VIRGIN BMW | バイクの桃源郷、マン島:第3回 マン島へやってきたBMWたち トピックス

バイクの桃源郷、マン島:第3回 マン島へやってきたBMWたち

  • 掲載日/2011年07月15日【トピックス】
  • 取材・写真・文/山下剛
マン島へやってきたBMWたちの画像

「マン島で…」といいつつも、いきなりマン島以外で見つけたR1200GSAからご紹介。これはロンドン郊外のギルフォードという町、今回の取材用広報車を借りた「Vines of Guildford」の駐車場で撮ったもの。タンクの虎柄がイカしてます。

スーパースポーツばかりじゃない
TTウィークは隠れたモーターサイクルショー

マン島TTには、ヨーロッパを中心に世界各国からレースファンが集まってきます。そのせいか、レースウィーク中にマン島で見かけるバイクは日本製スーパースポーツが圧倒的。もっとも見かけるのはホンダCBR系、そしてスズキGSX-Rが日本よりも多く見かけるように思います。

しかし集まってくるのはレースファンばかりじゃなく、スーパースポーツ以外のバイクも実にたくさんやってきます。次いで目立つのは、日本製をはじめとしたスポーツツアラー。CBF系やGSF系といったオンロードスポーツツアラーが多数ですが、R1200GSやタイガー、ムルティストラーダといったデュアルパーパス系ツアラーも多くみられます。日本と違うのは、お膝元だけあってトライアンフが多いことが特徴的です。それからアプリリアやドゥカティも目立ちますね。もちろんBMWもその数は多く、R1200GSを中心にいろいろなBMWがマン島を走っています。

というわけで、今回はマン島で見かけたBMWたちをご紹介。

※写真は時系列で並べています
※一部イギリス(グレートブリテン島)で見つけたBMWも混ざってます

フォトTOPICS(写真点数/131枚)

マン島へやってきたBMWたちの画像
01ロンドン市内のバイク駐車場に停まっていたR1200GSA。マン島でも多くみかけましたが、アドベンチャーとの遭遇率は日本よりも高く感じました。パニアを外してカンペキな街乗り仕様、てとこですね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
02こちらもロンドン市内で見かけたR1200RT。こんなハデなカッコしてるのはポリス、日本でいうところの白バイです。RTの他にはピアジオ・MP3の白バイ(いや、黄青バイというべき!?)も走ってました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
03グレートブリテン島からマン島へ渡るには、リバプールまたはヘイシャムという町からフェリーに乗ります。これはヘイシャムのフェリー乗り場での待機中。縦Kのサイドカーはこちらでもこれ一台しか見かけませんでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
04ここからしばらくヘイシャム埠頭で撮ったBMWが続きます。ノーマルGSにわざわざアドベ用パニアをつけてるのにトップケースはGIVIの樹脂製。なんやらよくわからん組み合わせ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
05R1200GSとR1200RT、現行ボクサーの人気モデルが並びました。やはりこの2台は圧倒的に出会う確率が高く、とくにGSはほんとうにしょっちゅう見かけます。この後もたくさん登場しますよ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
06確認できなかったのであやふやなのですが、シリンダーのかたちを見たところ/5から/7にかけてのボクサーに思えるのですが、よーく見ると違うような…。どなたか判別できたら教えてください!
マン島へやってきたBMWたちの画像
07ストックにはないカラーリングのS1000RR、なかなか似合っていてカッコイイです。2012モデルではひょっとすると登場するかもしれませんね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
08さて、ここからはいよいよマン島で撮ったBMWです。ホイール、ヘッドカバー、タンデムステップステー、スクリーンにバーエンドがパープルで統一されたR1000S、けっこうイケてます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
09DOHCボクサーもけっこう見かけました。ちなみにシートに挟まっているのはパーツメーカーのチラシで、こうして停めているバイクすべてにポスティングされてました。Fブレーキをきちんとロックしてますね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
10R259系ボクサーも見かけましたが、その比率は日本とあまり変わらないように思えました。けっこう貴重なモデルになりつつあるようです。こちらはR1150GS。
マン島へやってきたBMWたちの画像
11K100RT? それともLT? 縦KはそのほとんどがLTかRTのどちらかでした。RSはどこへ…?
マン島へやってきたBMWたちの画像
12フルパニアのDOHC-GS。Fブレーキのリザーバータンクにさりげなくマン島シンボルが描かれたリストバンド巻いてるところがステキ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
13R1150GSAのメーターカバーに、マン島TTコースを描いたステッカーが貼られてます。それによると2007年にもここを訪れてるみたい。常連なのかな?
マン島へやってきたBMWたちの画像
14こちらで見かけるアドベンチャーは、たいていフルパニア+キャリアバッグというパターンが多く、ほんとうに荷物満載!といった姿が多く見られました。まあ、かくいう私もそのパターンだったのですが。
マン島へやってきたBMWたちの画像
15それともうひとつ、パニアに旅先で手に入れたステッカーをたくさん貼っているGSも多く見かけました。そういえば以前訪れたイタリアのステルビオ峠の看板もステッカーだらけでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
16R1150GSA、これで3台目ですね。チェーンロックを使ってないところを見るとすぐに戻るのかもしれないけど、ナビはしっかりと外してます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
17GSアドベンチャーにサブライトを装着しているケースもけっこうよく見かけました。日本よりも街灯のない道路が多いし、速度域も高いからナイトツーリングには必須アイテムなのかもしれません。
マン島へやってきたBMWたちの画像
18R259以降の近代モデルはほとんどそうなんですが、ノーマル状態で乗っているケースが目立ちます。それにしてもこのR1100Sはとてもきれいに乗り続けている様子が伺えました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
19定番ともいえるチェッカー柄ペイント、躍動感あるパターンなのがいいですね。このR1200GSもサブライトを装着してます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
20片側2本出しのサイレンサーはドイツのBOS製。なかなかカッコイイです。サイドバッグとのクリアランスがやや気になりますが…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
21R1150R Rocksterのフロントフェンダーにステッカーを貼りつけてる最中のオーナーさん。指で脱脂してましたが、今でもちゃんと貼りついているのでしょうか。
マン島へやってきたBMWたちの画像
22大きなトップケースを装着したK1300R。車体に括りつけてある小さなバッグを見るとどうやらスペインからやってきたようですが、ナンバーは未確認。
マン島へやってきたBMWたちの画像
23パニアケースだけ外してるR1200RTは、日本ではあまりお目にかかれないスタイルですね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
24シートをカスタムしたR1000S。コルビンかサージェントかわかりませんが、シート高も抑えてあってなかなかよさそうです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
25なんて言ってたらこちらのR1100RTもトップケースのみのスタイルですね。市街地をちょこっと走るときはたしかにこのほうが便利そうです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
26カウルの補修跡も生々しいR100RS。こちらではR100RSよりもR100RTのほうが多く見かけました。そういえばヨーロッパではRTのほうが人気だったという話も聞いたことがあるような…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
27グランドスタンドを通過するK1200RS。荷物はすべてホテルにおいて散策モード、てところでしょうか。
マン島へやってきたBMWたちの画像
28前期のK1200LTですね、こちらは。やはりサブライトを装着してナイトランもバッチリに備えてます。K1200LTはちらほらとマン島で見かけましたが、2~3度でした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
29こちらは貴重な存在、R100S。どうやらマン島を訪れるBMW乗りは、あまりカスタムをしない人たちが多いようです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
30狭苦しいところでしか撮れなかったので見づらいですが、こうしてオレンジ色のF800RとK1300Rが並ぶとほんとうに兄弟みたいですね!
マン島へやってきたBMWたちの画像
31スクリーンだけ見たらK1100LTかと思ったのですが、よく見るとK100LT…でもなくK100RTですかね。リア周辺のカスタムもいい具合に溶けこんでます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
32日本でもすでにリリースされましたが、こちらでは5月にはデビューしていたK1600シリーズ。こちらは日本未発売のK1600GTです。この他に2~3台見かけましたが、かなり目立ってました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
33タンクサイドに装着しているバッグ、これ、転倒時に車体もガードしてくれそうな頼もしさがいいですね。そのためだけに装着して中にスポンジ入れておくのもいいかも。
マン島へやってきたBMWたちの画像
34さっきと同じアドベかよ!と思うでしょうけど、さっきのはほら、奥のほうに写ってるでしょ? アドベ好きにはたまらんツーショットです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
35また同じかよ! と思ったアナタ、ハズレです。こちらはR1100GS、ハイトスクリーンを追加したりハンドガードを延長したりと、ささやかに空力性能をアップさせてるところがかわいらしいです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
36さて、こちらは夜のマン島プロムナード近くのホテル前。DUCATI 848と1198と並ぶF800GSというのもめずらしい光景。奥にMR2が停まってるのもなかなか秀逸な感じです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
37プロムナード沿いのホテル前は、「ここはBMWディーラーかよ!」と言いたくなるほどにアドベンチャーが整列してました。おそらくみんなグループでやってきたのでしょうね。おっと、右端にはCBXの姿も。
マン島へやってきたBMWたちの画像
38R100Rが2台並んでるのもめずらしいですが、BMWとしては斬新だったカラーリングのロードスターもやっぱり見かけるとうれしいレア度。
マン島へやってきたBMWたちの画像
39いやー、スクリーンまでお揃いで仲よさそうなK1200Rのコンビ。どちらも2004年のデビューイヤーのモデルですね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
40TTコースで見かけたK1300Sのお姉さん。この後、PENZ13.comチームのパドックで再会しました。なんとドイツから自走してきたんだって。やっぱり女性もタフですねえ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
41プロムナードに停まってるK1200LT。メッキパーツをさりげなくつけてるところもニクイですが、こんな場所にさらっと停めてるところも似合いすぎ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
42さて、ここからは6月5日にジャンプスポットで有名なバラフブリッジそばで行われたBMWオーナーズミーティング「BMW CLUB MEAT UP」で見つけたBMWをご覧いただきましょう。こっちに来て気づいたことのひとつが、F800GSのようなモデルに乗ってるライダーでも、オンロード用フルフェイスヘルメットを着用している人が多いこと。そうそう、ジェットヘルはほとんど見かけませんでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
43ミーティングの会場は、バラフブリッジにある「Raven Hotel」の駐車場。こじんまりとしたところで、のんびりムードが全体にあふれてました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
44K100RS。とりたててカスタムしてるわけじゃないけど、こうしてきれいに乗ってる姿はカッコイイものです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
45ひと目見ただけで「タダモノではない!」とわかるオーラを発してるサイドカーとオーナー。彼はドイツから来たBübさん。ベース車両はどうやらR60だそうで、このサイドカーで冬のノルウェーへ旅したりしてるそうです。あまり英語が得意でないらしく、英文で書かれた自己紹介カードを持ってました。もっともこちらも英語を話せないのですが、なんとか意思疎通はできてたような?
マン島へやってきたBMWたちの画像
46BübさんのR60サイドカーを前から見るとこんな感じ。フネがいかに大きいかがわかると思います。
マン島へやってきたBMWたちの画像
47フネを開けるとこんな具合で、中は簡易ベッドにもなるそうで、これさえあれば地球のどこでも行けちゃうのだとか。冬の北欧を走るためのチェーンなども装備されているし(リアタイヤ上のアルミ箱に収納されている)、ガスコンロも積載してあって、これは小さなキャンピングカーなのです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
48R80/7。この頃ののボクサーはフォークブーツを装備しているところが個人的に好きです。それにしてもこの車両、ずいぶんとハンドルを詰めていますね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
49原色でペイントされた2台のR65、ひょっとしてカップルで乗ってきたのでしょうか。なんともいえない、いい雰囲気を醸してました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
50どちらもR1200GS、しかもDOHCの最新モデルです。よーく見るとスポークが異なってるんですよ。まるで間違い探ししてるみたいね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
51今回、もっとも目立っていたBMW。車種は…私には判別不能でした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
52やっぱり会場内でも注目の的です。ここに来たライダー、みんながひと目見てました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
53こちらが走り去っていく勇姿。こんなマフラーだからそりゃもう「バリバリバリー!」とレーサーみたいなエキゾーストを残して走り去っていきました。カッコよかった!
マン島へやってきたBMWたちの画像
54ホイールをシャンパンゴールドにペイントしたK1100RS。色味だけ見てるとちょっとドゥカティぽい!?
マン島へやってきたBMWたちの画像
55かなり走りこんでいる様子のR1150GS。パニアケースには2008年のIOMTTステッカーが貼ってあることからも、オーナーはマン島フリークのようです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
56深い緑のボディカラーがきれいなR100S。リアキャリアが追加されてるところからすると、ずいぶんとあちこちを旅してきたんだろうね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
57ミーティング会場を後にするR1200RT。ちなみにここ、もちろん信号なんてないんだけど、左右どちらからもそれなりの速度で来ること、見通しが悪いこともあって右に出るのはえらく時間がかかるのです…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
58マン島やイギリスでは、このライダーのような蛍光イエローのベストを着用したライダーをけっこう見かけました。被視認性を上げるための安全装備なのだろうけど、どうもコースマーシャルとか工事現場のガードマンに見えてしかたがない…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
59ミーティング会場を素通りしていくK1200S。この手のスポーツツアラーにトップケースをつけてる姿は、日本でもここ数年目立つようになってきましたね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
60R1150Rロックスターに全身黒ずくめの装備だと、けっこうサマになるものです。ザ・ストリートファイターって感じ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
61ケースをすべて外して身軽になったR1200RT。こちらのライダーたちはけっこうすり抜けするから、やっぱりパニアケースは邪魔なんですね。ドリンクホルダーもいいね!
マン島へやってきたBMWたちの画像
62DOHCボクサー搭載のR1200R。ツラーテックのナビマウントを装着してます。今回の取材では、BMW純正ナビに私もずいぶんと助けられました。いやー、ほんと便利!
マン島へやってきたBMWたちの画像
63いやー、ここまで恰幅のいいおっちゃんがR1200Cがすっごく似合う!
マン島へやってきたBMWたちの画像
64TTにも多くのS1000RRが参加してましたが、一般ライダーのなかにも多くのS1000RRを見かけました。ARROWマフラーは低音効いたいい音吐いてました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
65ちょっと前に紹介した蛍光イエローのベストを着てタンデムしていたR1100RTのライダーたち。こちらでは2パイント(1パイント=0.56リットル)までのビールならその後の運転もOKだそうで、こんなふうにパブでギネスやエールを飲みながら談笑する姿があちこちで見られます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
66赤でペイントしたR1200GSAにも、やっぱりついてますね、サブライト。それにしてもヘッドライトに装着されてるオレンジ色のアクリルは、日本の車検には通らないでしょうけど、こちらでは問題ないのでしょうか。けっこうカッコイイなあ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
67これもR100Sでしょうか。この時代のボクサーにトップケースがついてると、ちょっぴり違和感ありますが、そう思うのは日本人的感覚なんでしょーか?
マン島へやってきたBMWたちの画像
68クリス・ファイファー仕様のF800S。さすがにこのカラーはこの一台しか見かけませんでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
69R1200RTに乗っているのは渋いおっさん、というのはこちらでも同じ。若い兄ちゃんが乗るバイクじゃないですね。もっともこちらのライダーたちの平均年齢もだいぶ高そうでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
70ヨーロッパでは男同士のタンデムはめずらしくないけれど、R1200Cに巨漢がタンデムってのはかなりレアな光景ですね!
マン島へやってきたBMWたちの画像
71DOHCアドベンチャーのコンビ。前のアドベはリアキャリアをノーマルGSのものと換装してます。もしかするとGSからの乗り換えで、トップケースを流用するためだったりするのかな。
マン島へやってきたBMWたちの画像
72そろそろいかにR1200GS Adventureがいっぱい走ってるか、伝わってきたでしょうか。ノーマルのR1200GSと同じくらい、ひょっとするとそれよりも多かったかもしれません。やっぱり一度の走行距離が多くなりがちだから、アドベのほうが使い勝手に優れるのかもしれませんね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
73新旧Kシリーズの並走。こうしてみるとやっぱり縦Kも横Kも同じニオイがするものです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
74/5シリーズの造形はまるみがあっていいですね。それにしてもこのカウル、恥ずかしながら寡聞にして浅学なもので正体を知りません。きっと有名なものなんでしょうけれど…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
75R1150GSアドベンチャーにサイドカーを装着。いやあ、タフで頼もしそうでカッコいい。乗っていた老夫婦も含めてとてもいいムードでした。こんな乗り物で世界一周したら楽しいだろうな。
マン島へやってきたBMWたちの画像
76男同士のタンデムって、もっと日本でも普通に見られるようになってもいいと思うんですけどね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
77バラフブリッジを渡るR1200GS。ほんとうに12GSは圧倒的多数で、CBR1000RRに次いで多いのではないかと思ってしまうほどです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
78さて、このR1100RTのライダーさんはいったい何を見てるのでしょう? 私が見ていた限り、裸の美女がいたわけでもなかったのですが…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
79こちらで見かけたR1200GS乗りのほぼすべてがフルフェイスヘルメットを着用していて、シールド付きのオフロードタイプも見かけませんでした。やっぱり走行速度の問題なのか、それとも何か他の要因(保険とか?)があるのでしょうか。
マン島へやってきたBMWたちの画像
80ヘルメットをよーく見るとチンガードに歯が生えてますね、このカップル。しかもライダーは歯が欠けてる!
マン島へやってきたBMWたちの画像
81まだまだ出てくるR1200GSアドベンチャー。これだけ続くとまるでGSミーティングでもやってるのかと思ってしまいますね…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
82F650GSも元気にマン島を走っていました。それにしても現行BMWはフルノーマルで乗っている人がほんとうに多い。
マン島へやってきたBMWたちの画像
83かたやちょっと旧いBMWはカスタムされていることが多いです。単純に乗っている年数の問題なんですかね? こちらのR100GSは大きなスクリーンにレッグガード。長距離をひた走ることが多いのでしょうね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
84というわけでこういうバイクには人が群がってくるのは万国共通。「どこから来たんだ」「これまでどんな国に行ったんだ?」そんな会話が交わされているんでしょうね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
85このF800GSも見たところフルノーマル。これまでに多いパターンと違うのは、タンデムしているのが女性ということくらいです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
86もはやヨーロッパのGSアドベンチャーにはサブライトはつけるべきパーツのようですが、このアドベはなんと4基もつけてます!
マン島へやってきたBMWたちの画像
87フェンダーレスキットにレーシングスクリーン、それに直管のようなマフラー! きっとこの後マウンテンコースを爆走したに違いありません。
マン島へやってきたBMWたちの画像
88MカラーにペイントされたK1100LTというのもなかなかオツです。なんだかK1並みにバビューン!と走ってくれそうな気がしてきます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
89その隣に停まっていたR1200GSAは、パニアケースにバフがけしてます。そしてやっぱりサブライトとヘッドライトガードは欠かせませんね!
マン島へやってきたBMWたちの画像
90こちらはK75Sにタンデムしてやってきたおっちゃんカップル。なんだかいいね、バイクも人も。
マン島へやってきたBMWたちの画像
91レースのない日曜日(以前のマッドサンデー)には、こうしてハロウィンのように仮装する人たちもいるのです。この写真では見えないと思いますが、後ろに乗ってるブタちゃん、満面の笑みです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
92シートに載せられた毛皮がなんの毛皮なのかが気になるK75Sです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
93先ほどのとは違い、こちらはフルノーマルのR100GS。しかもかなり程度がよさそうです。オンロード専用なのかな?
マン島へやってきたBMWたちの画像
94こうして見てくるとK100LTが意外と多いことに気づきます。やはりKバイクは頑丈なんですねぇ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
95こちらのK1300Sも見たところタンクバッグを装着している以外はフルノーマル。それだけ完成度が高いともいえますが、カスタムパーツがないわけではないし、実際のところどうなんでしょ?
マン島へやってきたBMWたちの画像
96R1200Rのシート、低いものに換装されています。足つき性で困っているのは日本だけじゃないんです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
97こちらも男同士のタンデムライド。いまなお人気の高いF650GS。あちらではG650GSがリリースされてますが、日本は残念ながら未導入。
マン島へやってきたBMWたちの画像
98ラムジーの商店街に停まっていたK1300GT。みんなでこれからランチタイムかな?
マン島へやってきたBMWたちの画像
99どうやらこちらのK1200LTは先ほど紹介した「プロムナードに停まっていたK1200LT」と同じようです。オーナーさんがかぶってるヘルメット、チンガードが可変するタイプ。欧州メーカーにはこのギミックのものも多くリリースされてます。
マン島へやってきたBMWたちの画像
100パーラメントスクエアにあるパブレストラン「SWAN」前で信号待ちしていたK1200GT。後ろ姿だけ見たらMOJラリーに来たのかと錯覚しました。いやー、蛍光イエローのベストはインパクトあります。
マン島へやってきたBMWたちの画像
101モノサスのR100RT、トップケースの自作と思しきステーがかなりタフそうでいい感じ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
10275周年記念カラーのR1100GSもやっぱりオトコタンデム。これ、日本でもスタンダードなものにしたいですね。せめて恥ずかしいという思いを消すことからはじめたい。
マン島へやってきたBMWたちの画像
103R1150GSA。いやー、ほんとうに多いですね、アドベンチャー。
マン島へやってきたBMWたちの画像
104ラムジーの町の裏道を走ってきたR1200GSA。サブライトまで点灯するような暗がりがこの先にあったのかな。
マン島へやってきたBMWたちの画像
105そのすぐ後ろからやってきたのはR100RT。いいね、オトコタンデムのペア!
マン島へやってきたBMWたちの画像
106ボクサーカップレプリカカラーのR1100Sのライダー、スーツも同系色でまとめてコーディネイトはバッチリ!
マン島へやってきたBMWたちの画像
107S1000RRのリアにつけられたキャリアは、おそらくVENTURAでしょうね。このS1000RRに限らず、CBRなどのスーパースポーツ車のVENTURA装着率はけっこう高かったです。やはり長旅となると荷物がどうしても増えるし、スーパースポーツに大荷物積むとなるとこれがベターなのかもしれませんね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
108おそらくはK75SのアッパーをK100のものと換装したこの車両、けっこうイケてますね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
109マウンテンコースを走るR1200GS。グースネックを駆け上がって数百メートル走るとこんな景色が広がります。
マン島へやってきたBMWたちの画像
110R1150GSA+R1200GSA+オトコタンデム×2! いやー、これ最強ですな。
マン島へやってきたBMWたちの画像
111こちらはダグラスの町、信号待ちの図。R100Rのライダーは赤信号の間に地図を確認中。タンクバッグの固定に苦労のあとが見えます。それにしてもライダー…デカっ! R100Rが250ccクラスにしか見えないですよ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
112そのすぐ後ろには2本サスのR100RTが連れ立って走り去っていったのでした。
マン島へやってきたBMWたちの画像
113ところ変わってコチラはマン島南部、キャッスルタウンという町。港のそばをK1200LTを先頭に数台のBMWが走っていきました。レフ板(写真撮影に使う反射板)積んでるということはカメラマンかな?
マン島へやってきたBMWたちの画像
114ラリースーツでバッチリ決まったR1200GSA。
マン島へやってきたBMWたちの画像
115「何撮ってんだ!」とばかりにニラまれちゃいました、R1150R。
マン島へやってきたBMWたちの画像
116R1200GSとK1300GT。みなさん荷物を積んでます。ひょっとしてマン島をツーリングして宿を移動してるのかもしれませんね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
117ボケーと歩いていると突然BMWがやってくるので、慌ててシャッターきるのです。だからちょっとブレてます、R1100S。
マン島へやってきたBMWたちの画像
118R1150RのテレレバーのAアームは造形が美しいですね。近頃こうした小技が見られないのがザンネン。
マン島へやってきたBMWたちの画像
119今回見つけたBMWのなかで、もっともキレイな車体だったのが、こちらのR65。まるで新車のようにキラキラしていて思わず見蕩れました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
120純正アクラポとはまた違うサイレンサーが装着されたS1000RR。形状から想像するにいい音奏でそうです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
121F800STでオトコタンデムしてきた二人。いやー、そんなにさわやかに肩くんで笑顔見せられると、ますますオトコタンデムを日本で流行らせたくなってきた!
マン島へやってきたBMWたちの画像
122クレッグ・ニー・バーを通過していくR1200GSA。換装された後部シート、トップケースのクッションからするとタンデム常習者。どこに置いてきちゃったのかな?
マン島へやってきたBMWたちの画像
123ラクシーという町の踏切を通過するR90S。タンクバッグがシブいです。そうそう、踏切を通過するとき、つい一時停止しようとしちゃうんですけど、こっちは不要なんですね…。
マン島へやってきたBMWたちの画像
マン島へやってきたBMWたちの画像
124K100LT、シート皮をボディカラーに合わせて張り替えてるところがオシャレですね。もうひとつ、オシャレなのはフロントフェンダーに乗った イノシシ!
マン島へやってきたBMWたちの画像
125ごっついトップケースを装着したR1200GS、ナンバーから推測するにオーストラリアからやって来たみたい! リアキャリア下部に設置した円筒形のケースも便利そうですね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
126サブライトを装着したR1200Cの顔つきはけっこうワル顔になるものですね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
127R1100Rにはけっこうな確率でGS用ハンドガードが取り付けられてますね。実はコレ、前から気になってたフシギのひとつ。
マン島へやってきたBMWたちの画像
128出たー、GS軍団! しかもアドベも2台、いやー濃いですね。ちなみにこれはマン島ではなく、アイルランド島のジャイアントコーズウェイという景勝地で見つけました。たぶんマン島帰りです。
マン島へやってきたBMWたちの画像
129そのうちの一台のアドベに注目してみると…エンジンでタオルを乾燥中! このちょっと前まで雨が降っていたので、かなり濡れたのでしょうね。
マン島へやってきたBMWたちの画像
130こちらはロンドン市内。K100を見つけてカメラ構えてたらかーなり警戒されまして、信号変わった瞬間に向こうの車線へと逃げられました。
マン島へやってきたBMWたちの画像
131これもロンドン市内で捕獲したK1300GT。やっぱりパニアは外してトップケースのみ。ロンドン市内はとくに道が狭いから、パニアケースつけてるとクルマと同じ動きしかできないためでしょう。そうなのです、こっちのライダーたちはガンガンとすり抜けして走っていきます。私はR1200GSアドベンチャーでフルパニア、しかも取り外すこともなかったのでおとなしく走ってましたが、そういう場面に遭遇するたび「くぅう」と歯噛みしたとかしないとか。

注目のアイテムはコチラ