VIRGIN BMW | 第8回 フレーム・サスペンション S1000RR編

第8回 フレーム・サスペンション

  • 掲載日/2012年03月16日【S1000RR編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.52 (発行:2010.09.15)「最新 BMW を世界一詳しく徹底解剖 BMW マイスターが解説する S1000RR テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

S1000RR編分解レポートの画像

久々に過去のいかなるモデルとも関連性を持たない、まったくのニューモデルの登場である。1000cc スーパースポーツという各社のフラッグシップがしのぎを削るカテゴリーゆえに、今まで BMW に興味が無かった層の注目度も非常に高い。今回はそのメカニズムを中心に、世界一細かく S1000RR を解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

S1000RR編分解レポートの画像
メインフレームはアルミ鋳造のツインチューブタイプ。
S1000RR編分解レポートの画像
インナーチューブ径 46mm の倒立型フォーク採用。プリロード/伸び/縮みダンパーの調整が可能なフルアジャストタイプ。
S1000RR編分解レポートの画像
メーカーはイタリアの SACHS (ザックス) 社製。オプションでオーリンズ社製が用意される。フォークオイル量は 602cc。数値としての油面設定なし。グレードは SAE7.5。
S1000RR編分解レポートの画像
フロントサスペンションのセッティング。外側のダイヤルがプリロード。リバウンド (伸び) 側のダンパーは中心のスクリューで行う。
S1000RR編分解レポートの画像
コンプレッション (縮み) 側のダンパー調整はフォーク下部のスクリューにて。
S1000RR編分解レポートの画像
ダイヤルは車載工具、スクリューの調整はイグニッションキーの先端で行う。
S1000RR編分解レポートの画像
リアサスペンションのセッティング。
S1000RR編分解レポートの画像
ユニット上部。車体との取りつけ位置は2段階に設定可能。通常はこの位置。
S1000RR編分解レポートの画像
下部は最近の BMW にしては珍しいリンク式。
S1000RR編分解レポートの画像
プリロード調整は、ロックボルトを緩めてリングナットを回して行う。リングナットレンチは車載工具内。
S1000RR編分解レポートの画像
コンプレッション (縮み) 側のダンパー調整はユニット上部。外側のダイヤルがショートストローク (高速域) 用。中心のスクリューはロングストローク (低速域) 用。
S1000RR編分解レポートの画像
リバウンド (伸び) 側のダンパー調整はユニット下部のスクリューにて。セッティングの方法は、取り扱い説明書に詳しく説明されている。

注目のアイテムはコチラ