VIRGIN BMW | 第14回 電装系 R1200GS編

第14回 電装系

  • 掲載日/2013年11月18日【R1200GS編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.63 (発行:2013.06.15) 「ディーラーメカが解説する R 1200 GS テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200GS編分解レポートの画像

満を持して登場した完全新設計の新型 R 1200 GS。登場するや否や、世界中のライダー達に賞賛を以って迎えられたが、プロメカニックの目にはどう映ったのだろう。今回も詳細に解説する。

分解レポート 詳細をチェック

R1200GS編分解レポートの画像
二輪車初、四輪でも珍しいフル LED ヘッドライト。日本仕様は標準装備。
R1200GS編分解レポートの画像
ポジションランプも LED の明かりを光ファイバーに巡らすしくみ。
R1200GS編分解レポートの画像
LED 自体の発熱は少ないが、電源回路や基板部が発熱するので、トラブルを防止するため大型のヒートシンクとファンで冷却する。
R1200GS編分解レポートの画像
テール、ブレーキ、ウインカーすべて LED。動作状態では保安基準に合わせた色で発光する。
R1200GS編分解レポートの画像
モード切り替えスイッチ。RAIN/ROAD/DYNAMIC/ENDURO/ENDURO-PRO から選択できる。スロットルレスポンス、ABS、ASC(トラクションコントロール)、ESA の4つの機能を調整する。
R1200GS編分解レポートの画像
前述したコーディングプラグ。Enduro-Pro モードは無舗装路+ブロックタイヤの条件以外だとメリットがないので、あえてシートをバイクを降りてシートを外す手間をひとつ置いているのだ。一種の安全策である。
R1200GS編分解レポートの画像
シート下右側面のサイドカバー。一本のビス固定だが、車載工具で外れる。
R1200GS編分解レポートの画像
メインテナンスフリーのシールドバッテリーが収納される。前述したエンジン内のクラッチ・スターターモーターをはじめ、重量物は車体右側に配置されている。これは車体左のドライブシャフト~ファイナルドライブとの重量バランスを調整するためだろう。
R1200GS編分解レポートの画像
プラス端子が奥、マイナス端子が手前に配置されているのだが、このままでは充電やジャンプスタートに使い勝手が悪い。すぐ脇にバッテリープラス直のジャンプスタートコネクターが設けられている。
R1200GS編分解レポートの画像
バッテリーはゴムバンドで固定されており、このように横に引き出して脱着するしくみ。
R1200GS編分解レポートの画像
スチロールの台座に上に、四輪の寒冷地仕様のようなウレタンケースでカバーされている。
R1200GS編分解レポートの画像
ユアサの YTZ14S。従来の HA14Ah と容量は同じだがひと回り小さい。
R1200GS編分解レポートの画像
ヒューズが装備されてアクセサリー等の電源がとりやすくなった。我々メカニックからの声が届いたのか。
R1200GS編分解レポートの画像
おなじみのパワーソケットはメーター右側、スクリーン調整ダイヤルの下に設置された。ライダーにとっては非常に使い勝手が良い。
R1200GS編分解レポートの画像
充電中。シールドバッテリーは過充電に注意。補助充電モードのあるトリクル式充電器がベスト。

分解レポート R1200GS編 メニュー

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報