VIRGIN BMW | ASCって、どんなシステムなのでしょうか? BMWバイクQ&A

ASCって、どんなシステムなのでしょうか?

  • 掲載日/2007年06月18日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/ヤナセモトラッド 吉岡 徹恭さん
BMWバイクQ&Aの画像

予想外の動きを制御し
ライダーの身を守る安全制御装置

ASCとは「オートマチック・スタビリティ・コントロール」の略称。簡単に言いますと、急加速時に急発進時にタイヤが空転したり、前輪が浮きそうになる予想外の動きをコンピューターで制御するシステムです。ABS同様、ライダーに危険が迫る前に機能してくれる安全制御装置だと思っていただければ間違いはないでしょう。

近年のモーターサイクルの出力の向上は、目を見張るものがあります。高出力な車輌でスロットルをいきなり大きく開くと、出力がうまく路面に伝わらずタイヤがおかしな挙動をすることがあります。ASCはそういった急な操作から発生する強烈なトルクを抑える役割を担っています。具体的には、ASCは常にホイールの回転速度をチェックし、ホイール回転数が急に増えると作動。点火時期を遅くして燃焼効率をわざと下げたり、一時的に燃料噴射をカットさせたりするのです。なお、ASCのON/OFFは走行中に変更することが可能です。

「走行中に点火時期が遅れたり、燃料がカットされたら危険なのでは?」と思う方がいるかもしれませんがご安心ください。作動時間はほんの一瞬ですので、ライダーが不安を感じるようなことはありません。BMWにはABSだけではなく、ライダーを危険から守ってくれる頼もしいシステムがもう1つ用意されているのです。

※ASCは工場出荷オプションになります。
現在、ASCが装備可能なのは…
K1200GT、R1200R、R1200RT、R1200ST、R1200GS、R1200GS Adventure

注目のアイテムはコチラ