VIRGIN BMW | G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】 トピックス

G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】

  • 掲載日/2017年11月01日【トピックス】
  • 取材協力/東京モーターショー2017 取材・写真・文/バイクブロスマガジンズ編集部
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】

BMWモトラッドブースの注目はやはりG310GS!お姉さんも綺麗……。

世界的に好調なセールスを背景に
四輪と二輪、それぞれの世界観を演出

東京モーターショーのBMWブースは、例年通り四輪と二輪を同じ区画に展示している。 注目のBMW Motorradでは、11月1日発売がアナウンスされたばかりのミドルクラスアドベンチャーG310GSが関東初展示。GSファミリーのDNAを受け継ぐ各部のデザインは、新たなユーザー層獲得への意欲が満ちたモデルだ。また、10月に発売が始まったK1600B(バガー)も展示され、そのラグジュアリーな佇まいに四輪ユーザーからの注目も高かった。さらに、近年モトラッドが力を入れているヘリテイジファミリーの最新モデルであるアーバンG/Sも展示されており、BMWモトラッドが現在展開するセグメントを凝縮したような展示となっていたのが印象的だ。

東京モーターショーでのBMWを語る上では、四輪ニューモデルの話題も欠かせない。今回は、9月のフランクフルトモーターショーで展示した「コンセプト Z4」をアジア初プレミア。Zシリーズは、初代から一貫してダイナミックなデザインで走る楽しさを表現した2シーター・ラグジュジュアリー・ロードスターで、このコンセプトは次期Z4の登場を期待させるものだ。ほかにも同じくアジア初プレミアとなる「コンセプト 8シリーズ」やハイパフォーマンスセダン「M5」、「6シリーズ グランツーリスモ(GT)」をお披露目した。

こうした4輪モデルにはBMWが誇る最新テクノロジーが搭載されているわけだが、過去を振り返ってみてもBMWモトラッドに搭載される最新の電子制御技術や独創的なテクノロジーは、四輪モデルで採用されたものばかりである。古くはABSやFI、最近では電子制御サスペンション、アダプティブヘッドライト、電動バイクCエボリューションの制御モジュールなど、枚挙にはいとまがない。つまり、最新のBMW四輪モデルには、未来のモトラッドの姿が透けて見えていると言っても過言ではないのだ。そうした視点でBMWの四輪を見ると、モーターショーの楽しみ方もまた違ったものになるはず。タイヤの数に関係なく、BMWブースの最新モデルはくまなくチェックしておきたい!

G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
G310GS含め、展示車両はすべてまたがりOK。G310GSで気になる足つきもしっかりチェックできる!
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
二輪ブースでは、BMWモトラッド純正ウエアに身を包んだ美しい女性がお出迎えしてくれる。こちらのクールな女性は矢野理穂さん。女性ライダーはウエアにも注目して欲しい!
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
2017年夏に発売になったヘリテイジシリーズの最新モデル、R nineT アーバンG/S。今回の展示で唯一のボクサーツイン搭載モデルだ。
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
400cc以下でも盛り上がってきたアドベンチャーバイクカテゴリ。G310GSは女性からの注目も高いようだ。税込み66万9,000円という価格も魅力的!
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
ラグジュアリーなバガースタイルで登場したK1600B。北米市場を見越した車両だが、Kならではの快適さ、さらにバガーモデルならではの低く足つきの良い車体は、新しいユーザー層取り込みにもつながりそう。
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
モトラッドブースには女性がもう一人。こちらはモデルの平山ことみさん。G310Rアンバサダーとしても活動しており、9月に開催された白馬モトラッドデイズでは、「Flowing Challenge」にも特別参加したライダー。白馬の会場で見かけた方もいるのでは?
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
プレスカンファレンスでは、BMW株式会社社長のペーター・クロンシュナーブル氏がスピーチ。今年もBMWグループとして好調なセールスを記録していることをアピール。ちなみに1~9月までの販売実績は、BMWグループ全体で昨年比で+3.7%、BMWモトラッドでは+10.1%とモトラッドの好調ぶりが目立つ。
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
四輪ではアジア・プレミアとなる車両もお披露目され、カンファレンスには四輪系メディアが大挙して押し寄せた。手前の青い車両は新型のM5だ。
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
フランクフルトショーで公開され、今回がアジア・プレミアとなるコンセプト Z4。ロングホイールベースにショートオーバーハングのスタイリッシュなボディは一見の価値アリ。
G310GS、K1600Bなど超注目モデル登場【東京モーターショー2017/BMWブース速報】
手前は6シリーズのグランツーリスモで、その奥がコンセプト8シリーズ。こうやって見ると、ヘッドライトの意匠などは現行BMWモトラッドに通じるものがある。BMWにとって二輪と四輪は決して切り離せないプロダクツなのだ。四輪も合わせて楽しめるBMWブースは東京ビッグサイト・東2ホールに位置する。お見逃しなく!

注目のアイテムはコチラ