VIRGIN BMW | 試乗レビュー写真速報 S1000R(2014) トピックス

試乗レビュー写真速報 S1000R(2014)

  • 掲載日/2014年06月09日【トピックス】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  取材・写真・文/山下 剛
S1000Rの画像

左右非対称のフロントフェイスは、もはや BMW のお家芸。車体右側の六角形がポジションランプとロービーム、車体左側のプロジェクターがハイビームとなる。

S1000RR 直系のネイキッドは
BMW の優等生的ストリートファイター

2009年、BMW はそれまでの概念を壊すようなモデルを発表した。水冷直列4気筒エンジンをアルミツインスパーフレームに搭載するスーパースポーツ『S 1000 RR』だ。SBK(世界スーパーバイク選手権)参戦のホモロゲーションモデルとはいえ、日本メーカーのお家芸といってもいいエンジンと車体構成は、国産4メーカーに対する挑戦状のようですらあった。事実、2012年にはマニファクチュアランキング2位を獲得し、ホンダ、カワサキ、スズキを抑えこんでいる。

2014年現在、1,000cc スーパースポーツの中で、ストック状態での戦闘力がもっとも高いといわれているのが S 1000 RR だ。本国仕様の最高出力はクラス最大の 193ps を誇り、プライベーターが選ぶレーサーとしての注目度も高い。2014年のマン島 TT では、マイケル・ダンロップがスーパーバイク、スーパーストック、シニアの3クラスで優勝を決め、BMW に 75 年ぶりとなるマン島 TT での勝利&制覇をもたらした。

そんな背景がありつつ、『S 1000 R』は、2013年のミラノショーで発表された。BMW の歴史を塗り替えたスーパースポーツのフェアリングを剥ぎとり、ストリートでのパフォーマンスを高めたネイキッドモデルだ。最高出力こそストリートに合わせて下げられているものの、異径2灯ヘッドライトやサイドカウルを中心とするフェアリングが織り成すスタイリングは S 1000 RR のイメージをそのまま踏襲しており、世界の舞台で実績を残したスーパースポーツ直系であることを強烈にアピールする。

フォトTOPICS(写真点数/15枚)

S1000Rの画像
01ハンドリングを安定させるステアリングダンパー。調節機能はない。ハンドリングにクセはなく、いたってニュートラルだ。
S1000Rの画像
02フロントフォークは左右で機能が異なり、15mm 刻みのプリロードは車体右側が担い、左側には DDC を作動させるための電源が内蔵され、ダンピングを担う。
S1000Rの画像
03装備されるレース ABS は、通常よりもスポーツ性が高められたセッティング。キャリパーはブレンボ製4ポッドをラジアルマウント。タッチ、効きともにバランスは良好。
S1000Rの画像
04燃料タンクはアルミで容量 17.5 リットル。ニーグリップ時のホールド性はいいが、後端の立ち上がりが急なので、タンクパッドを装着したいところだ。
S1000Rの画像
05鮫のエラを思わせる S 1000 RR 同様の意匠を持つサイドカウル。これも左右非対称のデザインとなっている。
S1000Rの画像
06排気量 999cc 水冷直列4気筒 DOHC 16 バルブエンジンは 156ps を発生。湿式クラッチにはスリッパー機能を備え、急激なエンジンブレーキ時のリアタイヤのホッピングを防ぐ。
S1000Rの画像
07日本仕様のマフラーにはアクラポヴィッチ製カーボンサイレンサーが装着される。乾いた排気音はやや高めで迫力あるサウンド。
S1000Rの画像
08アルミスイングアームは S 1000 RR よりも長く、ホイールベースもあわせて延長されている。ブレーキキャリパーはブレンボ製。
S1000Rの画像
09セミアクティブ式の電子制御サスペンションは、前後ともにザックス製。路面状況を検知するセンサーはリアに組み込まれている。
S1000Rの画像
10シフトアシストを装備しており、スロットルを開けたままクラッチを切ることなくシフトアップできる。R 1200 RT とは異なり、シフトダウンには対応していない。
S1000Rの画像
11シート高は 814mm。太ももが当たる部分は適度にえぐられており、足つき性は良好。オプションには快適性をより高めたコンフォートシート(シート高 840mm、価格3万8,880円)もある。
S1000Rの画像
12左側ハンドルスイッチにはホーン、ウインカーなどのほか、DDC、ABS、クルーズコントロールのスイッチ、各種情報表示やトリップメーターの切替スイッチが並ぶ。
S1000Rの画像
13右側ハンドルスイッチにはセルスターター、キルスイッチ、モード切替とグリップヒーターのスイッチが配置される。
S1000Rの画像
14メーターデザインは S 1000 RR から継承。タコメーターは回転式、スピードメーターは7セグメントデジタルで表示。キーオン時には液晶パネルが全点灯する。
S1000Rの画像
15アルミバーハンドルはテーパー形状を採用。やや幅広ながら、このカテゴリーのモデルとしてはコンパクトな乗車姿勢を作り出す。

注目のアイテムはコチラ