオ・Bluetooth

  • 掲載日/2012年02月20日【K1600GTL編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.56(2011.09.15発行)~ Vol.57 (2011.12.15発行) 「ディーラーメカが解説する 世界一細かい K1600GTL テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

K1600GTL編分解レポートの画像

各メディアでの好評もあり、発売以前より数多くのバックオーダーを抱えている BMW Motorrad の旗艦 K1600GTL。その K1600GTL は大きいだけのツアラーではなく、現在の BMW のテクノロジーを惜しみなく投入した文字通りのフラッグシップ。一般読者やオーナーですら見る事ができないメカニズムやメンテナンスの詳細を眺めながら、K1600GTL の本質を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

K1600GTL編分解レポートの画像
オーディオシステムは標準装備。ラジオは本体に組み込まれている。お好みのプレイヤー (現在の主流は MP3) を追加するだけでいい。
K1600GTL編分解レポートの画像
オーディオの基本操作はこの四つのボタン。ボリュームや選曲はハンドルスイッチのマルチコントローラーにて行う。
K1600GTL編分解レポートの画像
細かな設定は、ディスプレイで確認しつつマルチコントローラーで調整。このオーディオシステムは、車速に応じて再生音量を自動的に調節させることができる。
K1600GTL編分解レポートの画像
右のポケット内に外部入力端子があり、手持ちのプレイヤーを接続する。MP3 音楽ファイルの入った USB メモリでもいい。iPod / iPhone の場合は別売のケーブルを介する。
K1600GTL編分解レポートの画像
シート下にはオーディオのコントロールユニット。
K1600GTL編分解レポートの画像
日本の ALPINE 製。Bluetooth のユニットでもある。
K1600GTL編分解レポートの画像
このユニットを介して Bluetooth の携帯電話や無線機をペアリングする。前述の純正ナビも同様。
K1600GTL編分解レポートの画像
BMW 純正のシステムヘルメットのインカムとペアリング (同期) してみる。
K1600GTL編分解レポートの画像
ペアリング成功。純正ではないインカムでも原則的に同期可能だ。
K1600GTL編分解レポートの画像
スピーカーユニット。K1200LT は後部にもステレオスピーカーがあったが、GTL は前だけ。Bluetooth インカムの普及と性能向上のため、簡素化されたようだ。
K1600GTL編分解レポートの画像
片側2スピーカー。もちろん屋外使用前提だから、水に濡れても大丈夫。意外なことにフルフェイスヘルメットでもよく聞こえる。カウルやスクリーンの形状も影響しているのだろう。
K1600GTL編分解レポートの画像
D&M 社製。RT や四輪 BMW のスピーカーも同社の製品である。インピーダンスは 4Ω で、出力性能は 15W。

注目のアイテムはコチラ