VIRGIN BMW | アルパインスターズ ノースショアテックフリース BMWバイク パーツ&グッズ紹介

アルパインスターズ ノースショアテックフリース

  • 掲載日/2009年11月17日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/アルパインスターズ テスター/田中 善介(バイクブロス) テスト方法/市街地?高速道路?ワインディングまで試用 テスト期間/1週間
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像

ALPINESTARS Northshore Tech Fleece

「チョットそこまでビーエムで」ウィンターシーズンに適した
アルパインスターズのカジュアル・テクニカル・フリース

レーシングシーンでは必ずと言って良いほど目にするアルパインスターズの“aスター”マーク。スーツやブーツ、グローブはもちろんだが、近年ではカジュアル・ラインの存在が際立っている。なかでも気になるのはこのフリース素材のウェア。軽く羽織って、寒風を感じながら青空の下を走り出してみた。

TRUE TEST !

見た目以上の実力アイテム

アルパインスターズは、レーシング・ウェアとレーシング・フットウェアのメーカーとして1963年以来、2輪のレース・シーンで安全性の高いウェアを供給し続けてきた老舗ブランドだ。現在はヨーロッパとアメリカを拠点に研究・開発を続けており、2輪ロードレースのみならず、オフロード、4輪などのモータースポーツ・シーンで、スピードやテクニックを競うライダー(ドライバー)が身につける信頼性の高いウェアとして、その地位を確立している。お馴染みの“aスター”マークはその証みたいなもの。個人的にもオフロード用フットウェアとニー・プロテクターを持っている。

2010年のモデル・カタログを見ると、競技用からシティ・ユースまでを含む「テクニカル・フットウェア」、ブランドイメージをカジュアル・ラインに反映した「モータースポーツ・カジュアルウェア」、そしてレーシング・シーンからツーリング、アーバン・ライドまで、それぞれのシーンに適した製品をラインナップする「テクニカル・アパレル」というカテゴリに分けられている。それぞれ1冊のカタログになっており、見ていてとても愉しい。なかでも「テクニカル・アパレル」には興味をそそられる。レーシングとは対極にあるシーン、たとえばツーリング、通勤や通学と言った用途に対して、全天候型のアパレル・ラインがとても充実しているのだ。

今回、実際に試用してみた「ノースショア・テック・フリース」は、ライディング用とは思えないライトなスタイリングで、アルパインスターズの「テクニカル・アパレル」を知るにはうってつけのアイテムだ。手に持った感覚だとフリース素材らしく軽量で、それにしては生地にコシがあるなぁという印象。フロントジップを上まで上げれば高い襟でアゴ下までしっかりカバーする。バイクに跨った状態では腰まで覆うよう、後ろ身頃は長くデザインされており、走行中、風の進入やまくれ上がることは無かった。気になる防風性能だが、アウターシェルとインナー素材の間にウィンドブレーカー・メンブレンをラミネート加工した3レイヤード構造が効いており、まったくと言って良いほど風を通さない。手長細身体型なので、袖丈に合わせてMサイズを選ぶと胴回りにはけっこうなゆとりが出来てしまうのだが、生地自体に適度なコシがあって、走行風でバタつくことは無かった。

カジュアルなルックスとは言っても、ライディング用にデザインされた、マテリアルにまで到る細部の設計には高い評価を与えたい。シンプルで過剰な装飾も無く、またさりげなく肩と肘にプロテクターを内蔵するなど、安全機能がデザインを邪魔しないところもセンスが良い。どこへ行くにもバイクに乗る以上は安全性や快適性を気にして然りだが、それもTPOに応じて使い分けるべき。「ノースショア・テック・フリース」は、気軽に羽織って街中をブラブラ歩いたり、天気が良ければそのまま高速道路経由でワインディングへ気晴らしに、なんてウィンター・ライドに適したテクニカル・ウェアだ。ちなみにカラーバリエーションは写真のブラックのほか、ダークグレイの2パターン。サイズはSから3XLまで。本国イタリアでも人気アイテムらしく、在庫は要確認のこと。(アルパインスターズ セールスルーム:043-202-0680)

テストを終えて

フリースなんて風がスースー通り抜ける保温用インナーウェア程度にしか思っていなかったが、このテック・フリースに備えられた防風性能はとても高い。風を通さず保温性に優れたソフトなアウターとして、冬の晴れ間にチョット街まで、そのままワインディングへ、なんて使い方にも耐える実力派だ。街中でヘルメットを持ち歩いても、決して大型バイクに乗っているなんて思われないギャップが、また良いと思う。

ココがすごい!

とにかく防風性能がスバラシイ。それに生地自体にしっかりとした張りと適度な硬さもあるので、高速道路でもバタつきが気になることはなかった。

ココがイマイチ

頭を動かすとき、角度によってハイ・カラー(高襟)があご下に干渉して煩わしさを感じた。意外としっかり立つ襟なので、それがかえって仇になっている気もする。

アルパインスターズ ノースショアテックフリースの詳細

アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
フード部分はジッパーで取り外し可能。普段着としてはあっても邪魔にはならない。高速道路走行中は若干後ろに引っ張られる気もしたが、外す外さないは好みレベルだろう。
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
ポケットは左右と胸部の3つ。いずれもジッパーで開閉する。右ポケットにはキー用のフックを内蔵。胸ポケットにはマイクロジッパーを採用し、すっきりとしたルックスに。
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
アウターシェルとインナーのフリース素材の間にラミネート加工されたウィンドブレーカー・メンブレンによって耐風性は相当なもの。相乗効果で保温性も高まる。
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
エルボーとショルダーにはPEフォームがインサートされている。フォーム形状に合わせたステッチもデザインの一部となっており、ゴツイ印象はまったく無い。
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
そのプロテクションは袋状のポケットに収納されており、洗濯の際などは簡単に取り外すことが可能。PEフォームは軽量・ソフトなプロテクションだ。
アルパインスターズ ノースショアテックフリースの画像
標準で装備されるPEフォームは、別売りの「Bioarmour」にアップグレードが可能。このフリースをインナーとして薄手のアウターを着用する、というコーディネートも。

注目のアイテムはコチラ