VIRGIN BMW | ツラーテック R1200GS パーツラインナップ BMWバイク パーツ&グッズ紹介

ツラーテック R1200GS パーツラインナップ

  • 掲載日/2015年01月28日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/ツラーテックジャパン テスター/菅野 真司 テスト方法/ツーリング テスト期間/2泊3日
    この記事はBMW BIKES Vol.66掲載の記事を再編集したものです
ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像

TOURATECH R1200GS Parts Lineup

旅人目線の作り込みが光る
走り続けるための装備群

パニアケース/トップケースを中心として、ロングライドを支える用品を幅広くラインナップするツラーテック。NewGS 向けにもすでに、ガード類や操作系、専用バッグ類まで出揃っている。そんな「ツラーテック仕様」の NewGS で 2,000km ほどのツーリングへ。果たしてその旅心地とは?

TRUE TEST !

開発陣自らが過酷な冒険ツーリングを愛し、その中での純粋な欲求やノウハウを生かして世界中のライダーを支えているツラーテック。ブランドイメージを象徴するパニアシステムのほか、大型スクリーンやハンドガード、エンジンガード、タンク&テールバッグをフル装備した GS で旅に出かけた。

左に 45L、右に 38L、トップに 25L の容量を持つケースは、長モノ以外で入らないものはない、と言えるキャパシティで、2泊3日の旅のスタートではトップケースが空だったほど。このケース類はヒンジの開閉に多少慣れが必要なものの、そのコツさえ掴めばやはり便利この上なく、旅先で買った珍しいお酒やお土産といったものをどんどん放り込めるのはありがたい。

ヘッドカバーを取り巻くようにレイアウトされたエンジンクラッシュバーや、シュラウドに沿う造形のクラッシュバーエクステンションは、その頑強さと裏腹に表面の仕上げが美しく、本来の目的を忘れさせてしまうほど。ダートを安心して走れるのみならず、上質なスタイリングは満足感が高い。

専用フィッティングのタンクバッグや、リアシートと交換して固定するテールラックバッグも、型くずれしない材質やシンプルな機能性が好印象だった。

テストを終えて

ココがすごい!

ガード類のみならず、タンクバッグやテールバッグも車種専用のラインナップを揃え、アフターパーツながらフィット感は完璧。OEM ブランドとしての強みを最大限に発揮している。

ココがイマイチ

構造が単純でありながら確実なロックが可能なケースのヒンジ部は、開閉に少し慣れが必要。突起を押し込みながらヒンジを持ち上げる操作に慣れるまで、半日ほどかかった。

ツラーテック R1200GS パーツラインナップの詳細

ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像
●ZEGA-PRO2 アルミニウムパニアシステム 38+45L セット価格15万9495円から(車種専用取り付けフレーム込み)※写真は後部にオプションのボトルホルダー付き ●ZEGA-PRO トップケース 25L 価格5万5650円から(車種専用ブラケットは2万3835円から)
ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像
全方向からシリンダーヘッドをガードする形状のエンジンクラッシュバー(4万5150円)。ヘッドカバーに装着されている黒いプレートはシリンダープロテクター(2万685円)。
ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像
クラッシュバーにクランプ固定するクラッシュバーエクステンション(3万6855円)。シュラウド部までガードしつつ、BMW ロゴを浮き立たせるデザイン。
ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像
タンクバッグのアンバート(2万1000円)は前部をプラスチックバックルで固定する構造なので、給油の際にも面倒が少ない。
ツラーテック R1200GS パーツラインナップの画像
レバーを起こすことで黄色いゴム部分が全体的に広がり、確実な脱着が可能な iPhone5 ホルダー(1万7640円)。GPS ブラケットアダプター(8190円)を介して装着。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ