VIRGIN BMW | BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーター 試乗インプレ

BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーター

  • 掲載日/2019年03月12日【試乗インプレ】
  • 取材協力/BMW Motorrad  取材・写真・文/小松 男

BMW C650GT 試乗インプレッション

メインバイクとしても活躍するのはもちろん
贅沢なセカンドバイクとしても魅力的

BMW Motorrad c650gt /BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーターの画像

今回C650GTを取り上げることにしたのは、私自身が最近大型スクーターを欲しくなってきているということもあった。それと言うのも現在大型バイク(R1100GS)を所有しメインで使っているのだが、東京という街はパニアケースを着けているとバイクの機動性が半減してしまう上に、パニアケースを外すと積載能力が無くなり利便性を損なうのだ。さらには駐車スペースに関してもGSサイズに対応しているところとなると限られてくるということもある。

元々は古くからビッグスクーターを乗り継いできたこと、どうせ乗るなら十分なパワーで快適なものが良いと最近物色しており、そこでC650GTを再検証することにしたのだ。きっと私のような考えを持っている方もいるのではないだろうか。

BMW Motorrad c650gt /BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーターの画像

結論から言うと、価格や装備、ブランドバリューの面などから総合的に考えると相応に良い。650cc、60馬力のエンジンは熟成されたCVTとピッタリとマッチングしており、どこからでも十分なパワーを得られるし、セミオートマチックのようなシフト操作機構の備わるモデルが多い中で、固定シフトとしているのはむしろ好感が持てるものだ。グリップ&シートヒーター、電動スクリーンそして大容量ラゲッジスペースなどの快適この上ない装備のため、私ならC650スポーツよりもC650GTを選ぶ。ただし一点言わせてもらうと、エンジン音が好みではないのだ。

BMW Motorrad c650gt /BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーターの画像

BMW Motorrad c650gt /BMW Motorrad C650GT /ツーリングやタンデムライドを見据えたマキシスクーターの画像

270度クランク2気筒エンジンは、スロットルを開くとダダダダーッと勢いよく加速してくれる。これを“元気が良い”とか“特有の鼓動感”などと捉えるというのも分かるが、スロットルオフにすると途端に静かになり、その時の静粛性がなんとも心地良いものなのだ。これは通常のミッション機構を持つ大型モーターサイクルのようにスロットル操作に気を使わずに、全開全閉を繰り返して走れるCVTオートマチック車だからこそ求めてしまう点である。なので、できれば終始モーターのような静かさの中走らせたいと個人的には思うのだ。

そうとなってくるとCエボリューションはEVでありモーター特有の強烈な加速も楽しめるので、あちらの方が良いかという欲が湧いてくる。熟成されたC650系か新しいC400系か、またEVという新たなスタイルのCエボリューションなのか、このように選ぶ幅が持たされたことで、悩んでいるときが最も楽しいのかもしれない。

C650GTの詳細写真は次ページにて
1234

関連する記事

ピックアップ情報