VIRGIN BMW | 第4回 サスペンション・ブレーキ C600Sport・C650GT編

第4回 サスペンション・ブレーキ

  • 掲載日/2014年02月24日【C600Sport・C650GT編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.62 (発行:2013.03.15)「ディーラーメカが解説する C600Sport & C650GT テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像

ついに登場したCシリーズは、意欲作だった C1 以来となるスクーターだ。これまでの BMW モデルとは一線を画し、アーバン・モビリティという新カテゴリーに投入されたCシリーズを、例によって世界一細かく解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
倒立式のテレスコピック式フォーク。スライダー直径は 40mm で車重に見合った高剛性。上下のフォークブリッジはアルミではなくスチール製。右側のフォークには、スプリングとダンパーユニットが内蔵されている。左側のフォークにはダンパー機能はなくスプリングのみ。サスペンショントラベルは 115mm。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
リアサスペンションは片持ちスイングアームとモノショック。スクーターはシート下収納スペース確保のため、ショックユニットをスイングアーム最後部に配置することが多いが、車体の端に重い部品があるのはハンドリング上好ましくない。Cシリーズでは、スペース的なメリットよりのマスの集中を優先したことがわかる。これも TMAX に似ている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ダンピングの調整機能はなく、車載工具を用いて7段階のプリロードを調整する仕組み。調整自体は簡単だが、せめて手動のアジャストダイヤルがほしかったところ。サスペンショントラベルは 115mm。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
スクーターは構造上テールヘビーになりやすいが、エンジンを可能な限り前進させ、わざわざチェーンドライブ+スイングアーム方式を採用することによって、前後の重量バランスを均等にしている。ホイールベース 1,591mm のうち、スイングアーム長は 400mm である。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
フロントは直径 25.4mm のデュアルピストン式片押しフローティングキャリパー(ニッシン製)にダブルディスクを組み合わせる。前後連動ではない。ブレーキホースはすべてステンレスメッシュである。フロントホイールサイズは 3.5×15、タイヤサイズは 120/70ZR15。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
マスターシリンダーはキャリパーと同じくニッシン製。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ブレーキディスク直径 270mm。フローティングタイプではない。使用限度は 4. 5mm。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
リアホイールサイズは 5.5×15、タイヤサイズは 160/60ZR15。前後とも大型スクーターの標準的なサイズと言える。リアホイールには二つのブレーキキャリパーを備える。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
上側が本来のブレーキ用で、直径 27mm デュアルピストン式片押しフローティングタイプ。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
下側はサイドスタンド連動のパーキングブレーキ専用キャリパー。ワイヤー引きの機械式である。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ABS は標準装備。コントロールユニットはフロントパネル左側に搭載される。技術革新の成果で非常に小さく、わずか 700g の重量しかない。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ブレーキレバーの位置は前後ともに5段階調整式。レバーエンドにはあらかじめ強度が弱い部分(肉抜き部)を造っておき、転倒しても根元から折れない仕組み。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
OEM タイヤは、メッツラー FEEL FREE。ほとんどのメーカーがラインナップするサイズなのでタイヤチョイスには困らないだろう。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
こちらはもうひとつの OEM タイヤ、ピレリ DIABLO SCOOTER。グループ企業のせいか、トレッドパターンが似ている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
タイヤの指定空気圧は一人乗りでフロント 2.4bar・リア2.5 bar。

分解レポート C600Sport・C650GT編 メニュー

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報