VIRGIN BMW | 国内30台限定「K1600B ホワイト・エディション」登場 トピックス

国内30台限定「K1600B ホワイト・エディション」登場

  • 掲載日/2018年12月13日【トピックス】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan
    Text / Ryo Tsuchiyama
    Photo / BMW Motorrad

国内30台限定「K1600B ホワイト・エディション」登場 の画像

日本国内30台限定、「BMW K1600B ホワイトエディション」登場

2018年11月19日、ビー・エム・ダブリュー株式会社は日本国内限定車として「K1600B ホワイトエディション」を発表した。

K1600シリーズをベースとして2017年に登場したK1600Bは、アメリカで近年流行しているバガースタイルを体現したモデルで、ローダウンした車体にショートスクリーンを備え、さらには専用設計のテールセクションを持つ流麗なスタイルが最大の特徴である。

デビュー以来、K1600Bはブラックストーム・メタリックをイメージカラーとして展開、現在はインペリアル・ブルー・メタリックのカラーも用意されているが、いずれもダーク系のカラーだ。だが今回登場したのは外装パーツの多くを上品かつ爽やかな「アルピン・ホワイト」としている。

国内30台限定「K1600B ホワイト・エディション」登場 の画像

K1600シリーズは元々カウルやパニアケースを同色として設定している車両であり、その車格もあいまって外装色が与えるインパクトは大きく、これまでのワイルドなイメージは一転し、エレガントな装いへとイメージチェンジを果たしている。

今回の特別仕様車に用いられた車体色「アルピン・ホワイト」は、これまでR1200RTやR1200GSなどの特別仕様車などにも用いられ、現在はレギュラーカラーとしても定着しているBMWファンにはおなじみのカラーだ。

詳細写真は次のページにて
12

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報