VIRGIN BMW | ニューモデル速報 C600スポーツ/C650GT(2012) トピックス

ニューモデル速報 C600スポーツ/C650GT(2012)

  • 掲載日/2012年11月06日【トピックス】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  取材・文/佐川 健太郎  写真/MOTOCOM
C600Sportの画像

ついに日本に上陸した C600Sport (左) と C650GT。11月9日(金)より全国の BMW Motorrad 正規ディーラー店舗に並ぶ。

都市型個人モビリティを実現する
BMWマキシスクーターついに上陸

BMW のマキシスクーター、C600Sport と C650GT がいよいよ日本に導入。2012年11月9日(金)からの販売開始に先立ち、プレス向け試乗会が開催されました。昨年のミラノショーでのデビューから1年、BMW が初めて手掛けるスクーター型コミューターということで期待が膨らみます。

今なぜマキシスクーターなのか。その問いに対する答えとして BMW は、世界の交通環境の急速な変化を挙げています。都市への人口集中とこれに伴う慢性的な渋滞の発生、駐車スペース不足、排出ガス増加、ガソリン価格の高騰など、今後ますます厳しさを増すであろう、これらの問題に対して、BMW は持続可能な個人のモビリティの実現を目指しています。そこで、BMW が新たな成長分野として取り組もうとしているのが「Urban Mobility (アーバン・モビリティ)」のカテゴリーであり、そのトップバーターとして登場したのが C600Sport および C650GT なのです。

C600Sport および C650GT は、BMW ならではの卓越した運動性能とスクーターらしい俊敏性と快適性を融合しているのが特徴です。そして、幅広いユーザーニーズに応えるため、2つの異なるタイプを用意しています。C600Sport は、スポーティな走りを好むライダー向けに開発され、運動性能を重視した軽量でスリムなボディと、スポーツマインドを刺激するデザイン、より鋭いエンジンレスポンスと軽快なハンドリングが持ち味となっています。一方で C650GT は、ツーリング性能と長距離走行における高い快適性を追求したモデル。タンデムも含めた快適な乗り心地を実現するためのライポジやシート、調整式バックレスト、高いハンドルバー、フットレストなどを装備。さらに、大型の電動制御式ウインドシールドを採用により優れた防風防雨性能を備えているのが特徴です。

ネーミングからすると排気量が異なるようですが、実は両モデルともエンジンとシャーシは共通です。新開発の水冷4スト並列2気筒 DOHC647cc ユニットは、クラス最強レベルの 44kW(60ps) / 7,500rpm、最大トルク 66Nm / 6,000rpm を実現。ただし、モデル毎のコンセプトに基づいて、エンジン特性はアレンジされているとのこと。駆動は滑らかで快適な加速をもたらす CVT (無段変速機) ギア・ボックスにより、スイングアームに内蔵されたチェーンによって後輪に伝えられる仕組みになっています。

シャーシには鋼管ブリッジ・フレームとアルミニウム・ダイキャスト・ユニットからなるハイブリッド素材を採用し、高速安定性と市街地での軽快なハンドリングを両立。サスペンションにはフロントに大径φ40mm 倒立フォーク、リアには左側水平配置によるサスペンション・ストラットを使用。ブレーキは前後ともφ270mm の大径ディスク (フロントはダブル装着) に ABS 標準装備としてハイレベルの安全性を実現しています。

BMW らしい革新的な機能も見逃せません。C600Sport はフレックスケースを車体後部のシート下に備え、用途に応じて収納スペースを変化させることができるし、C650GT は約 60 リッターのコンパートメントにヘルメット2個を余裕で収納可能となっています。また、サイドスタンド連動タイプのパーキングブレーキやマルチファンクション・メーターパネル、電動 (C650GT) または手動 (C600Sport) 調整式ウインドシールド、グリップ&シートヒーターなどを標準装備。豊富なオプション装備やカスタムメイドのアクセサリーも魅力になっています。

プライスも 110万円台ということで、国産ビッグスクーターを含めた同クラスのライバルと比較しても、十分リーズナブルな価格設定であるのも嬉しいところ。この装備とスペック、グレード感であれば、もしかしたらバイクからの乗り換えも進むかもしれませんね。

フォトTOPICS(写真点数/18枚)

C600Sportの画像
01スポーツ志向のライダーにおすすめの C600Sport は、シェイプされたスリムな外観が特徴。人間工学的にデザインされたライディングポジションが、よりアクティブなライディングを可能にする。トップケースなどのアクセサリーも豊富に用意されている。
C600Sportの画像
02両モデル共通のエンジンは、新開発の水冷並列2気筒 DOHC647cc。最高出力44kW (60ps)/ 7,500rpm、最大トルク 66Nm / 6,000rpm のクラストップレベルのパフォーマンスを発揮。下半分は駆動を伝える CVT (無段変速機) ギア・ボックス。エンジンは 70度前傾して搭載され低重心を実現。
C600Sportの画像
03スクーターで一般的なエンジン一体式のユニットスイング方式ではなく、モーターサイクル的なスイングアーム方式を採用。密閉式のケース内部にチェーンドライブ機構が収まる仕組み。
C600Sportの画像
04リアサスペンションはリンクを介さずスイングアームに直接マウントされる、いわゆるカンチレバー方式で、車体左側に水平配置することで広いトランクスペースを確保。プリロード調整機構付き。
C600Sportの画像
05C600Sport には世界初となる BMW フレックスケースを車体後部のシート下に装備。停車時のみ使用可能で、トランクルームのボトムが外れて蛇腹状に展開する仕組み。この状態ではエンジン始動できない安全装置付き。
C600Sportの画像
06トランクルームのボトムを閉じた状態でも、前部にはフルフェイス1個が収納できて、後部にもそこそこのスペースは確保されている。フレックスケースを広げれば、停車時にはヘルメット2個を収納可能。
C600Sportの画像
07スポーティな雰囲気の C600Sport のメーターまわり。最近の BMW ではお馴染みの、オンボードコンピュータ付きマルチファンクション・メーター・パネルを装備。タコメーターは液晶パネル左端にパラメーターとして表示される。
C600Sportの画像
08シンプルかつコンパクトにデザインされたテールセクション。テールランプとフラッシャーはセンスアップされた LED タイプ。BMW のロゴマークが効いている。
C600Sportの画像
09ツーリング志向のライダーにおすすめの C650GT は、ライダー&パッセンジャーの快適な乗り心地を重視したリラックスできるライディングポジションを設定。ゆったりとしたシートや調整式バックレスト、ハイ・ハンドルバー、パッセンジャー・フットレストなどの組み合わせにより、優れたツーリング性能と長距離走行における高い快適性を実現。
C600Sportの画像
10両モデルに共通の足回りは、フロントにφ270mm ダブルディスクブレーキ&2ポットキャリパーの組み合わせ。φ40mm 倒立式フォークと標準装備の ABS により、強力かつ安定したストッピングパワーを実現している。
C600Sportの画像
11片持ち式スイングアームを採用するリアセクションにも、フロントと同系のφ270mm シングルディスクブレーキを採用し確実な制動力を確保。ディスク下側に見える小型のキャリパーはサイドスタンド連動のパーキングブレーキ。
C600Sportの画像
12C650GT には電動制御式ウインドシールドを採用。しっかりとした剛性感がある大型シールドで防風防雨効果も非常に高い。C600Sport はよりコンパクトな手動タイプを装備。
C600Sportの画像
13カウル内側には左右にグローブボックスを装備。左側コンパートメントは奥にシガーソケットタイプの電源を装備し、フラップはハンドルロックと連動してロックされる仕組みとするなどセキュリティも考えられている。
C600Sportの画像
14C650GT のシート下に容量約60リッターのストレージ・コンパートメントを確保。フルフェイスヘルメット2個を収納してもまだ余裕がある。ソロなら1泊2日の旅支度が余裕で収まるはずだ。
C600Sportの画像
15シート下に燃料タンクを収納し低重心化を実現。フューエルリッドの開閉はイグニッション操作と供用で、キーを深く押し込んで回すとフラップが開く仕組み。逆に回すとトランクルームが開く合理的な設計になっている。
C600Sportの画像
16C650GT のコックピット。機能は C600Sport と同じだが、よりシックで落ち着いた雰囲気のデザインになっている。アナログ式速度計をメインに液晶パネルにはタコメーター、燃料残量、オド、トリップ、平均速度、瞬間燃費、平均燃費、気温、時計などを表示。モードはグリップ部分のボタンで切り換え可能。
C600Sportの画像
17LED がバックミラーに埋め込まれた C650GT のフラッシャー。4輪高級車のようなグレード感が魅力だ。
C600Sportの画像
18C650GT はゴージャス感漂うテールセクションが特徴。エンジン停止後 30 秒間、ポジションランプが点灯して前方を照らし続けてくれる、ウェイホーム機能を搭載 (C600Sport も同様) するなど、プレミアムスクーターにふさわしい豪華装備を誇る。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。