VIRGIN BMW | アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RT BMWバイク パーツ&グッズ紹介

アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RT

  • 掲載日/2015年06月30日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/アールズ・ギア
    この記事はBMW BIKES Vol.71掲載の記事を再編集したものです
アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RTの画像

r’s gear WYVERN TITANIUM FULL EXHAUST SYSTEM

もっともっとバイクに
乗りたくなるマフラー

数々の BMW モトラッド用マフラーを手がけてきたアールズ・ギア。誰しも体感できるほどの変化が出るか、現行 R 1200 RT 用マフラーを使いテストを行った。

RECOMMEND ITEM

適合モデルを持つ者ならば
即取り付けるべきアイテムだ

リプレイスマフラーをイメージしたとき、“スタイリング” や “排気音” そして “特性の変化” など、思い浮かべる考えはさまざまなものであろう。バイクのカスタムといえば何よりも先にマフラー交換というライダーもいるだろう。しかしスマートなバイクライフを送るビーマーの場合、ノーマル至上主義を貫く方も多いと思う。それにボクは、4ストロークエンジンの場合は、2ストロークでチャンバーを付け替えたときほどの変化を体感できないとも考えていたりする。つまり、マフラーを換装すること自体にあまり魅力を感じないのである。そこに投資するなら一分一秒でも長く走らせていたいと思ってしまうのだ。というここまでの話は、アールズ・ギアのマフラーに出会う前までのこと。

前置きが長くなってしまったので、四の五の言う前にまず書いてしまおう。『走り出しから気持ちいい』。アールズ・ギアの作るマフラーを装着すれば、誰しも感じられる部分である。マフラーはすべて同社代表を務める樋渡 治氏がテストをして開発を行っている。その際に一貫して考えていることは、“低中回転域での扱いやすさを引き上げる” ことだと言う。もちろん、高回転域での伸びのよさも、パワーとトルクの向上も踏まえた上、さらに言えば、追求された心地よい音色までも含めて、もっとも重要視するのが日常的に使う回転域での特性なのである。

低回転でのトルクの出し方が絶妙で、クラッチをつないだ瞬間に絶大なる安心感を得ることができる。このマフラーをつけてエンストするなら、もう一度ライディングの勉強をし直したほうがいいと思うほど、滑らかに車体を押し出す。排気音は静かでありながら、心地よい低音を奏で、ひとたび加速すれば、そのパワー感と排気音に酔いしれる。そしてスロットル全閉状態からのチョイ開け、いわゆる “ツキ” という部分の滑らかさは、どうして純正マフラーでこのセッティングが出せていないのかと思うほど完成度が高い。走らせることが楽しくなってしまう分、ついつい毎日乗りたくなってしまうし、遠出する距離も一気に増える。ある種ドラッグ的な効果を持つマフラーだ。このマフラーの魅力を伝えるにはスペースが狭すぎる。間違いなく性能に納得し、ノーマルには戻れなくなってしまうことだろう。

DETAILS

アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RTの画像
代表の樋渡 治氏は、以前 WGP の舞台でも活躍した経歴を持つ。しかし現在では毎年1週間にもおよぶツーリングに2回は行くほどしっかり走りこみ、公道というステージへのこだわりも強い。
アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RTの画像
最近は、サブコンでのチューンも行ったりするのだが、そんなことをせずとも、心地よい乗り味を引き出しているのもアールズ・ギアのいいところ。なによりもパワーグラフの数値では見えない感性に訴える部分が強い。
アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RTの画像
今回は現行 R 1200 RT でテストを行った。最適な特性となっているうえシフトアシスト Pro との相性もよく、なんと気持ちよく走れることか。RT 用は 26万7,840円。費用対効果のパフォーマンスも高い。
アールズ・ギア ワイバン チタンフルエキゾーストシステム R1200RTの画像
さらに快適にするアイテムを開発/R 1200 用、K 1600 用、K 1300 用マフラーなども手がけるほか、リプレイスシート、ハンドルブラケット、スタンドブラケットなども開発する。実走テストを繰り返すことで、上質なアイテムが誕生するのである。◎r’s gear 三重県亀山市のぼの62-9(営業時間 9:00~18:00)

注目のアイテムはコチラ