VIRGIN BMW | 第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポート トピックス

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポート

  • 掲載日/2019年04月13日【トピックス】
  • 取材協力/日本自動車輸入組合 取材・写真・文/VIRGIN BMW.com 編集部
第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

BMW Motorradの最新モデルをイッキに試乗!

神奈川県の大磯プリンスホテル・ロングビーチ駐車場で2019年4月3日(水)〜4日(木)に開催された第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会。このイベントは、国内に流通している主要二輪輸入車メーカーであるBMWモトラッド、ハーレーダビッドソン、ドゥカティ、トライアンフ、KTMなどのメーカーが試乗車と展示車両を持ち込み、メディア向けに開催される毎年春の恒例イベントとなっている。

BMWモトラッドのブースでは、展示車両として話題のスーパースポーツモデルであるS 1000 RRを筆頭に、R 1250 R、R 1250 RSに加え、試乗車としてR 1250 GS、F 850 GS、C 400 Xなどの注目モデル9台の車両が用意された。それではBMWモトラッドブースの模様をレポートしよう。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

発売が待ち望まれる話題のスーパースポーツ、S 1000 RR。残念ながら展示車両のみで試乗車は用意されなかったが、ほぼすべてのコンポーネントが改良されたニューモデルである。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

こちらも展示車両のみであった新型R 1250 R。その心臓部には可変カムシャフトコントロールシステムを採用した排気量1,254ccの空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒エンジンが搭載されている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

新型R 1250 RSも展示車両のみ。143 Nmというトルクと136PS(100kW)を発揮するニューボクサーツインエンジンには可変カムシャフトコントロールシステムであるBMW ShiftCamが搭載されている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

試乗前にはスタッフから基本的なマシン操作のレクチャーを受け、45~90分枠の試乗に出る。ロングビーチ駐車場内から一般道に出ることも可能となっている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

普通自動二輪免許で乗ることができるアーバン・モビリティー、C 400 GT。街乗りはもちろんのこと、ロングツーリングも快適にこなすミドルサイズスクーターに仕上げられている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

同じく普通自動二輪免許で乗ることができるミドルサイズスクーター、C 400 X。ダイナミックなスタイリングに排気量は349 cc、最大出力は25 kW(34PS)/7,500rpmを発揮する水冷単気筒エンジンを搭載している。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

あらゆる場面でライダーニーズに応えてくれるエンデューロ・オールラウンダー、F 750 GS。パワフルかつ快適でGSスピリットを継承する1台。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

23Lの大型タンクを装備したF 850 GS Adventure。その航続距離は500km以上を実現している。フロント230 mm、リア215 mmのサスペンショントラベルにカット可能なABS、「Rain」&「Road」という二つのライディングモードを標準装備している。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

アドベンチャーセグメントを牽引する、R 1250 GS。BMW ShiftCamの可変カムシャフトコントロールにより、トルク特性が強化された新型ボクサーツインエンジンを搭載。まさに死角なしの王者である。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 BMWレポートの画像

BMWモトラッドのバガーカスタムモデル、K 1600 B。排気量1,649ccの水冷並列6気筒エンジンを搭載した怒涛のクルーザーである。最大トルクは175 Nm、160PS(118 kW)を誇る。

ピックアップ情報