VIRGIN BMW | ブレーキの点検 R1100/1150GS基礎メンテ

ブレーキの点検

  • 掲載日/2011年12月06日【R1100/1150GS基礎メンテ】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.51 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

R1100/1150GS 基礎メンテ【ブレーキの点検】編

R1100/1150GS基礎メンテの画像

1100系フロントブレーキ

おなじみのブレンボ4ピストンキャリパー。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

1150系フロントブレーキ

1150の後期からトキコ製キャリパーも採用されている。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキパッドの点検

パッドの残量の点検はしやすい。なお、ブレーキパッドは社外品が出回っているが、中にはGSの重量(+荷物)と、1150後期サーボブレーキに対して相性が悪いものが見受けられるので注意しておきたい。純正でもノーマルとサーボブレーキでは、パッド形状は同じでも素材を変えてあるのだ。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

パッドの磨耗度

新品(下)との残量の比較。ブレーキパッドが磨耗すると、ヒートマス(熱容量)が低下し、過熱によるフェード現象やベーパーロックの原因となる。また、発熱により磨耗スピードも速くなる。1/3程度が交換時期と考えたい。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

リアブレーキキャリパー

リヤは1100/1150系とも基本的に同じブレンボ片押し2ピストンキャリパー。これも、ノーマルとサーボブレーキではパッドの素材が異なる。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

リアブレーキパッドの点検

完全に使用限度を通りこして、裏の鉄板とブレーキディスクが接触寸前。GSに限らずBMWユーザーはリヤブレーキの使用頻度が高いようだ。フロントより先に減ることが多い。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

パッドの使用限界の確認

パッド裏の鉄板には穴が開いており、磨耗限界に達するとディスクが見えるようになっている。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

リアブレーキパッドの交換

新品パッドは角の面取りと表面の平面出し、鳴き止め対策を施す。ピストンを押し込む前にピストンと周辺を洗浄し、スライドピンのグリスアップとスライドの点検。また、必ずリザーブタンクのキャップを開け、レベル点検とダイヤフラムの手直しを行なわないと、ブレーキ引きずりの原因。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ディスクローターの点検

ディスクの放熱兼水切り穴にブレーキ粉が詰まっている。良いことはひとつも無いので、細い棒ヤスリで掃除する。なお、ブレーキディスクの磨耗限度は、1100/1150系いずれも前後ともに4.5mm。新品状態では5.0mmである。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキホースの点検

ブレーキホースは定期交換部品。これは漏れが発生しているが、重要保安部品なので、こうなる前に交換したい。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキホースの交換

どうせ交換するなら、ステンメッシュのホースもある。これは社外品で、交換を機会にすべて入れ替えてみた。キット販売されていないので、すべて作成した。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキホースの取り回し

GSはハンドル切れ角やサスストロークが大きいうえに取り回しが複雑なので、角度や長さには気を遣う。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

マスターシリンダーの点検

1100系のフロントブレーキマスターシリンダー。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ゴム系パーツの点検

下からゴムブーツをめくって、漏れをチェックする。1100の前期型は腐食しやすい。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

マスターシリンダーの交換

腐食してフルードが漏れ出したマスターシリンダー。ここまで腐ると交換するしかない。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ダイヤフラムの点検・その1

これは1150のマスターシリンダー。BMWに限らず、マスターシリンダーのキャップ裏にはガスケットを兼ねたゴムのダイヤフラムが付く。パッドの磨耗につれてフルードレベルが下がっても、ダイヤフラムが変形することで、リザーブタンク内が負圧にならない(正圧を保つ)しくみだ。ところが、ダイヤフラムの変形度合いにも限度があるので、リザーブタンク内の正圧を保ちにくくなる。定期的にキャップを開けて変形を直してやる。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ダイヤフラムの点検・その2

リヤ側のキャップも同様。なお、パッド磨耗によってレベルが下がるのは正常なので補充の必要はない。中途半端に補充すると、パッドを新品に交換した際にピストンが押し戻されるのでリザーブタンクからフルードがあふれ、面倒なことになる。よほどレベルが低くないかぎり、ブレーキフルードの補充は必要ない。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。