VIRGIN BMW | BMW Motorrad トリビジョンファンクションサングラス BMWバイク パーツ&グッズ紹介

BMW Motorrad トリビジョンファンクションサングラス

  • 掲載日/2009年08月11日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • テスター/田中 善介(バイクブロス) テスト方法/市街地?避暑地、走行&歩行 テスト期間/1週間
トリビジョンファンクションサングラスの画像

BMW Motorrad TriVision Function Sunglasses

1本で3つのシーンに対応する
レンズ交換可能な機能アイウェア

ライダーは眼が命。昼夜、天候、季節を問わず、常にクリアな視界をキープしたいもの。さらにバイクに乗ったあと、眼に溜まったストレスは身体の疲労にも影響してくる。ライダーは自分の眼にも気を遣うべきなのだ。BMW Motorradライダーエクイップメント/アクセサリーとしてラインナップする『トリビジョンファンクションサングラス』は、機能はもちろん、とてもスタイリッシュなサングラスだ。

TRUE TEST !

この価格でこの機能はウレシイ

長距離・長時間走ることが多い身としては、ライディング時に身にまとうものには結構気を遣っているつもり。ヘルメットに始まり、ジャケット、パンツ、アンダーウェア、ブーツ、グローブなど、用途に応じて使い分け、手元には「こんなときにはこれがベスト」というアイテムがいくつかある。結局点数が多くなってしまうのが難点だが、走行時のことを考えたら致し方ない。

そのなかでクリアな視界確保、陽射し対策としては、ヘルメットのスクリーンを交換することで調整している。周囲が明るい日中はスモークシールド、陽が傾き始めたらクリアシールドといった具合だ。最近のシールドはどれもUV(紫外線)カット処理が施されており、陽射しは無くとも紫外線は強い曇り空の下ではクリアシールドが有効。しかし取り外したスクリーンは収納スペースを必要とするし、キズが付かないよう神経を遣う。別の方法として、ヘルメットには常にクリアシールドを装着し、その中でサングラスを使用する例もあるが、自分自身、ヘルメットの中に何かを入れるのは気分的に抵抗があり、実際に試したことはなかった。

『トリビジョンファンクションサングラス』で“クリアシールド+サングラス”パターンを試したところ「これはこれでアリかも」と思えてきた。ヘルメットを装着した状態でもまっすぐ耳に掛けられるよう、テンプルがストレートになっているのでストレスは無いし、樹脂製フレームには多少の弾力があり、顔とヘルメットの内装の隙間にグイッと押し込んでも問題無し。そしてこのサングラスの特徴である“レンズ交換機能”がなかなか面白い。スモーク、オレンジ、クリアの3パターンがセットになっており、いずれのレンズもUV-A、UV-B、UV-Cを100%カットするスグレモノ。交換は簡単で、レンズを掴んで外側へスライドさせるだけ。ちょっと固いが、コツさえわかればなんてことも無い。天候や気分、その日のファッションに応じたレンズ選びが可能だ。こういう機能的なギミックは、バイク好きにはウケる気がする。

テストを終えて

じつはもっとも長く使用していた時間はライディング時ではなく、バイクを降りた後、市街地やアウトドアで過ごしている時だった。単純にデザインが格好良いので、カジュアルにも合わせ易いファッション性の高さが気に入った。テンプル脇のさりげないブランド・ロゴや大人っぽいシルエット、これなら普段使いとしても充分イケる。収納に関しても、本体のみならソフトポーチに、レンズも一緒ならポケット付きのハードケースがあるので、あまり神経質にならず、パニアケースへ放り込むことが出来る。これだけ揃ってこの価格だったら、持っておいても損は無いだろう。

ココがすごい!

たかがサングラスであっても、BMW Motorradのアクセサリーとしてラインナップすると、ライダーが必要とするポイントを抑えたものになるところが、スゴイと言うかBMWらしいなぁと思う。

ココがイマイチ

レンズ交換は確かに簡単だが、軽く外れるものでもなく、しっかりと指で触ることになるので気分的にイヤ。レンズクリーナー類も付属していたら良かったのになぁ…。

トリビジョンファンクションサングラスの詳細

トリビジョンファンクションサングラスの画像
BMW Motorradのロゴ入りハードケース、ソフトポーチ、レンズ3タイプ(スモーク、オレンジ、クリア)がセットになっている。このハードケースに収納しておけばレンズがキズつく心配も無い。
トリビジョンファンクションサングラスの画像
レンズ交換はフレームの溝に沿って横へスライドするだけ。かなりしっかりと挟み込まれているので、地面に落としたくらいでレンズが外れて飛んでいくことはまずないだろう。
トリビジョンファンクションサングラスの画像
テンプル脇にはさりげなく小さなブランド・ロゴ、ヘルメットを被った状態でも装着可能なライディング・アイウェア定番のストレートタイプ。半透明のブラック・フレームがシックでオシャレ。
トリビジョンファンクションサングラスの画像
ハードケースにはサングラス本体ほか、付属レンズが収納出来るポケットも装備。かなりのゆとりがあるので、レンズクリーナー類も入れておくと、交換の際に便利だろう。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報