VIRGIN BMW | R1200R(2015-) 試乗インプレ

R1200Rの画像
BMW Motorrad R1200R

R1200R(2015-)

  • 掲載日/2015年04月21日【試乗インプレ】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  取材・文/TOMO  写真/山下 剛

BMW とともに進化してきた
伝統のロードスター

アーバンスポーツ R1200R の元をたどると、1991年に登場した R100R というシンプルな構造のロードスターにたどり着く。その当時は、古いタイプの2バルブ OHV ボクサーエンジン全盛期。R100R もそれを搭載したモデルで、BMW としては装飾等が少なく、プライスも抑えられ、街中や近距離のツーリングでも気兼ねなく使えるように作られていた。

その後、フロントにテレレバーシステムが採用されたり、4バルブエンジンが登場したりと BMW とともにロードスターは進化した。2003年には R1150R ロックスターというアクティブなイメージのモデルが追加ラインナップ。それ以降、BMW のロードスターにはスポーティなモデルも用意されるようになっている。

ボクサーエンジン搭載のロードスターの車体レイアウトは、排気量 1,200cc&DOHC ヘッドになっても大きく変わることはなかったが、空水冷エンジンとなった 2015年、フロントにダイナミック ESA 付き倒立フォークを採用するなど、その様相を大きく変えた。

R1200Rの特徴

R1200Rの画像

テレレバーに代えて
テレスコピック式フォークを採用

2015年3月に発売された新型 R1200R は、モデルチェンジというよりニューモデルと言えるほどの進化を果たした。エンジンは空水冷の DOHC で、R1200GS/R1200RT と同系列になった。そしてフロントのサスペンション方式をそれまでのテレレバーから一般的なテレスコピック式の倒立フォークに変更。これに伴って、フレームもステアリングヘッドまわりを大きく変更した。以前の R1200R とも、R1200GS/R1200RT とも異なる新設計である。

R1200Rの画像

テレレバーには、過大なピッチンングやブレーキング時のノーズダイブを抑える能力があった。それを変更した理由は、セミアクティブとなった最新世代のダイナミック ESA(電子調整式サスペンション)の採用だ。これにより、テレスコピック式フロントフォークを使っても、同様の効果を得られるようになったという。実際の効果のほどは、後述の試乗インプレッションでお伝えしよう。

R1200Rの試乗インプレッション

R1200Rの画像

イージーでパワフルな
空水冷ボクサーとダイナミック ESA

最初に乗った印象は、とにかく軽いということ。排気量相応のどっしりとしたボリュームは感じない。車格はそれなりにあるものの、まるで 250cc クラスのバイクのようだ。フワフワとしていて、さもすると接地感も忘れそうな軽さで騙されそう。それでいてパワフルだ。もちろん乗ったことはないが、西遊記に登場する『キン斗雲』という表現が思い浮かんだ。

92kw(125PS)の最高出力と 125Nm の最大トルクを発生させる排気量 1,169cc の空水冷水平対向2気筒エンジンがスーッとストレスなく吹け上がる。どこまでも乗っていこうとするスピードは、体が置いていかれそうなくらいなのに、乗り手をつい油断させてしまいそうな乗り心地の良さと滑らかさがある。

新型 R1200R の最大のトピックであるテレスコピック式フロントフォークとダイナミック ESA の組み合わせには、先に行われたメディア向け発表試乗会で多くのライダーが「ふつうのフロントフォークになって、自然に扱えるようになった」と言っていた。

R1200Rの画像

私は日ごろ、テレレバーとよく似た構造のデュオレバーを採用する K1300R に乗っているため、以前の R1200R にまったく違和感がなかったから、かつての不自然さがわからない。しかし、新しい R1200R が自然にフットワークするのはよくわかる。

ワインディングでの細かな切り返しも、ヒラリヒラリと素直に軽く舞う。フワフワというと、バネが柔らかすぎるといった誤解を与えてしまいそうだが、地面からほんの少しだけ浮いたところを、スーッと流れていくリニアモーターカーみたいなイメージだ。少しばかり路面が荒れていてもそう感じるのは、やはりダイナミック ESA のおかげだろう。

R1200Rの画像

これは S1000R や 2015年の S1000RR に装備されている DDC(ダイナミック・ダンピング・コントロール=電子制御セミアクティブサスペンション)と同じように、路面状態や加減速、リーン・アングル・センサー付き DTC(ダイナミック・トラクションコントロール)、ABS などの情報をもとに、状況を瞬時に判断して減衰調整を行うもの。

R1200GS のダイナミック ESA よりも DDC に近く、多くの情報をもとに減衰を変えてくれる。だから、凹凸を越えても硬く感じず、コーナリング中はビシッと決まる。ワンセッティングのままでも自動で減衰力を常に変化させてくれているから、日本仕様のローシートで長時間乗っても、お尻が痺れない。でもこのローシートはステップとの距離が近くて、長く乗っていると、私の場合はヒザが少しきつくなる。

R1200Rの画像

また、この R1200R には『レイン』『ロード』の走行モードに加え、『ダイナミック』『ユーザー(カスタマイズ可能)』を合わせたライディングモード Pro を標準装備している。ダイナミック ESA も『ロード』と『ダイナミック』のダンパーセットにそれぞれ『一人乗り』『一人乗り+荷物』『ニ人乗り』のプリロード変更をかけ合わせられる。一台であれこれできて快適な “欲張りバイク” と言えそう。

軽くて気兼ねなく普段使いできるビッグバイクで、どこを走っていても楽しくて快適。そして、とにかくイージー。プライスも抑えられているし、この親近感は魅力だなぁ。

R1200R プロフェッショナル・コメント

前モデルのオーナーである私は
本気で乗り換えたくなる

空冷 DOHC エンジンの R1200R オーナーである私にとって、新型 R1200R の登場は楽しみでした。まず外観ですが、以前のモデルの後継機と思えないほどスタイリッシュな印象を受けました。そして跨ってみると、足つき性の良さにビックリさせられます。シート高は低く、両足がベッタリと着き、非常に安心感があるのです。

走りは、加速が非常にスムースで、フロントヘビーだった空冷モデルと比べてかなり軽くなった印象です。スイスイと車両を扱うことができました。ワインディング走行でも、ギアシフト・アシスタント Pro とダイナミック ESA のおかげで、スロットルを思いきり開けてもフロントが浮くことなく、しっかりと路面に吸い付きます。まるで自分のライディングテクニックが上がったかと勘違いするほどの乗り味ですね。

また、クルーズコントロールも装備されているため、手首が疲れることなく長距離走行ができます。オプションで高さのあるスクリーンを付ければ、より快適になりますよ。新型に乗ってみて、本気で乗り換えたくなりました。自信を持っておすすめいたします。(モトラッド香川 桑島 晃平さん)

取材協力
住所/香川県高松市春日町211-1
Tel/087-843-5566
営業/10:00-19:00
定休/水曜

R1200R の詳細写真

R1200Rの画像
ヘッドライトの形状が変更され、ガラリとイメージを変えたフロントマスク。新型 R1200R は仕様の違いで3モデルあり、ウインドスクリーン(スポーツクリアシールド)が標準で付くのは STYLE 1 のみ。
R1200Rの画像
ライト・ホワイトの燃料タンクに『R』の文字がデザインされているアクティブなイメージのモデルは STYLE 1(スポーツ)。装備仕様の違う3モデルでそれぞれカラーリングも異なる。
R1200Rの画像
燃料タンク容量は 18 リットル。そのうち、リザーブは4リットル。STYLE 1 と、サンダー・グレー・メタリックの STYLE 2(エクスクルーシブ・スポーツ)には、手前部分にステンレスのタンクカバーが付く。
R1200Rの画像
ライダーとパッセンジャーのシートはセパレート式。日本仕様に付く『フロントシート』は低く設計されており、足つきは良いが、乗車時はヒザの曲がりが窮屈に感じる。個人的には『フロントハイシート』に交換したいところ。
R1200Rの画像
コルドバ・ブルーのスタンダードモデルと、STYLE 2 には装着されないエンジンスポイラーは、スポーティな STYLE 1 のみに付く装備。
R1200Rの画像
シャープなデザインのテールランプは、非常にコンパクトだが、被視認性に優れている。日本仕様は、ウインカーがすべて LED となる。
R1200Rの画像
車体の軽さと、リアフレームに手がかけやすいことによって、標準装備されるセンタースタンドは軽々とかけられる。
R1200Rの画像
グラブハンドル付きのラゲッジキャリアは、日本仕様のすべてのモデルに標準装備されている。トップケースはオプション設定となる。
R1200Rの画像
以前はオプション設定だったサイドパニアケース装着用のマウントブラケットも、日本では標準装備になった。ただし、パニアケースはオプション。
R1200Rの画像
エンジンの冷却方式が空冷から空水冷になったことに伴い、それまでテレレバーシステムのあった位置に大型のラジエターを配置。熱気が直接ライダーに当たらないように設計されている。
R1200Rの画像
2013年の R1200GS から順次、使われてきている空水冷フラットツインエンジン。低速域の滑らかさ、中域から高回転域の力強さと伸びの良さは、世代の違いを一瞬で感じられる。最高出力は 125PS。
R1200Rの画像
空冷から空水冷になるにあたり、以前のモデルでは左側だったサイレンサー位置を右側にレイアウト変更。コンパクトでスタイリッシュなデザインになった。
R1200Rの画像
新しく採用されたテレスコピック式の倒立フロントフォーク(45mm 径)。ダイナミック ESA のコントロールピストンは、左側のフォークに内蔵されている。
R1200Rの画像
フロントブレーキディスク径は 320mm。ブレーキキャリパーのカラーは、スタンダードモデルではブラック、STYLE 1 と STYLE 2 はゴールドとなる。ABS はオン/オフ可能。
R1200Rの画像
リアのダイナミック ESA はダンピングとプリロードを自動調整する。リアショック上部についている横向きの黒い円柱状のものは、プリロード調整用のモーター。
R1200Rの画像
シャフトドライブのリフト現象を抑える BMW 伝統のパラレバー。これによってチェーンドライブと同じように滑らかな加減速が行える。空水冷エンジンでは車体の左側にレイアウトされる。
R1200Rの画像
液晶メーターパネルは、速度のデジタル表示やエンジン回転数と選択モードの表示など、必要な情報や好みに合わせて3つの表示スタイルを選べる。なお、これは『Style 0』の表示パターン。
R1200Rの画像
設定変更やメーター表示の切り替え、クルーズコントロール、オプションのナビを操作できるダイヤルなど、操作は左側に集中。右側はキルスイッチ一体型のセルボタン、ライディングモード Pro とグリップヒータースイッチ。

注目のアイテムはコチラ