VIRGIN BMW | 2014 鈴鹿8時間耐久ロードレース『第1回公開合同テスト』BMW Motorrad編 トピックス

2014 鈴鹿8時間耐久ロードレース『第1回公開合同テスト』BMW Motorrad編

  • 掲載日/2014年06月13日【トピックス】
  • 取材・撮影・文/安藤 正和(Office25)
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

雨中の『7.8 パーセント勾配』で慎重にスロットルを開ける酒井選手。

ウエットコンディションの中
注目の酒井選手が2分25秒767で11番手をマーク

来たる真夏の祭典『鈴鹿8時間耐久ロードレース』に向けて、第1回公開合同テストが開催されました。BMW からは、『CONFIA Flex Motorrad39』、『TEAM VITAL SPIRIT SHARK ENERGY DRINK』、『Motorrad Toyota ナガサカレーシング』、そして新チーム『SAMURAI 3601』が加わり、計4チームが参加。残念ながらツインリンクもてぎで負傷した寺本幸司選手を擁する『Team Tras 135HP』は、不参加となりました。

コンディションは、あいにくのウェット。「雨なりにテストを進めた」と話す酒井大作選手が BMW 勢トップの 11 番手、2分25秒767 をマーク。「今、S 1000 RR を一番理解しているのは、我々のチーム」と順調に進むセットアップに自信を覗かせていました。一方、『VITAL SPIRIT』と『Motorrad Toyota』の2チームには、ペアライダーとして向山将弘選手、佐々木幸二選手がそれぞれ参加。佐々木選手が「雨のおかげでちょうど良いナラシ走行になりました」と語り、BMW の各チームにとって、“タイムよりもデータの集積” を主眼とするテストになりました。

フォトTOPICS(写真点数/14枚)

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
01『デグナーカーブ2つ目』の酒井選手。ウエット路面のため、かなり浅いバンク角に。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
02『第2コーナー』の酒井選手。「タイムを出すセッティングを僕が作り、そこから武石選手、辻村選手に合わせてアレンジするといった手法で進めています」とコメント。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
03『S字コーナー』の酒井選手。「3人のライダーの好みの平均値を出したセッティングにしても、タイムは平均値とはならず、ずっと下になります。まず僕が最も良いタイムが出せるセッティングを見つけ、そこから次の段階に進めようと考えています」
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
04ピットでディスカッションを繰り返す武石選手、酒井選手、山本チーフメカニック。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
05『デグナーカーブ』を立ち上がる野田選手。「SUZUKA 2&4 を走って以来の鈴鹿サーキットです。8耐に向けてどうやったら良いタイムが出せるか、試行錯誤してきました。そのひとつとしてオフロードでのトレーニングを取り入れてみました」
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
068耐で野田選手と組むことになった佐々木選手。「雨は久しぶりにマシンに乗る僕にとって、良いナラシ走行になりました」とコメント。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
07『7.8 パーセント勾配』の野田選手。「午前中は点火系の電気トラブルであまり走行できませんでした」
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
08「野田選手の進めたセッティングに合わせるのが僕の仕事」とペアライダーに信頼を寄せる佐々木選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
09時折降る豪雨で路面に川ができることも。走行を控える『TEAM VITAL SPIRIT SHARK ENERGY DRINK』の S 1000 RR。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
10「ベース車のポテンシャルが高いという理由で S 1000 RR を選択して8耐に参加することにしました」と、チーム『SAMURAI 3601』の安富選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
11『デグナーカーブ』を立ち上がる安富選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
12安富選手とペアを組む谷選手。「安富選手とは『全日本ロードレース鈴鹿 300km』に参戦したことがあります。そのときは僕が転倒して、全損&リタイアという結果に終わってしまいました。今度は、良い結果を残したいですね」とコメント。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
13『7.8 パーセント勾配』の谷選手。
2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像
14『S字コーナー』の谷選手。

『CONFIA Flex Motorrad39』 酒井大作選手

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「今日進めたセッティングは、悪い挙動が現れました。このセッティングを進めると、こう悪くなるということが理解できました。ネガティブということは、その逆に振れば良い挙動&ポジティブなセッティングが得られるということです。その意味で、今回のテストは有益なデータを多く集積することができました。今、S 1000 RR を一番理解しているのは我々のチームだという自負があります。8耐に向けて次回のテストでさらにセットアップを進めていきたいと考えています」

『CONFIA Flex Motorrad39』 武石伸也選手(ペアライダー/今回はアドバイザーとして参加)

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「次回の全日本ロードレース第3戦 SUGO はセミ耐久なので、酒井選手のペアライダーとして参戦します。結果も大切ですが、8耐に向けてデータを得る良いレースにしたいと考えています。SUGO を走行するのは久しぶりにもなりますし、慎重なレースになると思います」

『CONFIA Flex Motorrad39』 山本隆宏チーフメカニック

2014 MFJ全日本ロードレース選手権の画像

「鈴鹿、オートポリス、もてぎと転戦してデータを集積し、S 1000 RR のセッティングは確実に進んでいます。今回は重心の位置に関してテストしました。第3戦 SUGO、次回の鈴鹿テスト、と8耐に向けてセッティングを進めていきたいと考えています」

注目のアイテムはコチラ