VIRGIN BMW | ベビーフェイス S1000RR バックステップキット BMWバイク パーツ&グッズ紹介

ベビーフェイス S1000RR バックステップキット

  • 掲載日/2015年06月25日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/ベビーフェイス
    この記事はBMW BIKES Vol.71掲載の記事を再編集したものです
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像

BabyFace S1000RR Back Step Kit

美しいフォルムは
高性能の証でもある

今年の2月にリリースが開始され、乗りやすさと速さに磨きがかかった新型 S 1000 RR。その性能をさらに高めるために開発されたベビーフェイスのバックステップ。機能とルックスが両立した注目のパーツである。

RECOMMEND ITEM

機能性を重視したパーツは
見た目の美しさも抜群

昨年、創業 30 周年を迎えたベビーフェイス。ユーザーニーズを第一に、高性能ながらも手が届きやすい価格でユーザーに届けるというモノ作りは、創業以来一貫している基本ポリシーであり、一般ライダーからプロフェッショナルライダーまで幅広く支持され、「サトウレーシング」名でパーツを販売するアメリカをはじめ世界中でファンを獲得している。そのベビーフェイスから、2015年型 S 1000 RR 用パーツがリリースされたので紹介しよう。

まず独特なゴールドのアルマイト加工が施されたバックステップ。S 1000 RR のユーザーを考慮して、街乗りからサーキットのスポーツ走行までをカバーするコンセプトで設計されたそれは、ステップポジションを 15 カ所、ブレーキペダルのポジションが2カ所、さらにシフトペダルはつま先のポジションを5カ所、ストロークのレバー比を3カ所で変更可能であることにくわえ、正逆チェンジの選択も可能。ライダーの細かな要望に答え、フィーリングの改善も期待できることが特徴だ。

またサメのエラのようなデザインのエアアウトレット部分から顔を出したフレームスライダーは、バックステップと並ぶベビーフェイスの代表的製品。ジュラコン樹脂をベースに転倒時のダメージを最小限に抑えることを目的に開発され、鈴鹿8耐のフィールドから生まれた実戦向きパーツであったが、いまではマシンのドレスアップアイテムとしても注目が集まり、多くのライダーが愛用している。エンジンスライダー、アクスルプロテクターと合わせて装着したい。

その他、ハンドルバーエンド&レバーガード、レーシングフック。カーボン製エンジンカバーシールドなど、機能優先の設計でありながらドレスアップにも効果が期待できるアイテムにも注目である。

DETAILS

ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
各ポイントに配されたゴールドのパーツによってよりレーシーな雰囲気を纏った 2015年型 S 1000 RR。特徴的な金色は、別名『大阪ゴールド』とも呼ばれるベビーフェイスのオリジナルカラー。
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
バックステップの軸受け部にはベアリングをダブルで装着。ステップバーは、滑りを防ぐ切削ローレット加工済み。カラーはほかにブラックとシルバーを用意。価格◎6万4,800円。
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
バックステップの軸受け部にはベアリングをダブルで装着。ステップバーは、滑りを防ぐ切削ローレット加工済み。カラーはほかにブラックとシルバーを用意。価格◎6万4,800円。
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
トランポなどに車両を積載する際に便利なレーシングフック。タンデムステーを止めるボルト欠落防止にも役立つ。価格◎9,180円。
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
スライダーは、車体を滑らせることで転倒の衝撃をやわらげることを目的に開発されたパーツ。本体はジュラコン樹脂が採用されている。価格◎1万4,580円。
ベビーフェイス S1000RR バックステップキットの画像
ハンドルバーエンドは 30mm ショートタイプを選択。価格◎3,780円。レバーガードは、街乗りでも効果が期待できるアイテム。価格◎8,424円。

注目のアイテムはコチラ