VIRGIN BMW | K100LT(1986~91年) BMWマシンの歴史

K100LT(1986~91年)

  • 掲載日/2009年11月25日【BMWマシンの歴史】
K100LT(2バルブ)の画像

快適な空間で長距離移動を可能とする
ラグジュアリー・ツーリングの祖

すでにRTモデルで高いクルージング性能を実現していたBMWだが、さらにその上をゆく居住性が求められるようになり、スポーティなツアラーというモデルキャラクターから、ゴージャスなラグジュアリー・ツアラーとしてK100LT(2バルブ)が登場した。

K100LT(2バルブ)はK100RT(1984年)をベースとした派生モデルであり、その主な違いとしては、大型ウィンドスクリーンの形状、パッセンジャー用に背もたれがついたトップケースの標準装備、ハイコンフォートシート、グリップヒーター、ステレオに対応したアンテナとスピーカーの装備などが見られ、長距離走行時における高い居住性・快適性を求めたグレードアップ仕様となっている。

収納可能な積載容量も当時としては最大を誇るもので、左右インテグラルケース(専用パニアケース)はそれぞれ35L、トップケースには20L、さらにシートカウルには9Lのコンパートメントも備え、合計99Lもの収納が可能。さらに、リアサスペンションにはボーゲ製ニボマットのガスショックユニットが装着され、高速巡航や最大積載時(2人+荷物)など、いかなる使用状況でも安定した走行を約束する。またそのエンジンにはパワフルで豊かな低速トルクを生む『縦K』シリーズこそふさわしく、1人ではなく2人で、しかも荷物満載状態で長距離を快適に移動するための手段として、K-LTはその後もBMW Motorradの重要なポジションを担うことになり、後にハイエンド・モデルへと進化してゆく。

生産年
1986~91年
生産台数
14,899台
エンジン形式
水冷DOHC水平直列4気筒
排気量
987 cc
ボア×ストローク
67 × 70mm
最高出力(馬力/rpm)
90/8,000
最高速度
215 km/h
変速
5段変速
全長
2,220 mm
全幅
920 mm
全高
1155 mm
車輌重量
283 kg
フロントタイヤ
18インチ
リアタイヤ
17インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報