VIRGIN BMW | F650シリーズとGシリーズの違いは何? BMWバイクQ&A

F650シリーズとGシリーズの違いは何?

BMWバイクQ&Aの画像

オフも走れるツアラーがF
オンもオフもスポーツできるのがG

GシリーズはF650と同じエンジンをベースに開発されたマシンです。F650シリーズは“オフロードも走れる”単気筒ツアラーとして人気を博していましたから、確かに一見するとGシリーズと重なるところがあるかもしれません。しかし、GシリーズはF650シリーズとベースとなるエンジンが同じなだけで、まったく別物のモデルです。Gシリーズのエンジンは出力やトルクをGシリーズの走行シーンに合わせて仕様変更が施され、エンジンも軽量になっています。エンジン内部にかなり手を入れ、Gシリーズのためにチューニングされているのです。F650GSと比較しても排気音やエンジンの吹け上がりも違うので、まったく同じエンジンではないことは両方を試乗した方にはおわかりいただけるでしょう。また、F650GSの197kgの車輌重量と比較すると、Xchallengeが159kg、Xcountryが168kg、Xchallengeが164kgと、どのモデルもF650GSと比較すると非常に軽くなっています。これはGシリーズが“スポーツ”に力点を置いたモデルだからなのです。F650GSの方が重いのは、ツーリングもこなせるモデルとして開発されたため、荷物の積載性・長距離巡航の快適性・タンク容量の確保など、軽量化よりも重要視されたことがあったため。一方のGシリーズはツーリングモデルとしての装備を持たず、スポーツマシンとして開発されています。ロングツーリングなどを行うのであれば、F650GSの方が圧倒的に優位を誇るでしょう。しかし、街中での機動性、コーナーリングでのスポーツ性、オフロードでの基本性能などスポーツ性能の高さが光っています。XchallengeやXmotoにはHP2に採用されているエアサスが装備されていますし、街乗りではちょっと辛い車高の高さも、スポーツ性を犠牲にした妥協をしていないことが伺えます。

では、Gシリーズの各モデルのそれぞれの違い、というところをご説明します。Xchallengeは本気でオフロードを走りたい人に、そのままオフロードに持ち込んでも大丈夫なピュアオフロードマシンです。XmotoはXchallengeをベースに前後17インチのロードタイヤを履かせたモタードモデル。個性的なデザインも人気ですね。一方のXcountryですが、実は私は当初「XmotoとXchallengeの間の中途半端なモデルかな?」と思っていました。しかし、すべてのモデルを試乗してみた今はXcountryがもっともバランスがよく楽しめるモデルだと感じています。オフも無難にこなしてくれる性能を持ちながら、オンロードのコーナーでの楽しさも持ち合わせているのです。フロント19、リア17インチのホイールサイズは絶妙と言えます。ONもOFFもバランスよくこなす、デュアルパーパスマシンとして楽しみたい人にはXcountryがイチオシモデルでしょう。また、他のGシリーズのシートはツーリング向きの形状ではありませんが、1泊程度ツーリングでしたらXcountryのシートなら充分に楽しめます。

Gシリーズの3モデルは、同じエンジンを採用しているとは言え、楽しみ方がまったく違うモデルです。機会があればぜひ試乗してみてください。「Gシリーズそれぞれでこんなに違うのか!」と驚かれることでしょう。そんなGシリーズですからF650GSと比べると違いは歴然です。皆さんの使用用途に合わせてF650なのか、Gシリーズのどのモデルを選ぶのか、じっくり悩んでください。

注目のアイテムはコチラ