VIRGIN BMW | BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 トピックス

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力

  • 掲載日/2018年09月27日【トピックス】
  • 取材協力/MURACO
    文/櫻井伸樹 写真/平島 格
    記事提供/BMW BIKES編集部
    ※この記事は『BMW BIKES vol.84号 』に掲載された内容を再編集したものです。
BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像
普段キャンプ用品を製造しているメーカーさんはどんなことを考えながら作っているのか? 新進気鋭のアウトドアメーカー「MURACO(ムラコ)」の代表でありライダーでもある村上さんに製作サイドからお話をうかがった。

職業柄、精度がきっちり出るような
質実剛健なモノが好きなんですよ

もう30年以上もバイクとキャンプについて模索してきた私(雑誌BMW BIKES編集長・櫻井)が思うに、アウトドアメーカーでキャンプツーリングを真剣に考えているメーカーは非常に少ない、ということだ。アウトドア業界でもバイク乗りは多いが、実際にバイク向けに製品を開発しているメーカーはとても少ない。

そんな中で、少し前アウトドアメーカーMURACOの代表取締役である村上さんと知り合った。聞けば、BMWのオーナーで大のバイク好き。そしてムラコ製品は基本的にライトウエイト思考なのですべてキャンプツーリングに適している、というではないか。とても興味が湧いた私は、実際にキャンプツーリングにお誘いし、話をうかがうことにした。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

アウトドアメーカーMURACOの代表取締役・村上さん。

8月頭。朝から日差しが強い中、待ち合わせ場所でコーヒーを飲んでいると、乾いた排気音とともに、キャンプ道具を積んだR nineTが駐車場に滑り込んできた。スタイリッシュなウエアに身を包んだ村上さんだ。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

村上さんの愛車はR nineTのカスタム。大型免許を取得し最初のバイクだそう。低く構えたセパレートハンドルと、フェンダーレスキットでだいぶスタイリッシュな仕様。「すっきりしたリア周りのバイクがすごく好きなんです」とのこと。

挨拶もそこそこに山中湖、河口湖といった富士山の麓を巡る。この一帯は標高が800mほどなので、走っていればさすがに涼しい。

驚いたのは村上さんのライディングスキルの高さだ。未舗装の湖岸地帯も安定して走り、峠ではUターンもひょいとこなす。なんでもスクールに通い徹底的に練習されたそうだ。美しくカスタムされたバイクは盆栽化し、あまり乗らないというライダーも少なくない中で、きちんとそれを乗りこなそうという努力の姿勢に恐れ入る。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

籠坂峠、山中湖をぐるりと回り、途中「道の駅ふじよしだ」でうどんをすすった後、西湖の湖畔にあるキャンプ場にイン。話題は終始バイクとキャンプのこと。お会いするのは3回目だが、旧知の仲のように話が弾む。

買出しを済ませ、西湖の北岸にあるキャンプ場で荷を解いた私たちは、さっそくテントとタープを張り、ムラコ製品の説明を聞く。その後は、薪に火をつけ乾杯。肉などを焼きつつ、バイクとアウトドアについて語り合った。村上さんの製品に対する情熱と、仕上がりへのこだわり、使い勝手のよさに何度も納得させられる。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

世の中には、本当にユーザーの立場で開発したのか? と疑問に思う製品があふれている。しかし、そんな中でコンセプトを明確にしてテストを繰り返し、妥協せずに開発を行なうメーカーの物は、やはり人々から信頼を得る。そしてそこにはじめて本物としての「機能美」が漂い始める。今回のツーリングを通して、私はムラコ製品にそんな「本物」を感じたし、村上さんの情熱と努力と実行力を垣間見て、尊敬の念をいだくばかりだった。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

DURA SOLID PEG 30/ムラコのペグでもっとも強度が高いアルミソリッドペグ。重量は70gと鍛造鉄ペグの半分。大型タープの固定も余裕。●長さ:300mm/重量:70g/価格:1本850円(税抜き)

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

TWISTED PEGS/真下から見ると手裏剣のように3枚の刃がツイスト状に成形され、ねじれを防止。軽いのに高い固定力を誇る。●長さ:250mm/重量:38g/価格:4本セット2,100円(税抜き)

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

ANGULAR NAILS/なんと1本9g。太さ9×5mmと、とにかくライトウェイトが自慢。それでも二人用のテントをがっちり固定可能だ。●長さ:153mm/重量:9g/価格:10本セット1,900円(税抜き)

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

CARAJAS PEG HAMMER/ムラコ製品の中でも飛びぬけて斬新な製品がこのペグハンマー。こんな形状のハンマーは今まで見たことがない。しかし使ってみると実際にペグを打ち込みやすく、また引き抜くことも可能だ。それでいて直線的なスタイルなので、バッグへの収納性が高く、軽さもちょうどいい。ヘッドはステンレスの削りだしという贅沢さ。●サイズ:長さ275mm/重量:236g/価格:3,900円(税抜き)。

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

AFRICAN EAGLE/バイクで持ち運べるサイズの軽量アルミ合金製のトライポッド。足が細いのに耐荷重5kgだから、4人で鍋をつつくことも可能。ランタンを吊るすのにも便利。金属製だからガスランタンでもOK。ロープでペグダウンすれば安定性も向上する。●重量:620g/サイズ:H120×D65×W65cm・収納時W53×φ5.5cm/価格:1万6,500円(税抜き)

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

NIMBUS 2P/ムラコを代表する二人用テント。フライにポールを挿し、インナーを中に吊るす仕様。ライダー一人が寝て、残スペースは荷物を置くとジャストサイズ。前方に1mほど張り出した前室が自慢。全身ブラック仕様のブラックビーク2Pも人気。●サイズ:D3.35×H1.15×W1.45m・収納時W45×φ17cm/重量:2276g/価格:3万6,500円(税抜き)

BMWで行くキャンプツーリング/硬派一徹、質実剛健。アウトドアギルド『MURACO』に見るこだわりと実力 の画像

HEXA ULTRA/雨天でも3人が快適に宴会できる6角形タープ。写真のようにニンバス2Pと合わせればかなり快適。雨天だけでなく日差しが強いときも大活躍。またポールを下げて、角を地面にペグダウンすれば冬の宴会も快適に。●サイズ:W3.2×D2.9m/重量:536g/価格:1万6,000円(税抜き)

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報