VIRGIN BMW | 4R リリーブ ハードプロテクターベスト BMWバイク パーツ&グッズ紹介

4R リリーブ ハードプロテクターベスト

  • 掲載日/2014年08月29日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/キジマ テスター/VIRGIN BMW.com編集部 テスト方法/市街地で試用 テスト期間/1日
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像

4R Relieve hard Protector Vest

メーカー各社がリリースする胸部プロテクター
その中でコストパフォーマンスが高そうな4Rを試す

安全意識の高まりから胸部プロテクターを着用するライダーが増えているというのは周知の事実。当然ながらそれにともなって、用品メーカー各社からはさまざまなチェストプロテクターやプロテクターベストが発売されている。そして商品数が増えれば、どれを選んだら良いのかという悩みも増える。その中から今回は、中堅モデルと言える価格の製品を試してみた。

TRUE TEST !

胸部はハード、背中はソフトなプロテクター

用品・パーツの総合メーカー、キジマが 2008年から展開するブランド 4R は、ライダーの要求(Requirement)に応え、使っていて安息(Relaxation)を得られる製品によって信頼(Reliance)を勝ち取り、良い関係(Relation)を築くことをコンセプトとする。プロテクターシリーズは Relieve と名づけられ、上半身を守るベスト、肘と膝のプロテクターをラインナップしている。

今回試したハードプロテクターベストは、胸部に左右セパレートの合成樹脂ハードプロテクターを装備し、背中や肩、脇は高反発 EVA パッドで覆われる。ベストタイプはフロントをファスナーで閉じるその構造上、胸の真ん中が弱点になるが、もちろんこの製品は左右のプロテクターの隙間を EVA パッドでガードする。サイドの調整ベルトは、腰回り方向の締め付けのほかに、骨盤に向かって下方向(V字状)にも締め付けることができ、ベストを着た状態でも調整が容易だ。

価格帯としては中間的なレベルに位置するこの製品だが、機能が不足しているということはけっしてなく、プロテクターベストに必要とされる胸、背中、肩、脇腹をすべてカバーしており、必要にして十分な機能を備えていると言える。

テストを終えて

メッシュジャケットの内側に着込んでも、動きづらさや不快を感じることはなかった。また、脇腹部分のベルクロで留められるV字ベルトは操作性が良く、調整幅も広いため、細身の筆者でも身体にフィットさせられる。MとLの2サイズ展開ではあるものの、さまざまな体型の人に合わせることができるだろう。

8月という夏場ではしかたがないが、ただ一点だけ気になったのは、着ていて暑いこと。ベスト本体に採用されたポリエステルメッシュが速乾性とはいえ、その内側に付いている EVA パッドは風を通しづらく、身体に張り付くのだ。逆に冬場であれば、保温性を発揮するに違いない。

ココがすごい!

腰回り方向の締め付けのほかに、脇腹部分のベルクロでも留められるV字調整ベルトは操作性が良く、ベストを着た状態でも調整が容易。

ココがイマイチ

ベスト本体の通気性は高いものの、EVA パッドは風を通しづらく、身体に張り付いて暑い。冬場であれば、保温性を発揮するに違いない。

4R リリーブ ハードプロテクターベストの詳細

4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
ハードプロテクターが胸だけなので、着心地は軽い。左右の隙間は EVA パッドでガードされる。
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
両胸は EVA パッドの上にハードプロテクターを装着。快適性を求めて通気口が設けられている。
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
背面は、ほぼ全面が EVA パッドで覆われる。5分割の構成で、背中の動きに追従してくれる。
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
肩から脇にかけても EVA パッドが敷き詰められている。脇腹も保護してくれるのはありがたい。
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
V字状に留められるベルト。ベルクロの面積が大きいため、調整範囲が広く、操作性も高い。
4R リリーブ ハードプロテクターベストの画像
ウェアの下に着ると隠れてしまう部分ではあるものの、襟元には 4R ロゴの刺しゅうが入る。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ