VIRGIN BMW | 第25回 R1200ST バック&オプション R1200RT・R1200ST編

第25回 R1200ST バック&オプション

  • 掲載日/2012年10月24日【R1200RT・R1200ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.29 (発行:2005.05.14) 「ディーラーメカニックが解説する R1200RT / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像

今回取り上げるのは、R1200RT と ST である。ここでは装備品が多い R1200RT をメインに、通称 PDI (Pre-Delivery-Inspection:納車前点検) 作業に加えて、新規採用されたメカやディテール、メインテナンス情報をできるだけ分かりやすく解説していく。オーナーおよびオーナー候補の方々も参考にされたい、ディーラーメカニックだけが知り得るニューモデルの細部を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
ST 専用のタンクバッグ。容量は 13 リットルだが、さらに 20 リットルまで拡張可能。小型 12 リットルのタンクポーチも設定される。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
オプションのパニアケースは基本的に RT と同じ 32 リットル。アウターが黒のツヤ消し処理となる。ブラケットは標準装備。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
キャリア兼トップケースホルダーは日本仕様標準装備。PDI で取り付けるのだが、ものすごく頑丈で重い。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
オプションのトップケースは 28 リットル。RT 用の 49 リットルサイズが付きそうだが、設定上は付かない。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
フル積載状態。総量 112 リットル。全幅(パニア幅)は RT と同じく 980 ミリとなる。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
RT 同様、標準車載工具は必要最小限。従来の大量の工具とパンク修理キットは、値下げと軽量化のためオプション扱い。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
センタースタンド用グリップは旧 RS と同じ位置にある。リッターバイクとしては異例に軽く立つ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
バッテリーはシート下。シールドバッテリー採用。容量 14AH だから、GS の 12AH より大きく、RT の 19AH より小さい。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報