VIRGIN BMW | 第6回 シート C600Sport・C650GT編

第6回 シート

  • 掲載日/2014年03月10日【C600Sport・C650GT編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.62 (発行:2013.03.15)「ディーラーメカが解説する C600Sport & C650GT テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像

ついに登場したCシリーズは、意欲作だった C1 以来となるスクーターだ。これまでの BMW モデルとは一線を画し、アーバン・モビリティという新カテゴリーに投入されたCシリーズを、例によって世界一細かく解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
シートロックの解除はメインキーを押して右回転。キーホール周囲にイモビライザー装備。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
両車とも、荷室内に LED 照明を標準装備する。キーオフ後でも 30秒間は使用可能。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
シートは前縁部を支点に開く。開閉やロックの感覚はしっかりしたもので、高級感がある。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
オイルダンパーが装備されるので、軽く持ち上がり、閉めるときも急に落ちない。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
車載工具はシート裏にバンドで固定されている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
リアサスペンションのプリロード調整フックが目立つ。外装部品は T25 のトルクスビスで統一されているので、車載工具で脱着できる。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
タンデム側のシートヒータースイッチはシート右側に配置されている。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
【C600Sport】 Sport のシートは GT より 30mm 高い。ただし、実際にまたがってみると両車の足着きには大差がない。大型スクーターはステップボードの幅が広く、真下に足を下ろせないので元々足着きは良くない上に、バンク角確保のため小径ホイールにもかかわらず地上高を確保しなければならない。ガソリンタンクやシート下スペースも必要なので総じて車高が高くなる。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
収納スペースはテールまわりの形状に違いにより、Sport は GT より後部が浅く幅も狭い。ヘルメット1個と小荷物なら入るといったところ。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
収納スペース内のロックレバーを操作する。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
レバーを操作するとフレックスケースと呼ばれる、折りたたみ式の拡張スペースが現れる。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
外から見た図。このスペースを下ろしているとエンジン始動はできない仕組み。あくまで停車中の予備スペースという考え方。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
【C650GT】 クッションの厚みはかなりあるが、フカフカではなくかなり硬め。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
座面は幅広で、先端に向かって細くなり足着きを助ける。両車のシートとも体格に合わせた『削りしろ』は充分にある。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
ストッパーは体格に合わせて3段階調整可能。これは一番後ろに下げた状態。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
一番前にするとこんな感じ。車載工具を使ってシート裏から調整する。
C600Sport・C650GT編分解レポートの画像
シート下収納スペースには、ヘルメットが2個入る。Sport よりテールまわりが大きいので幅も広い。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報