VIRGIN BMW | S1000RR(2015-) 現行モデルカタログ

S1000RR(2015-)

  • 掲載日/2016年01月25日【現行モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  

S1000RR(2015-)のモデルカタログ写真

S1000RR(2015-)

フルチェンジを受けた第3世代は
多岐に渡って新技術が盛り込まれる

フルモデルチェンジを受けて第3世代となった2015年モデルは、多岐に渡って新たなトピックが盛り込まれている。

まず外装は、先代までのイメージを踏襲しながらすべてを刷新。エアロダイナミクスを向上させるとともに、パワーアップした走行性能を体現するフェアリングとなった。

エンジンはシリンダーヘッドやカムシャフトなどが新設計となったほか、排気系がすべて刷新され、低回転域でのトルク向上と軽量化を達成。最高出力は日本仕様でも199psまで引き上げられた。ライディングモードプロには『レイン』『スポーツ』『レース』『スリック』に『ユーザー』が追加され、エンジン出力、レースABS、DTC、DDCの個別設定が可能だ(スリックとユーザーはクローズドコースでのみ使用可)。

DDCはプログラムがさらに改良され、ダウンにも対応したシフトアシスタントプロも採用している。あらゆるライダーが199psスーパーバイクの醍醐味を味わえる安定性と安全性を確保。週末のツーリングからサーキット走行まで気軽に楽しめるスポーツマシンだ。

スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
エンジン形式
4ストローク並列4気筒
バルブ
1気筒あたり4バルブ
排気量
999cc
ボア×ストローク
80×49.7mm
最高出力
146kW(199ps)/13,500rpm(日本仕様)
最大トルク
113Nm/10,500rpm
圧縮比
13.0:1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
点火/噴射制御
電子制御マネージメントシステム(BMS-KP)、燃料カットオフ機能付
クラッチ
湿式多板、アンチホッピング
ミッション
常時噛合式6速ギアボックス
オルタネータ
350W
バッテリー
12V/7Ah、メンテナンスフリー
全長×全幅×全高
2,050×826×1,140mm
ホイールベース
1,438mm
シート高
815mm(空車時)
燃料タンク容量
17.5リットル(リザーブ容量約4.0リットル)
車両重量
204kg(走行可能状態)
燃費(90km/h走行時)
17.5km/L
燃費(120km/h走行時)
16.9km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン、オクタン価95-98(RON)
フレーム
アルミ合金製ブリッジフレーム
フロントサスペンション
倒立テレスコピックフォーク、リバウンド/コンプレッションステージを調整可能
フロントホイールトラベル
120mm
リアサスペンション
アルミニウム製ダブルスイングアーム、センタースプリングストラット、リバウント/コンプレッションダンピングを調整可能
リアホイールトラベル
120mm
駆動方式
チェーン式
フロントブレーキ
フローティングマウントダブルディスク、ラジアルマウント4ピストンモノブロックキャリパー
リアブレーキ
シングルディスク、1ピストンフローティングキャリパー
ホイール
アルミキャストホイール
フロントホイール
3.50×17”
リアホイール
6.00×17”
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70ZR17
リアタイヤ
190/55ZR17

カラーバリエーション

S1000RR(2015-)のモデルカタログ写真
S1000RR(2015-)ブラック・ストーム・メタリック 222万円(消費税8%込み ※2016年1月時点)
S1000RR(2015-)のモデルカタログ写真
S1000RR(2015-)レーシング・レッド/ライト・ホワイト 221万円(消費税8%込み ※2016年1月時点)
S1000RR(2015-)のモデルカタログ写真
S1000RR(2015-)ブラック・ストーム・メタリック/レーシング・レッド 218万円(消費税8%込み ※2016年1月時点)
S1000RR(2015-)のモデルカタログ写真
S1000RR(2015-)BMWモータースポーツ・カラー 222万円(消費税8%込み ※2016年1月時点)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報