VIRGIN BMW | 第5回 車体 C600Sport・C650GT編

第5回 車体

  • 掲載日/2014年03月03日【C600Sport・C650GT編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.62 (発行:2013.03.15)「ディーラーメカが解説する C600Sport & C650GT テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像

ついに登場したCシリーズは、意欲作だった C1 以来となるスクーターだ。これまでの BMW モデルとは一線を画し、アーバン・モビリティという新カテゴリーに投入されたCシリーズを、例によって世界一細かく解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
Cシリーズのフレームは、ブリッジタイプと呼ばれるスチールパイプフレーム。Sport と GT は見た目の(スイッチとグリップ以外)共通部品はないが、エンジンをはじめとした車体関連はすべて共通部品である。車重は Sport:231kg/GT:243kg と差はあるが、その理由は GT の電動スクリーン関連部品だろう。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
フューエルタンクキャップはシート前側に。メインキーの操作でリッドを開閉できる。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ライダー真下に配置される容量 16L のスチール製燃料タンク。残量が3L になるとメーターに残量警告が表示される。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
バッテリーへのアクセスは簡単。Sport は3本、GT は4本のビス留めの右パネル内に設置される。12V 12AH のシールドタイプで、ごく一般的なサイズ。メーカー問わず入手には困らないはずだ。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ヒューズやリレー類、前述したエアフィルターも同じパネル内なので、整備性は非常に良い。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ハンドルバーのカバー内にナビ用の電源コネクターが見える。BMW は一部車種を除いて CAN-Bus という電気システムを採用しているが、知識なく電気系アクセサリーを追加すると、故障の原因となるので注意すること。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
スロットル操作は一般的なケーブル式スロットル。E- Gas と呼ばれるライドバイワイア(電気式スロットル)システムは採用されず。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
サイドスタンドを降ろすと、エンジン始動が不可能となると同時に、前述した後輪のパーキングブレーキが作動する。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
センタースタンド操作はとくに軽くも重くもないが、スタンド位置はやや後ろ寄り。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ボディパネル固定は T25 のトルクスビスで統一されている。一般的なスクーターはコストダウンと生産性向上のため、『はめ合わせ』であることが多いが、BMW は他のシリーズも含め『ビス留め』が多用されている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
エンジン周辺には騒音遮断と断熱目的の吸音材が張り巡らせてある。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
【C600Sport】 全長 2,155mm、全幅(ミラーあり/なし)877/790mm、全高 1,378mm、ホイールベース 1,591mm、シート高 810mm、乾燥重量 231kg、DIN 車両重量(燃料 90%充填)249kg。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
Sport には単独した折り畳み式のタンデムステップが装備される。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
Sport のミラーは、いたってシンプル。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ハンドルは樹脂パネルに覆われているが、本体はスチール製のパイプハンドルである。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
スピードメーター以外はデジタルディスプレイ。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ヘッドライト上部にはポジションランプを備える。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
キーオフ後でも 30秒は消えずに周囲を照らす、ウェイホーム機能という仕組み。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
テールライト・ブレーキライト・ウインカーは LED。ナンバー灯は普通の電球を使用する。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
Sport ではフロントウインカーは LED でボディマウントされる。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
【C650GT】 全長 2,218mm、全幅(ミラーあり/なし)916/822mm、全高 1,411mm、ホイールベース 1,591mm、シート高 780mm、乾燥重量 243kg、DIN 車両重量(燃料 90%充填)261kg。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
タンデムステップは、ステップボードの延長にある。ライダー側のステップボードも Sport より自由度が大きい。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
別体のミラーガラスが可動する仕組み。前面には LED ウインカーが内蔵される。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
GT のハンドルは Sport より幅広く、手前に引かれている。ステップボードやシートの位置関係も異なるので、両車のライディングポジションは極端ではないが別物である。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
Sport と同じメーターだが、異なるデザインのカバーに変えている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ヘッドライトは、右が常時点灯のロービームで左がハイビーム。H7 規格のハロゲンバルブを使用。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ヘッドライト中央には常時点灯の LED ポジションランプ。これもウェイホーム機能をもつ。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
テールライト・ウインカーは LED。ブレーキライトとナンバー灯は普通の電球使用。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ミラー内蔵ウインカーは LED。

分解レポート C600Sport・C650GT編 メニュー

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報