VIRGIN BMW | K1(1989-) 年式別モデルカタログ

K1(1989-)

  • 掲載日/2010年02月08日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K1(1989-)のモデルカタログ写真

K1(1989-)

近未来を走る
BMW初のスーパースポーツ

K100シリーズのエンジンユニットをベースに、2バルブから4バルブへと進化させた水冷4サイクルDOHC4バルブ水平縦置き4気筒987ccエンジンを搭載し、1989年に登場したBMWとしては初となるスーパースポーツモデル。4バルブ化と同時にエンジン制御システムも進化し、DME(デジタル・モーター・エレクトロニクス)の採用によってより高いパフォーマンス、鋭いスロットル・レスポンス、燃焼効率などが飛躍的に向上、最高出力は余力を残したまま100馬力まで引き上げられた。パワーの向上にともなってブレーキシステムも強化。フロントには異型4ピストン・キャリパをダブルで装備し、オプションで市販モーターサイクルでは世界初となるABSを装備可能。リアサスペンションにはGSで高い評価を得たパラレバーをオンロードモデルとしては初採用。その近未来的なスタイリングが連想させる通り、ツアラーではなく明らかにスポーツモデルとして開発。車体をフルカバードするフェアリングは空力学的に徹底的に計算し尽され、モーターサイクルの新たな概念であるエアロダイナミクス・システムを実現。ハイスピード・クルージングの安楽性は従来モデルとは比較にならないほど高められ、容量約6Lのリア・コンパートメントを装備していることから、BMWのスーパースポーツは、やはり根底にツアラーとしての性質が垣間見える。大きなキャンバスとも言えるサイドカバーには、高速巡航時に車体にダウンフォースが働き、フロントサスペンションがボトムすることで「K1」 ロゴがピタリと合わさる粋なデザインとなっている。4輪モータースポーツの世界で培ってきた4気筒16バルブ・テクノロジー、エンジン・マネジメント・システムなどが余すことなく注ぎ込まれたK1は、エンジン・メーカーとしてスタートしたBMWの傑作モデルであり、精密で官能的な機能美は、今なおライダーの心を魅了する。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
167万円182万円(ABS装備車両)
生産期間
1989~1993年
エンジン形式
4ストローク水平直列4気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
987cc
ボア×ストローク
67×70mm
最高出力
100ps / 8,000rpm
最大トルク
100Nm / 6,750rpm
圧縮比
11.0 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(モトロニック)燃料カットオフ機能付
クラッチ
機械式・乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.50 / 2.96 / 2.30 / 1.88 / 1.61
ファイナルレシオ
2.75 : 1
点火方式
モトロニック
オルタネータ
460W
バッテリー
12V-25Ah(MF)
全長×全幅×全高
2,230×875×1,210mm
ホイールベース
1,565mm(空車時)
シート高
780mm(空車時)
燃料タンク容量
22L
車両重量
258kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
240km/h以上
燃費(90km/h定速走行時)
23.8km/L
燃費(120km/h定速走行時)
20.0km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
高剛性軽量スチール製チューブ・フレームエンジンブロックをフレームの一部として使用
フロントサスペンション
テレスコピック・フォーク
フロントホイールトラベル
135mm
リアサスペンション
BMW Motorradパラレバー(モノショック)アルミキャスト・シングルスイングアーム
リアホイールトラベル
140mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
BMW Motorrad ABSフローティングダブルディスク(305mm)4ピストンキャリパ
リアブレーキ
BMW Motorrad ABSシングルディスク(285mm)2ピストンキャリパ
ブレーキパッド
焼付メタルパッド
ホイール
U字断面3本スポークアルミ製軽量アロイホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
4.50-18
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR17
リアタイヤ
160/60 ZR 18

Kヒャク4バルブ

1983年に登場した初期のK100(2バルブ) エンジンユニットをベースに、4バルブへ進化させた排気量987ccの水冷4サイクルDOHC4バルブ水平縦置き4気筒エンジン。1989年に登場したK1から搭載され、1990年にはK100RS-4Vにも搭載される。しかしその後のKシリーズには、この4バルブエンジンからさらに排気量を1093ccへとスープアップしたK1100シリーズへ移行したため、初期のK100シリーズ4バルブエンジンを搭載するモデルはK1とK100RS-4Vのみ。4バルブ化と同時にエンジン制御も進化し、F1の世界で培われ、4輪エンジンで成功を収めたDME(Degital Motor Electronics) をモーターサイクルとしては初めて搭載する。それによって最高出力が100psへと引き上げられただけでなく、燃焼効率の向上も図られ、パフォーマンスの向上と経済性を両立。後のK1100/K1200シリーズに搭載される『縦K』エンジンの礎となった。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報