VIRGIN BMW | BMW Motorrad ニューモデル画像 S1000RR(2012) トピックス

BMW Motorrad ニューモデル画像 S1000RR(2012)

  • 掲載日/2011年10月31日【トピックス】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  文/淺倉 恵介
S1000RRの画像

基本フォルムに大きな変更はありませんが、ディティールは細かく手が入れられています。新型S1000RRでは、4種類のカラーバリエーションが設定される予定で、写真の車両はイメージリーダー的なレーシング・レッド×アルピン・ホワイトです。

BMW Motorrad のスーパー・スポーツ・マシン
S1000RR が早くもフルモデルチェンジ

BMW Motorrad 初のスーパー・スポーツ・マシンとして大きな話題を呼んだS1000RRが、登場から2年あまりを経てフルモデルチェンジを敢行。この度、スペインで世界に向けた発表会が開催されました。スペック上、エンジンのピークパワーは現行モデルと変わらない193psとされ、スタイリングも細部のリファインは施されているものの、基本フォルムは現行モデルを踏襲しています。そう聞くと、マイナーチェンジかと思ってしまいますが、メカニズム的には大きな進化を遂げています。

最も大きく変えられたのがシャシー。フレームは新設計となり、ディメンジョンを刷新。合わせてサスペンションも変更されています。キャスター角度が立てられ、ホイールベースも短縮された新シャシーは、よりスポーツランに特化した特性を持たされたと言えるでしょう。

エンジンもピークパワーこそ変わっていませんが、出力特性には大きく手が加えられています。現行モデルと同様に「Rain」「Sports」「Race」「Slick」の4つの出力モードが存在しますが、その制御を全面的に見直しスロットル特性を最適化。また、低中速回転域の出力が強化され、よりリニアなパワー特性を実現。アシストデバイスとして好評のDTCはABSとの連携が強化され、熟成の度合いを深めています。

全く新しくなり、更に魅力的になったS1000RR。日本国内への導入時期や、日本仕様のスペックは現在では未定ですが、より早い登場が期待されます。この新型S1000RRの発表会には、現在全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスにS1000RRで参戦中の戸田 隆選手が参加しました。バージンBMWでは、戸田選手による新型S1000RRのインプレッションを近日公開予定ですので、そちらもご期待下さい。

フォトTOPICS(写真点数/12枚)

S1000RRの画像
01New BMW S1000RR ニュー・カラー:ブルー・ファイアー
S1000RRの画像
02New BMW S1000RR ニュー・カラー:サファイア・ブラック・メタリック
S1000RRの画像
03New BMW S1000RR ニュー・カラー:BMW Motorrad モータースポーツ・カラー
S1000RRの画像
04アッパーカウルの側面に位置する導風プレートが別体パーツへと変更され、形状自体もリシェイプされています。
S1000RRの画像
05カウルの非対称サイドパネルも更に進化。よりシャープなイメージのデザインが持たされています。
S1000RRの画像
06テールカウルは、鋭角的でよりアグレッシブなデザインへと変更。エアダクトも追加されています。
S1000RRの画像
07フロントフォークは内部構造を一新。ボトム・バルブ・ダンパーに加え、新たに中速ダンピング・バルブを装備。従来モデルと比較し、精密なダンピング制御を実現しています。
S1000RRの画像
08フロントフォークのオフセット量は従来モデルから2.5mmショート化され39.5mmとされています。フォーク・ブリッジは質感の高いフライス加工仕上げを採用。
S1000RRの画像
09センター・スプリング・ストラットはダンパー構造を変更。より多くのオイル流量を確保して、安定した減衰性能を実現しています。スイングアームの仕上げはボディカラーによって異なり、アルマイト仕上げとブラックの陰極浸漬コーティングの2タイプが用意されています。
S1000RRの画像
10最高出力に変更はありませんが、中低速のトルク特性は向上されています。また、現行モデルでは選択した出力モードごとに存在したスロットル特性を、2つに統合。走行中にモードを切り替えても、違和感のないスロットル特性となりました。
S1000RRの画像
11ステアリング・ヘッド部のインテーク・エア・ガイドは開口部面積を20%向上。エア・ボックス形状も変更され、トルク特性の向上に貢献しています。
S1000RRの画像
12インスツルメンツパネルは視認性を向上。新たに「ベストラップ」や「速度警告」表示機能も追加されました。また、5段階のディマー機能も備えています。

注目のアイテムはコチラ