VIRGIN BMW | 2014 MFJ全日本ロードレース選手権 第2戦『九州モーターサイクルフェスタ』BMW Motorrad編 トピックス

2014 MFJ全日本ロードレース選手権 第2戦『九州モーターサイクルフェスタ』BMW Motorrad編

  • 掲載日/2014年05月02日【トピックス】
  • 取材・撮影・文/安藤 正和(Office25)
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

前日までの雨天の予報とは異なりドライコンディションで『MFJ全日本ロードレース選手権第2戦』JSB1000クラスがスタート。

MFJ全日本ロードレース選手権 第2戦『九州モーターサイクルフェスタ 2014』
寺本選手が13位、酒井選手は転倒リタイヤ

鈴鹿で開幕した全日本ロードレース選手権。舞台を九州の大分県オートポリスに移し、第2戦『九州モーターサイクルフェスタ 2014』が開催されました。“オートポリス”は、テクニカルで有名な九州唯一の大規模国際公認レーシングコース。52mにもおよぶ高低差、2つの左右ヘアピンを含む大小20のコーナーで構成されたサーキットです。特に、10%勾配のダウンヒルストレートは、“ジェットコースターストレート”と呼ばれ、「オートポリス攻略のカギ。難しいが攻めがいのあるセクション」とライダーに重要視されています。

このテクニカルコースにBMWモトラッドから2チームが挑戦。『Flex D.R.E.Motorrad39』の酒井大作選手、『Team Tras 135HP』の寺本幸司選手の両ライダーが参戦しました。熟成を重ねるS1000RRと、電子制御サスペンション“DDC”を搭載するHP4、開幕戦 で好成績を残した2台のBMWの結果は如何に?

フォトTOPICS(写真点数/23枚)

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
01渾身のタイムアタックで1分50秒385をマークした『Flex D.R.E.Motorrad39』酒井大作選手。「絶対にあきらめない! 必ずQ2に進出するタイムを出す!」とラスト4分でピットアウト。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
02データの収集、ディスカッション、プログラムの修正、地道な作業を続ける『Team Tras 135HP』のスタッフと寺本幸司選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
03酒井選手の要求に耳を傾けるチーフメカニックの山本氏。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
04第2ヘアピンを旋回し、ダウンヒル、通称“ジェットコースターストレート”に向かう酒井選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
05第2ヘアピンを旋回し、ダウンヒル、通称“ジェットコースターストレート”に向かう寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
0615コーナー50Rをクリアする酒井選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
0715コーナー50Rをクリアする寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
0813コーナー80Rを駆け抜ける酒井選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
0913コーナー80Rを駆けぬ駈る寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
10無限の可能性を秘める電子サスペンション“DDC”(ダイナミック ダンピング コントロール)を搭載するHP4。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
11「鈴鹿で出たネガが、このオートポリスでやっと解消する方向性が見えました」と語る寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
12ピットアウトする寺本選手。寺本選手とHP4のオートポリス攻略が始動。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
13「気迫を感じた」と平野氏に言わしめた酒井選手のライディング。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
1416コーナーを立ち上がる寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
1516コーナーを立ち上がる酒井選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
16「ギア抜けのトラブルが出てタイムを落としてしまいました」と語った寺本選手の走り。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
17第2ヘアピンを駆け抜ける寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
18名物の“ファイナルコーナースタンド”を背景に旋回する酒井選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
19予選で1分52秒638をマークし、14番グリッドからスタートすることになった寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
20気迫の走りで1分50秒181をマーク、8番グリッドを獲得した酒井選手とアドバイスを送る武石伸也氏。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
21“ジェットコースターストレート”と呼ばれるダウンヒルを下る寺本選手。決勝は13位という結果に。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
22決勝で『チームスガイレーシングジャパン』の須貝義行選手とバトルする寺本選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
238コーナー100Rで他車と接触、リタイヤしてしまった酒井選手のS1000RR。

『Flex D.R.E.Motorrad39』 酒井大作選手

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

【レース前】

「トップ10トライアルのQ1をギリギリ通過の10位をキープしていました。しかしラスト4分で他のライダーが10位に。必ずタイムを出すからリアタイヤを新品にして、とスタッフに頼みピットアウト。1周走れるかどうかの中で絶対にあきらめない! という思いで8番手のタイム1分50秒385を出しました。少ない時間で良い仕事をしてくれたスタッフのおかげです」

【レース後】

「序盤上りの左コーナーで他車と接触、転倒しました。左肩を脱臼し、肋骨を痛めてしまいましたが、大丈夫です」

『Team Tras 135HP』 寺本幸司選手

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「オートポリスを走行するのは6年ぶりです。久しぶりに走行した印象は、ずいぶんギャップが減って走りやすくなっているな、でした。もともとこのコースは好きなコースのひとつなので自信はあります。しかしバイクのセットアップが鈴鹿とはまたちょっと違うんです。電子による制御が、僕のライディングに合わせきれていないことが、今回わかりました。それに関しては解決法を見出したので大きな成果だと考えています」

HPレーススペシャリスト 平野司 氏

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「参戦している2チームをサポートしています。大作選手のチームでは、足回りの細かいセッティングに関してチームからの質問に答えたりしています。寺本選手のチームでは、ライダーといっしょに3Dマップを見ながらセッティングプログラムを修正しました。本国との情報交換も私の担当です。BMW本社が知りたい情報を伝えたり、逆にわからないことを質問したりしてレースをマネージメントすることが私の仕事です」

『Team Tras 135HP』 武藤昇監督

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「セッティングの方向性は間違っていないと考えています。旋回性も徐々に良くなってきています。おもしろいのはリアタイヤを滑らせると“DDC”がそれに干渉してくることです。通常のサスペンションで滑らせて走るライディングからレールの上を曲がるように滑るライディングができる、といったライダーからのコメントがありました。これは新しい発見でした」

注目のアイテムはコチラ