VIRGIN BMW | スタンドの点検 R1100/1150GS基礎メンテ

スタンドの点検

  • 掲載日/2012年01月12日【R1100/1150GS基礎メンテ】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.51 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

R1100/1150GS 基礎メンテ【スタンドの点検】編

R1100/1150GS基礎メンテの画像

取付部の点検

スタンド類はエンジンのクランクケースにブラケットを介して取り付けられる。画像中央のボルトはセンタースタンドのストッパーも兼ねており、緩みやすいので点検等でチェックするところ。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

可動部のグリスアップ

センタースタンドのピボットは粘度の高いスプレーグリス(チェーングリス等)を流し込んでおく。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ピボットボルトの増し締め

サイドスタンドのピボットボルトも緩みやすい。緩んだまま使用すると、スタンドの取り付け部が開いてしまい、だんだん傾きが強くなる。ここにも増し締めとグリスアップは必須。社外品の傾き補正アダプター、いわゆる「ゲタ」は有効。あまりに傾きが強いようなら、曲げ直そうとせずに交換したほうが安全。

R1100/1150GS基礎メンテ メニュー

注目のアイテムはコチラ