VIRGIN BMW | GS Trophy Japan 福島大会レポート トピックス

GS Trophy Japan 福島大会レポート

  • 掲載日/2016年06月24日【トピックス】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan
    文・写真/三上勝久
GS Trophy Japan 福島大会レポートの画像

グランディ羽鳥湖スキーリゾートのゲレンデを駆け上がれるガイドツアー。快晴の福島を見渡す眺望はじつに素晴らしいものでした! ライダーはガイド役を努めてくれたライダーのうちの1人、MSC Haraの原社長。

地元福島・天栄村の大歓迎を受け盛り上がった東日本大会

前週に開催された西日本大会に続き、6月4日~5日にかけて開催されたGS TROPHY JAPAN 2016 東日本大会は好天に恵まれ、素晴らしい初夏の時間を参加者全員が楽しめるイベントとなりました。

会場となったのは、福島県の羽鳥湖高原レジーナの森、グランディ羽鳥湖スキーリゾート。本格的なレストランや露天風呂も備えたじつに美しいキャンプ場。ここに350名以上のGS乗りたちが集まりました。

イベントの内容は、西日本大会同様、コマ図ツーリング、ガイドツーリング、ビギナーズトレーニング、スキルチャレンジ、そしてインターナショナルGSトロフィー予選会などなど。しかし東日本大会ではゲレンデを自由に走れるフリーライドエリアが設置されたり、ゲレンデの頂上まで登って楽しめるゲレンデクルーズなども開催され、GSならではのオフロードライディングを存分に楽しむことができました。

林道ツーリングやアウトドア体験のないライダーに最初の一歩を踏み出してもらうための、最初のイベントとしてスタートしたこの大会らしいフレンドリーさと笑顔にあふれた大会になりました。オフロード体験、アウトドアライフを体験してみたいあなたは来年こそぜひ! きっと素晴らしい体験になりますよ。

フォトTOPICS(写真点数/18枚)

GS Trophy Japan 福島大会レポート
01東日本大会の会場となった福島県・羽鳥湖高原レジーナの森。温泉、レストランまで完備したリゾートキャンプ場で、非常に快適な休日を過ごせました。設置されたゲートから参加者たちはツーリングに出発。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
02恒例のコマ地図ツーリングも実施。新緑あふれる福島の林道を楽しむ参加者たち。ツーリングの距離はトータル40km程度でしたが、素晴らしい初夏の自然を楽しめました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
03インターナショナルGSトロフィ2016の日本代表選手、木村吏さん(写真)と中村靖彦さんもゲスト参加。トークショーで現地での体験などを報告していました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
04350名を超える参加者数は過去最大級。西日本大会の参加者と合わせると間違いなく過去最大のGS TROPHY JAPANとなりました。メイン会場には大型のテントが食事や休憩用スペースとして提供されました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
05ゆとりのあるキャンプ場エリアにズラっと並んだGSたち。森に囲まれたキャンプサイトは地面のコンディションもよく、爽快なアウトドア体験を楽しめました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
06スキー場のゲレンデに設定されたフリーライドエリアでは、オフロード走行体験を自由に楽しめました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
07ゲレンデクルーズは、かなりの急傾斜の場所もありましたが、参加者はスリルと眺望を一緒に楽しんでいました。GSだからこそできる経験!
GS Trophy Japan 福島大会レポート
08インターナショナルGSトロフィー代表選考会へのシード権を争う予選では、R1200GS ADVENTUREに乗る加原裕士さんが素晴らしい走りを見せてトップ通過。豪快な走りに会場は一時騒然となりました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
09インターナショナルGSトロフィー予選ではフロントアップをしなきゃいけないセクションも設置。参加者中、そこをクリアできたのは2人だけと厳しい戦いになりました。写真は失敗してあわや転倒! というシーン。しかしこれでも転倒しなかったのだからさすがです!
GS Trophy Japan 福島大会レポート
10そのセクションをきれいにフロントアップしてクリアした田澤啓明さん。代表権もしっかり獲得! 素晴らしい走りに一同感動していました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
11東日本大会で代表権を獲得した3人。左から加原さん、今義拓さん、田澤さん。西日本大会の代表3名とともに、8月に長野県・白馬で開催されるインターナショナルGSトロフィ予選会に挑みます。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
12参加費に含まれる夕食では、地元天栄村で生産された天栄米のオニギリや焼き鳥、そばなど豪華なメニューが提供されました。味、ボリュームともにバッチリ! ほかにも地元名産品の露店が出店され、会場を賑わせていました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
13夕食会場のステージでは、福島県出身の口笛アーティスト、高木満里子によるパフォーマンスも。信じられないほど美しく複雑な口笛に一同感激!
GS Trophy Japan 福島大会レポート
14インストラクターとして参加したおなじみ山田純さん(左から2人目)、スキルチャレンジのコース設定を担当した松井勉さん(左から3人目)と記念撮影。ほかにも鈴木大五郎さんもインストラクターとして参加していました。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
15スキルチャレンジの表彰式。ゲレンデに設定されたコースでタイムアタックする方式の今回も多数のライダーが参加しました。上位3名にはコールマン製品、BMW純正アクセサリーなど豪華な商品が提供されました。優勝は中央の上山力さん。カスタムシートで著名なK&Hの社長さんです! 左は2位の印南良紀さん、右は3位の斎藤頼人さんです。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
16コマ図ツーリング2本目の林道には、伐採中の箇所もあって素晴らしい福島の眺望を楽しめました! 夏の福島、本当に美しいです。みなさんも機会があったらぜひご来訪を。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
172日目もスキルチャレンジを開催。もちろん豪華賞品も提供されました。左から今年も残念ながら予選敗退した田島翔さん、前日の予選で脅威的な走りを見せながらもマシントラブルで予選通過を逃した須藤克幸さん、3位の竹内淳一さん。
GS Trophy Japan 福島大会レポート
182日目の午前中に撮影した集合写真。素晴らしい天気と涼しい風にみんな笑顔! 実際にはまだテントにいたり、準備をしていたりでもっと多くの方が参加していました。

注目のアイテムはコチラ