VIRGIN BMW | F800シリーズにはなぜベルトドライブが採用されたのでしょうか? BMWバイクQ&A

F800シリーズにはなぜベルトドライブが採用されたのでしょうか?

  • 掲載日/2006年12月13日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/モトラッド神戸 樋口 智之さん
BMWバイクQ&Aの画像

耐久性が高く、静粛性もいい
しかもメンテナンスフリーなのが嬉しい

新登場のF800シリーズにはF650に採用されている「チェーンドライブ」ではなく「ベルトドライブ」が採用されました。かつてはF650CSにも採用されていたこの駆動方式、採用されるには当然理由があります。チェーンドライブは軽く、安価な駆動システムなのですが、定期的にメンテナンスが必要で少々わずらわしさが伴います。距離を重ねればチェーンが伸びてくるため定期的な伸び調整は必須で、チェーンの清掃も必要です。しかし、ベルトドライブでは初回点検時に張り調整をしてしまえば、ほぼノーメンテで乗り続けることができます。未舗装路を走ることが想定されるF650GSでは跳石などはものともしないチェーンの頑丈さが必要ですが、シティユースのF800シリーズではベルトドライブの「気楽さ」が嬉しいですね。チェーンに比べ、駆動時の静粛性に優れているのもメリットの1つです。

ベルトの耐久性についてご質問をいただくことがありますが、ベルトには繊維が組み込まれており耐久性は非常に高くなっています。他メーカーだとハーレーが全モデルにベルトドライブを採用しており、実績にも不安はありません。F650CSでも「ベルトに石を噛み片減りした」などを除けば、ベルトドライブでのトラブルはあまり聞きませんので、安心していただいて大丈夫です。

注目のアイテムはコチラ