VIRGIN BMW | ほぼ毎年発表される「リコール」って、どういう意味なのでしょうか? BMWバイクQ&A

ほぼ毎年発表される「リコール」って、どういう意味なのでしょうか?

  • 掲載日/2010年11月27日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/BMW Motorrad アフターセールス サービス プロダクト&テクニカル インフォメーション コーディネーター 平野 司さん
BMWバイクQ&Aの画像

メーカーがユーザーと国に対して行う
使用者の安全確保などのための義務です

ユーザーの皆様へご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今後も制度の適切な運用と情報提供を通じて、使用者の安全確保及び公害防止に努めてまいります。

さて、そもそも「リコール」とはどういうことなのか? 「リコール」以外にも「改善対策」や「サービスキャンペーン」など、次のように分けられておりますので、ご紹介いたします。少しかたい文章ですが、ご了承下さい。

リコール

リコール届出とは、同一の型式で一定範囲の自動車又は特定後付装置について、道路運送車両の保安基準(国土交通省令)に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態であって、かつ、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、保安基準に適合させるために必要な改善措置を行うものをいいます。

自動車メーカー等がリコール届出を行う場合には、道路運送車両法の規定により不適合の状態、その原因、改善措置の内容等をあらかじめ国土交通大臣に届出を行うことが義務付けられています。その後ユーザーに対して通知し、早期に改善措置を行うことが義務づけられています。

改善対策

リコール届出と異なり道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全確保及び環境保全上看過できない状態であって、かつ、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、改善のための措置を行うことをいいます。

サービスキャンペーン

リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、安全確保及び環境保全とは直接関係のないものについて、必要な改善措置を行うことをいいます。

ドイツ本国では、全世界からの品質情報や社内での品質テストの結果から、市場措置に関する決定が行われます。日本ではドイツ本国からの情報に基づき内容を精査します。その後、国土交通省へリコールの申請を行い、届出に至ります。

もし自分のBMWがリコールに該当している場合、購入ディーラーよりお客様へ連絡が入ります(連絡が遅れている場合は購入されたディーラーへご連絡いただき、入庫の予約をお願いします)。入庫状況および作業に時間がかかる場合、お客様の車両を預からせて頂くこともございますので、購入ディーラーとの調整をよろしくお願いいたします。可能な限り早急に改善作業をお受けください。内容にもよりますが、リコール該当モデルだからと言って「もう乗れない」ということではございませんので、ご理解ください。

BMW Motorrad の安全に対する配慮は、以下の4つの方法でお伝えしております。

  • 1. ライダーズマニュアル:製品の特徴と安全に関する説明と重要なお知らせ
  • 2. 納車説明:販売時または入庫時の説明
  • 3. セイフティーブック:安全に関する重要なお知らせをまとめた冊子(2009年6月より車両に同梱)
  • 4. 警告ラベル:販売時に車両本体へ貼り付け

セイフティーブック(BMW Motorrad Safety Book)は、弊社ホームページのServiceの中より無償でダウンロードすることが出来ます。これにはちょっとした諸注意、知っていることで事故を未然に防げる情報や、モーターサイクルを扱う上で守るべき、基本的なマナーについても触れております。さらに、知っておくと役に立つ事柄や注意事項も網羅しました。ぜひ一度ご覧いただけますよう、お願いいたします。

また、ビー・エム・ダブリュー株式会社が国土交通省に届出たリコール、改善対策に関するお問い合わせは BMW Motorrad 正規ディーラー、または BMW カスタマーサポート(フリーダイヤル:0120-55-3578)でもお受けいたします。

※ BMW Motorradのカスタマーサポート受付は、平日9:00 – 18:00(土日祝日休み)となりますので、ご了承ください。

注目のアイテムはコチラ