VIRGIN BMW | コネクター取り付け「ハーフカウル」編 トピックス

コネクター取り付け「ハーフカウル」編

  • 掲載日/2009年10月23日【トピックス】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.35 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

コネクター取り付けハーフカウルの画像

ジャンプスタートコネクター装着で
バッテリーあがりも難無く対処しよう

バッテリーあがりというトラブルは、誰もが一度は経験したことがあると思います。その際は再充電やバッテリー交換が確実ですが、けっこうな時間と手間がかかりますし、ツーリング中など出先ではそれもままなりません。手っ取り早いのは、クルマのように他のクルマやバイクからジャンプスタート(ブースター)ケーブルをつないで電源を借り、始動させてしまうことです。ところが4バルブRシリーズはバッテリーに手が入りづらく、途方にくれたユーザーも多いのではないでしょうか。

2004年モデルから、バッテリーにアクセスしやすいモデル(Kシリーズなど)以外には、ジャンプスタートコネクターが標準装備されています。これはスターターモーターもしくはバッテリーのプラス端子に取り付け、ジャンプスタートケーブルを噛ませやすくしたものです。ちなみに四輪BMWのバッテリーは、リアシート下やトランク内に設置されているので、同様のコネクターがエンジンルーム内にまで引き延ばされています。

下の写真を見ての通り、たったこれだけの部品ですが、有るのと無いのとでは大違いです。このコネクターを標準装備以前の年式に取り付け、アップデートしてはいかがでしょうか。

CAUTION!!

ジャンプスタートはバッテリーがあがって始動出来ない時の緊急始動用で、とりあえずの応急処置です。ちゃんとした手順を踏んでもスターターが回らず、始動できない時はバッテリーが完全に死んでいます。早々にあきらめてバッテリーを交換しましょう。

ジャンプスタートコネクターを取り付けてみよう

これがジャンプスタートコネクターだ

上がスターターモーター端子取り付け一式。下がバッテリー端子取り付け一式。車種によって取り付ける場所が違うのでステーは2種類。ステー以外は共通部品だ。電気抵抗を減らすために塗装やメッキ処理はされておらず、ムクの金属表面になっている。錆の発生を嫌って、コネクターとワッシャーはステンレス、ステーはアルミ製。

コネクター取り付けハーフカウルの画像

パーツNo. & プライスリスト

コネクター:6113 7671 354 ?960.-
ワッシャー:0711 9931 050 ?20.-
スターターモーター用ステー:6113 7671 355 ?860.-
バッテリー端子用ステー:6121 7671 334 ?1,060.-
絶縁ゴムカバー:6113 7672 395 ?440.-

R1100RSハーフカウル/850?1150R/1100S/1100?1150GS/1200C系の場合

コネクター取り付けハーフカウルの画像
これらの車種にはこのセット。部品代合計\2,280。エンジン左側面のカバー内のスターターモーターに取り付ける。電源が必要な場所に直結しているので、バッテリーに取り付けるより電気的な効率はいい。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
これがコネクター本体。かなりしっかりした造りだ。ムクのステンレス製。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
サンプル車輌はR1150R。ケーブルをつなぐのは不可能に近い。かなり無理をすれば出来そうだが、スチール製タンクとの隙間が無いので、ショート事故の可能性が高い。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
スターターモーターのカバーを外す。ネジ一本だけで、前は2本のツメで差し込み式になっている。車載のL型レンチで充分だ。ただし、R1200C系は裏側にネジがあるため、少々手が入りにくい。5ミリヘキサゴンのボールポイントのドライバーがあれば便利。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
指で示している13ミリナットがスターターモーターのプラス端子。バッテリーのプラス端子直結なので、キー位置に関係なく電気が来ている。つまり、ここに安定した電源があればエンジンスタートが可能なわけだ。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
ナットを慎重に外す。ショート事故予防のため、事前にバッテリーのマイナス端子を外しておくのがセオリーだが、そもそもマイナス端子を外すのが困難なのだ。このケーブルは絶対に他の金属部分に触れないこと。ショートして火花が飛ぶだけではなく、配線が燃えたり、電気部品にダメージを与える可能性もある。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
変形の回り止めワッシャーを外し、ステーをスターターモーターに取り付ける。外したワッシャーは無くても良い。金属同士の接触面やネジ山には電気伝導製の高いカッパー系やシリコン系のグリスを塗っておく。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
ナットを締め付けていくと、ケーブルが引っ張られて一緒に回ってしまうので、ステーには回り止めのツメがある。あらかじめケーブルの端子をツメの位置に合わせておく。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
ナットの締め付け。規定トルクは10NMだがもう少し強めでもいい。ジャンプスタートコネクターは平ワッシャーを介してこのように付く。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
このバイクには電源ソケットが標準装備されているが、年式やモデルによってはオプション扱いだった。電源ソケット用の配線コネクターは、すでにここまで来ているので、ソケットを一緒に取り付けてもいいだろう。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
カバーにコネクターを外に出す穴を開ける。特にマークがあるわけではないので目分量で位置を決める。口径は13ミリ以上。ドリルかキリで小さめの穴を開け、位置を見ながら、棒ヤスリかリーマーで穴を広げればいい。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
カバーの取り付け。穴の位置を確認するが、多少ずれていても問題はない。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
コネクターのネジ山にグリスを塗り、ワッシャーを張り付けて、ステーのネジ穴に締め付け。工具はT30のトルクス規格だが、5ミリのヘキサゴンでも締め付け可能だ。トルクは10NM。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
ゴムのキャップを被せて完成。キー位置にかかわらず、常時バッテリー電圧が来ている。ヒューズを介していないので取り扱いには充分注意すること。
コネクター取り付けハーフカウルの画像
ジャンプスタートの図。プラスケーブルはコネクター、マイナスケーブルはエンジン側のボルトをくわえさせる。同じ方法で充電も可能。

ADVICE

弱ったバッテリーは
早めに交換がベスト!

エンジンが始動出来たにしろ、完全にあがってしまったバッテリーをエンジン回転による充電で復活させるには、かなりの時間と走行距離が必要です。出来るだけ早いうちに正しい方法で充電するか、復活しない場合はバッテリー交換をオススメします。

なお、4バルブR系の充電能力は非常に高く、定期的に乗っていれば、そうそうあがるものではありません。ただし、高圧縮の大排気量2気筒エンジンの重いクランクシャフトを、冷えた硬いオイルの中で回転させるには、ヤマハSR500のエンジンをデコンプなしでキック始動する以上の力が必要です。したがって、ちょっと電力が弱っただけでも始動できないことがあります。スターターモーターには健康なバッテリーが必要なのです。

さらに、バッテリーは温度が低いと性能が低下する特性があるうえに、電装部品が多いBMWは、キーがONの状態ですでに他の電気部品が電力を消費しています。バッテリーを一度でも完全にあげてしまうと、たとえ充電で使用可能になったとしても、本来の性能を発揮しないばかりか、その寿命も短くなります。日頃のバッテリーメインテナンスと定期的な交換をお忘れなく。

注目のアイテムはコチラ