VIRGIN BMW | R1150GS BMW愛車紹介

R1150GS

  • 掲載日/2009年01月01日【BMW愛車紹介】
BMW R1150GS 丹羽 忍さんの愛車紹介 画像
丹羽 忍さん(30歳)  所在/埼玉県
ケンテックスジャパン に勤務。R1150アドベンチャーを所有。R1100RTに始まり、現在のBMWは3台目という根っからのBMW好き。アドベンチャーを乗りこなすため、練習に励む日々を過ごしている。

ポテンシャルの高さは驚異
どんな道でも走破できる相棒です

「このアドベンチャーは実は2台目なんです。1台目は事故で廃車になってしまったのですが、その頃にはアドベンチャーの魅力に夢中になっていて、また同じ車両を購入してしまったんです(笑)」

2台のアドベンチャーで5万キロ以上の走行を重ね、今ではダートまで走るようになったのだという。

「どんな道でも走ることができる、それがGSの魅力です。1150は現行に比べ『重い』だとかネガティブな部分もありますけれど、そういう部分も含めて乗りこなさないと、そう思っています。乗る人が乗れば、本当によく走るバイクですから、僕もまだまだ頑張らないといけませんね」

休日は近所の川原で、練習を重ねるオーナー。そのポテンシャルを引き出すことに余念がない。

OWNER’S VOICE!

他のBMWと迷いませんでしたか?

「これしかない」そう思ってました。コイツを乗りこなしてみたい、それが購入動機です。

購入後にBMWのイメージは変わりましたか?

想像以上のポテンシャルがあります。何万キロも走った今でも、まだ使いこなせません。

今後、行ってみたい場所は?

オーストラリアを走りたい。仲間ともよくそんな話をしていますねぇ。現実的には難しいですけれど、いつかは実現してみたいですね。

BMWのここがお気に入り

オリジナルな工夫を
凝らしたフロントマスク

「どの角度から見てもカッコいいですけれど、アドベンチャーならではの装備が見えるフロントマスクが一番好きですね。大容量タンクや各部の無骨なデザインは、フロントから見た方が迫力がありますから。お世話になっている“ガル”さんが取り付けてくれたETCなど、他のアドベンチャーにはない工夫もフロントからは見えるので、それも少し自慢です(笑)」

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報