VIRGIN BMW | BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグ BMWバイク パーツ&グッズ紹介

BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグ

  • 掲載日/2010年12月20日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/BMW Motorrad
BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの画像

BMW Motorrad Helmet Bag Exclusive 2

もしもの時に自分の頭部を護るヘルメット
それを保護・携行する専用バッグ

ヘルメットを単なる装身具や自己アピールのアイテムとして選ぶライダーは少ないと思う。とりわけ BMW バイクを選ぶライダーであればなおさらのこと。そのヘルメットを持ち運ぶ際、またはウェアと並べて保管する際にも気を遣うとしたら、やはり BMW 純正アイテムが最有力候補だ。

RECOMMEND ITEM

BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの画像

ブラッシュアップされた機能性

ヘルメットバッグの有用性は、単体で持ち運ぶ際に大いに実感する。たとえば人間は飛行機や列車、クルマに乗って移動し、ヘルメットは荷物扱いとする際だ。

身につけて(被って)いれば安心の保護具でも、手荷物として考えるとこれほど邪魔なものはない。自分のアタマ以上のボリュームと持ちづらい形状、それに長く持っていれば意外と疲れる適度な質量もある。さらに他の荷物と一緒に運ばれる際は、大事なヘルメットが傷つけられる恐れだって大いにある。購入時に付属していた布製の袋は単なる“梱包袋”であって、その外枠となるダンボール箱に入れなければ、外部からの衝撃に耐えるという意味ではほとんど意味が無い。そこでヘルメットバッグが必要となってくるのだ。

BMW Motorrad は、以前からヘルメットバッグをライダーエクイップメントの中にラインナップしいる。旅のパートナーとして、走る歓びを感じられる最適な乗り物を造りを続けているメーカーだから、なんとなくその理由は想像がつくだろう。マシンやウェアだけでなく、ヘルメットバッグに至るまで、機能を持たせてそれをデザインとし、製品化しているのだ。

2010年にリニューアルとなった「エクスクルーシブ2ヘルメットバッグ」は、バイザー付きのエンデューロタイプはもちろんのこと、既存の純正ヘルメット全ての形状に対して収納可能なデザインとなっている。当たり前と言えば当たり前だが、ヘルメットのタイプを問わず、荷物として運ばれる際に優れたプロテクション機能を有しているのだ。外側は防水タイプのナイロン生地に覆われ、バッグ全体に緩衝パッドを内蔵し、ヘルメットを入れなくてもテーブルに置けば自立する構造体だ。そしてインナーにはソフトな生地を使い、ヘルメットやシールドの表面に傷がつかないよう設計されている。またヘルメットバッグのグリップは握りやすいゴム素材を採用し、ショルダーストラップも付属する。

とても出来の良いこのヘルメットバッグは、ライダーの身を護る道具を輸送と保管の際に保護する道具として、ひとつは持っておきたいアイテムだ。値段もお手頃である。

BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの詳細

BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの画像
大きく開く開口部。内側は柔らかい素材のインナーとなっており、ジッパーも傷の原因にならないよう配慮されている。
BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの画像
底面はゴム素材で強健なつくり。突起部分に強く押し付けられてもそう簡単に破れることはないだろう。
BMW Motorrad エクスクルーシブ2 ヘルメットバッグの画像
シックなグレーベースのアントラジット・カラーの本体には、同色のポケットもひとつ装備する。

注目のアイテムはコチラ