VIRGIN BMW | クラン ヒーティングウェア 2009モデル BMWバイク パーツ&グッズ紹介

クラン ヒーティングウェア 2009モデル

  • 掲載日/2009年12月18日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/ジャペックス テスター/永山 育生(BMW BIKES編集部) テスト方法/高速道路=山間部を約500km走行 テスト期間/1日(気温3度?23度)
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像

KLAN HEATING WEAR 2009 model

ソフトな着心地が評判の電熱ウェア
2段階スイッチと新グローブも併せてテストしてみた

いくつかのメーカーからリリースされている電熱ウェア。その中でも、独自のHADS構造を採用し、熱線の周りを小さなエア室にしてウェア全体を効率よく温めるため、素材をできるだけ軽くソフトにできたおかげで、とても着心地がいいのがKLANの最大の特徴だ。さらにヘビーデューティなグローブも加わり、スイッチは2段階調節型が標準装備となった。

TRUE TEST !

重ね着を躊躇させないやわらかさ

オ○ジのモ○ヒキと一緒で、一度使ってしまうとなかなか手放せなくなってしまうのが電熱ウェア。その、体の芯から温もる居心地の良さは、これからのシーズンにうってつけのアイテムだ。

個人的な事情で恐縮だが、手に入れたスポーツバイクなどはやはり冬でもレザージャケットで走りたい。そんなときはさらに、ゴワゴワしないクランの電熱ウェアは重ね着しやすい。見た目は薄着を装いながら、実はホッカホカ。だから真冬の峠でも孤高のライダーを演じることだってできる(…誰も見てないけどね)。路面が凍っていない限り、近所のとっておきルートを冬でも楽しむことができるのだ。

もちろん、長旅にもおすすめだ。単調な高速道路の長距離移動などでは、車両側の装備(グリップヒーターやシートヒーター)と相談しながら、クランのアイテムをチョイスすればまさに全身ヌクヌクで24時間快適な移動を可能にしてくれる。

とくに今年モデルからはレディース用のラインナップが充実したし、新たに標準装備になったデュアルモードスイッチは、走行中の頻繁なオンオフ操作を必要としない。これは実際使用してみて感触がよかった。2008年モデルを私用中なので、スイッチだけ購入しよう。

テストを終えて

それと新登場のテクニックグローブがなかなかの出来だった。電熱防寒にあわせ、デュポンのコーデュラを使用したアウターはちょっとしたレイン走行はO.K.だった。握り心地も自然。グリップヒーター無しの車輌の方は要チェックです。

ココがすごい!

とにかくソフトな着心地で、レザージャケットなど硬めの素材とのレイヤー着用でも着膨れしないスマートさがいい。スイッチもMAXに一旦入ってからMIDに落ち着くので使い勝手がいい。

ココがイマイチ

取り付けはよく説明書を読んだ上で。とくにCANバス車両のソケットはヒューズレス(電流自動検知シャットオフ)のため管理は慎重に。全アイテムをフルに使うと10A(=120W)にもなる。

クラン ヒーティングウェア 2009モデルの詳細

クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
軽量ソフトなインナー素材はレザージャケットなどでも重ね着しやすい。ゴアスーツなどなら何の違和感もないほど。袖口は親指をフックする構造で風をシャットアウト。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
細めの電熱コードで気室ごと温めるHADS 構造を用いたインナー。メッシュ裏地はムレ抑制効果のほかにヒーターからの熱を効率よく伝えてくれる。袖にはグローブ用コードをホールドするループ付き。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
昨年モデルから新形状になったケーブルジャック部はコンパクト。ソフトなゴムシールで防水対策も怠りない。変換ケーブルなども用意されている。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
09モデルで新型となり、2段切り替え可能になったコントロールスイッチ。一度MAXにすると、最初はフル作動で一気に温め、その後はほどよく継続…というようなモードになる。長旅にはとくに便利だ。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
インナーパンツはHADS構造ではないが、最小限の熱線をめぐらせた層とパンツ層を組み合わせて、ツッパリ感のない着心地を両立している。足裏ループとベルトループが付いているのでズリ上がりもない。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
防寒に加えて防水効果もあるテクニックグローブ。これひとつで冬の走行に対応できる。指先を回る熱線の温もりはグリップヒーターとはまた別次元の温かさだった。手のヒラや指のハラはスエードで握り心地やグリップ感もナチュラルだった。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
インナーボアの手触りも良好。ジャックは袖から自然なアングルで連結出来た。内側のスパッツをジャケットの袖中に入れ、ジャケット袖を閉めた後にグローブのアウタースパッツを被せれば完璧。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
オプション類も各種用意されている。上は複数を同時に使用するためのY字ケーブル。電源の限られる場合やコードを最小限にするのに有効。ヒューズも交換用10Aが付属。1,365円(税込)。下はBMWへラーソケット用アダプター。3,360円(税込)。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
グローブのみを使用する際の概念図。ダブルケーブルはグローブに付属しているが単品でも購入可能。1,785円(税込)。
クラン ヒーティングウェア 2009モデルの画像
グローブ、インナージャケット、インナーパンツ、インナーソックスとフルに連結した場合の概念図。ここまで装備すると20Aもの電流になってしまうが、ヘッドライト常時点灯よりは消費量は少ない。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ