VIRGIN BMW | 2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2 トピックス

2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2

  • 掲載日/2017年07月28日【トピックス】
  • 文・写真/Keisuke Asakura
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2の画像

BMW Motorrad39のマシンは、全日本JSB1000で使用しているものから、パッケージを一新。ファクトリー仕様の耐久レーサーへと生まれ変わりました。オールニューといって過言ではないマシンのため、セットアップに手こずった様子ですが、マシン造りの能力も高い酒井選手だけに、キッチリと仕上げてくれるはずです。

注目のBMWエントラントを紹介
日本初のBMWオフィシャルチームが誕生

今年の8耐で、なんといっても注目なのが、#39 BMW Motorrad39です。酒井大作選手が率いる同チームは、これまでも8耐や全日本JSB1000クラスで活躍を続けてきましたが、今年の8耐は一味違います。それというのも、BMWのオフィシャルチームとしてのエントリーであるからです。

BMW Motorrad39は日本のチームとしては、初めてBMWから全面的な支援を受けることになり、マシンにはファクトリーメイドのパーツを数多く使用。ライダーは”日本最速のS1000RR使い”酒井大作選手、WSS、BSBなどで実績を持つクリスチャン・イドン選手、WSBKライダーで2016年にはSTK1000でチャンピオンを獲得しているラファエロ・デ・ロサ選手という豪華な布陣。

世界耐久選手件においては、BMWの実質的なワークスチームといわれていたBMW MOTORRAD FRANCE99が活動を止めてから、久々に登場したBMWオフィシャルチーム。間違いなく、素晴らしい活躍をみせてくれることでしょう。

また、もうひとつの全日本JSB1000参戦チームである#56 TONE RT SYNCEDGE4413は、SSTクラスに参戦。同チームのエースライダーである児玉勇太選手を中心に、ベテラン武石伸也選手、同チームでJ-GP2クラスを戦う中本 郡選手でクラス優勝を目指します。

フォトTOPICS(写真点数/9枚)

2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
01待望のオフィシャルチームとしての8耐エントリーを果たした酒井大作選手。「全く新しいバイクになったことでセットアップで出遅れましたが、自分もチームも経験値は十分なので、8耐にはバッチリと仕上げた形で挑みます。全国のBMWユーザーの皆さんの夢を背負って走るつもりです。ちゃんと期待に応えます」と、力強いコメント。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
027月中旬に行われた事前テストに参加したラファエロ・デ・ロサ選手。ナポリ出身の30歳、MotoGPのGP125、GP250、Moto2などで活躍。2016年には、ほぼノーマルの車両で争われる世界選手権WSTK1000でS1000RRを駆ってチャンピオンに輝いています。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
03デ・ロサ選手は鈴鹿のコースにも、すぐに適応。さすが世界チャンピオンと唸らせる、スムーズでスピーディな走りを披露。もう一人のライダーのクリスチャン・イドン選手も、別の事前テストで来日し鈴鹿を走り込みました。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
04意見を交わす酒井選手とデ・ロサ選手。海外のチームで世界耐久選手権に参戦し、チャンピオン獲得経験もある酒井選手は、外国人ライダーとのコミュニケーションも問題ありません。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
05BMWのサポート体制は本格的、ドイツからレース部門のエンジニアも来日しチームに帯同。マシンのセットアップに協力しています。ファクトリーがバックアップすることで、S1000RRの速さはさらに増すことでしょう。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
06SSTクラスに参戦する#56 TONE RT SYNCEDGE4413。SSTクラスはホイールやブレーキといったパーツはノーマルを使用するなど、限りなくノーマルに近いレギュレーションで争われます。TONE RT SYNCEDGE4413はチームの目標にSSTクラス優勝を掲げ、これまでの全日本JSB1000を通してマシンを仕上げてきました。その成果に期待しましょう。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
07ライダーはS1000RRでの8耐は3年目となる児玉勇太選手、2013年からS1000RRで8耐参戦を続ける武石伸也選手、全日本ロードレース選手権ではJ-GP2マシンを駆る中本 郡選手の3人。同じチームで年間を通じて戦っているだけあり、チームワークは抜群です。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
08児玉選手にアドバイス中の武石選手。かつて日本人初の8耐ポールシッターを獲得し、ホンダやカワサキでワークスマシンをライディングした武石選手。現役のライダーであるとともに、チームのアドバイザー的な立場で後進の育成にも注力しています。
2017 鈴鹿8時間耐久ロードレース 直前情報2
09全日本JSB1000用のマシンに加え、8耐用にニューマシンを製作。SSTクラス優勝に向けての準備は万端。チーム力を考えれば十分に実現可能な目標だけに、是非とも達成して欲しいものです。

注目のアイテムはコチラ