VIRGIN BMW | R100RS(1976~84年) BMWマシンの歴史

R100RS(1976~84年)

  • 掲載日/2008年12月16日【BMWマシンの歴史】
R100RSの画像

世界中のメーカーを驚かせた
BMWの新たなフラッグシップ

R100RSは、往年のBMWレーサーと同じ“RS”(Renne Sport:レン・シュポルト)のネーミングを冠したかつてのフラッグシップだ。現在見ても異様なほど大きく、独特な形状のフェアリングは量産市販車として初めて装備されたもので、世界のバイクシーンに大きな衝撃を与えた。風洞実験によって細部まで徹底的に煮詰められたその性能は、アウトバーンを200km/hで巡航してもライダーを走行風から守り、優れた高速居住性を生み出すことに成功。この画期的なアイテムは後に世界中のバイクメーカーが模倣し、フルフェアリング装備車輌は一般的なものになっていったが、現在においても、このフェアリングの性能を超えるものは登場していないと言われている。

R100RSにまたがり、極端に短く幅の狭いハンドルに手を伸ばしてフェアリングの中に身を沈めると、視界には4輪車のコックピットを思わせる光景が収まっている。スピード・タコメーター以外に電圧計や時計などが整然と並ぶインストルメントパネルを装備し、外観のみにとどまらないその革新性は、バイクメーカーやライダーの間でさまざまな論議を巻き起こすこととなり、R100RSは現在でも希少価値の高いプレミアム機種として、中古車市場では高値で売買されている。

生産年
1976~84年
生産台数
33,648台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
980cc
ボア×ストローク
94.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
70/7,250
最高速度
200km/h
変速
5段変速
全長
2,130mm
全幅
746mm
全高
1,300mm
車輌重量
230kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報