まだまだ止まる勢いが感じられない
BMW モトラッドのオールラインナップ

2015年になっても BMW モトラッドのラインナップは広がり続け、そして深まり続けており、とどまるところを知らない勢いのままだ。

 

トピックスのまずひとつは、ボクサーの水冷化が進み、『R 1200 R』と『R 1200 RS』が登場したことだ。とくに R 1200 RS は、近代 BMW の革命でもあった R 100 RS にはじまる称号の復活で、ボクサーファンにとっては新たな選択肢が提供された。

 

また『F 800 R』はマイナーチェンジを受け、さらに熟成度が進んでほぼ完成の域に達しつつある。『S 1000 RR』はフルモデルチェンジを受けて電子制御テクノロジーがさらに進化。スーパーバイク直系のスポーツモデルを万人が楽しめるようになっている。

 

もうひとつは、まったく新しいモデルとして『S 1000 XR』が追加されたことだ。S 1000 系のハイパワー4気筒エンジンを搭載したロングストロークサスペンションを持つツーリングモデルで、BMW モトラッドは「アドベンチャーカテゴリーを補完するモデル」としている。

 

いっぽう、ラインナップから消えたモデルもいくつかあり、G 650 GS/Sertao、K 1300 S/K 1300 R、HP4 が姿を消している。モデルのコンセプトを考えると K 1300 シリーズには何かしらの新たな動きがあるのだろうか。今秋開催の欧州ショーに注目したいところだ。

S 1000 XR

S 1000 R

S 1000 RR

R 1200 GS

R 1200 GS Adventure

R 1200 R

R nineT

R 1200 RS

R 1200 RT

K 1600 GT

K 1600 GTL

K 1600 GTL Exclusive

F 700 GS

F 800 GS

F 800 GS Adventure

F 800 R

F 800 GT

C 600 Sport

C 650 GT