VIRGIN BMW | ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12) BMWバイク パーツ&グッズ紹介

ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)

  • 掲載日/2015年03月10日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/ショーライジャパン テスター/TOMO テスト方法/ツーリング テスト期間/3日
    この記事はBMW BIKES Vol.69掲載の記事を再編集したものです
ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像

SHORAI BATTERY(LFX21A6-BS12)

軽量かつパワフルな
頼もしいバッテリー

「軽い」とか「パワフル」といった性能で人気のリチウムバッテリー。なかでも SHORAI LFX バッテリーは、LiFPO4(リン酸鉄リチウムイオン)を活用し、軽量かつ強力な始動性能を発揮する。TOMO の愛車 K1300R で、その性能を確かめてみた。

TRUE TEST !

軽くて力強いだけじゃない
新世代の高性能バッテリー

最初に驚くのはその軽さ。LiFePO4(リチウム鉄角柱型セル)を使うことで、重量は通常の鉛バッテリーに比べて約1/5と超軽量にできている。さらに自己放電率は約1/7と、冬期に稼動率が落ちる車両にも安心して使用できるという。気になる筐体は、鉛バッテリーからの積み替えを前提にサイズが設定されているとのことで、搭載に際して加工は必要ない。さっそく、エンジンをかけてみよう。

K1300Rの場合、始動にものすごく電力を使う。けれど、それまで性能が低下ぎみのバッテリーだったこともあるけど、ショーライを積んでセルを回すと、激しくパワフルにエンジンがかかった。実に頼もしい。それもそのはずで、鉛バッテリーに比べて無負荷時の設定電圧が高い。具体的には、12.6V の鉛に対して、ショーライは 13.2V を発揮している。これが始動時にセルを力強く回してくれる。なるほど、このバイクにはもってこいかも。

一般的なトリクル充電器でも可能だけど、充電は専用充電器が用意されている。繋ぎっぱなしで、常に最適な状態に保ってくれて、各セルのバランスも均一に整えてくれる。過充電で寿命を無駄に縮めたりもしない。

極寒状態での始動では、キーをオンにして1から2分待つ「儀式」が必要という話も聞くけど、これはまだ未確認。引き続きテストを継続して、変化があれば、連載ブログ「TOMO の K1300R な日々」や、雑誌 BMW BIKES のビーマーズライフのページで報告したい。

テストを終えて

ココがすごい!

とにかくその軽さ! 実際の計測でも、重さは純正バッテリーの約1/5だった。長期間使用してこそわかる耐久性や実際の自己放電率は、まだ未確認。

ココがイマイチ

一般的なトリクル充電器も使えないわけじゃないけど、過充電の心配がある。極寒時には、セルスターターを回す前にバッテリーを活性化させる必要があるとか。

ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の詳細

ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像
セルを回すと「きゅっ、どぉおおーんっ」とパワフルに始動。煌々と照らすヘッドライト……今までより眩しく見えるのは気のせい!? 頼もしくてワクワクする!
ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像
●ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12) 価格:2万6,978円/リチウムフェライトバッテリーの特徴は超軽量であることや、優れた耐久性、始動力の強さなど。そのうえ安全性も高く、環境にも優しい。最新のテクノロジーを搭載した次世代のバッテリー。
ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像
3kg まで量ることができるキッチンスケールに載せてみたら、1,359g だった。鉛バッテリーに慣らされた私には「頼りないプラスチックの箱」のよう。これでパワフルなんて!!
ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像
●ショーライ バッテリーチャージャー/テンダー 価格:1万584円/専用充電器には、フル充電の「チャージ」と、保管時に便利な「ストア」の2つのモードが備わる。ストアモードでは、容量が 60%以下になると 80%まで充電を繰り返し行う。
ショーライ バッテリー(LFX21A6-BS12)の画像
繋ぎかたは、バッテリー本体にある差し込み口に、充電ケーブルのプラグを差し込むだけという手軽さ。バイクの保管場所近くにコンセントがあるなら、バッテリーを積んだままの充電も簡単。充電器も軽量で、フックがついているから、ハンドルなど適当な場所に掛けておける。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ