VIRGIN BMW | スティルマーティン ストーンレース BMWバイク パーツ&グッズ紹介

スティルマーティン ストーンレース

  • 掲載日/2009年11月25日【BMWバイク パーツ&グッズ紹介】
  • 販売/Stylmartin テスター/田中 善介(バイクブロス) テスト方法/市街地?高速道路で試用 テスト期間/1週間
スティルマーティン ストーンレースの画像

Stylmartin STONE LACES

WGPも戦ってきたイタリアン・メイドのライディング・ブーツ
老舗専門メーカー『Stylmartin』を履いてみる

人はまず足元を見られるもの。それはライダーも然り。操作性や快適性、安全性は当然のように備え、なおかつ“重くない”もの。そんなブーツを探していたらスティルマーティンに辿り着いた。モーターサイクル用ブーツメーカーとして1979年より続く、老舗メーカーのシティ・モデルを体感してみる。

TRUE TEST !

カジュアル・シーンでも履き倒せる

さかのぼると山岳用、登山用の靴を作っていた熟練の靴職人の集まりがメーカーの起源というスティルマーティン。現在でもその生産拠点は変わらず、イタリアでも有数の靴製造工場の都市として知られるモンテベルーナ(イタリア北東部ベネト州)で、伝統のクラフトマンシップは継承されている。モーターサイクル用ブーツの専門メーカーとなったのは1979年以降と言うから、まさにロードレース黄金期と共に、往年の名ライダーたちの足元でスティルマーティンの製品精度は高められてきたことだろう。

今回この『STONE LACES』に注目したのは、もちろんデザイン性に惹かれたところもあるが、身につけるもの全てにバイクに乗ることを前提としてしまう身としては、そのブランドのバックグラウンドや、実際に手に持ったときの感触で「コレだ」と思ったからに他ならない。

ライダーの足元に要求されるポイントは、じつはウェア以上に高いもの。つねに外気にさらされ、あらゆる環境に耐えつつも操作性を損なわず、長時間の使用でも不快感が無く、もしもの際は足元を保護してくれるものでなければならない。ただステップに足を載せているだけだと思ったら、それは大きな間違いだ。さらに、そこにデザイン性を求めてしまうから厄介なのだが、このブーツはそれら全てを平均点以上でクリアしていると思う。

ブーツを手に持ってグニグニ揉んでみると、レザーのしなやかさは一目瞭然。そもそもソファーや鞄など、高級レザー製品には一般的な、革本来の風合いと強度を持つフル・グレイン・レザーを採用しているので、弱い部分を補うためのパーツも必要無く、ソフトでシンプルなつくりとなっている。“いかにもライダー用”とならないデザイン・センスは、某有名アパレル・ブランドの仕事を請けていることも、多少は影響しているのだろう。それにスティルマーティンは日本人向けに専用の足型まで揃える数少ない海外ブーツ・メーカーで、実際に履いてみれば、甲の高さや幅に極端な違和感が無いことに気付く。ライダーのことを考えたモノヅクリへのこだわりが、そんなところにも伺える。

走行中の操作性は至極普通で、気になるところや不満が無いので、当たり前に良い。強いて評価ポイントを挙げるなら、厚過ぎないソール形状が絶妙。革自体に防水加工が施され、さらに透湿防水素材『ANTEX』がインサートされているので、日々の使用からツーリングまで、全天候型のライディング・ブーツとして、足元に煩わしさや不安を感じること無くライディングに専念出来る。バイクのタイプも選ばないので、今後は幅広く活躍してくれそうだ。このクオリティでこの価格、コストパフォーマンスはかなり高い。

テストを終えて

個人的にレースアップとジッパーを組み合わせたブーツは所有経験が無く、最初は着脱の際に若干戸惑った。しかし慣れてしまえば単なるレースアップやバックル留めのブーツより格段にラクチン。使用中もそれによる違和感は感じず、ライディング・ブーツとしての機能に不満は無かった。レザーのメンテナンスさえ定期的に行えば、ワーク・ブーツのように何年も使い続け、味のある1本になるかもしれない。

ココがすごい!

最初から柔軟なレザーの質感には感動。普通、ブーツは靴下を真っ赤に染めながら徐々に馴染ませていくものだが、このレザーにはそれもなさそうだ。

ココがイマイチ

ファスナーの上げ下ろしの際、防水のために装備されたインナーに引っかかってスムーズにスライド出来ないときがあり、それが煩わしさの一因に。

スティルマーティン ストーンレースの詳細

スティルマーティン ストーンレースの画像
ライディング・ブーツに変わりはないが“いかにもライダー用”という雰囲気は無く、どちらかと言えば“ミリタリー・テイストのファッション・ブーツ”のようなデザイン。
スティルマーティン ストーンレースの画像
ハイカット部は強化ナイロン素材のコーデュラ、内装にエアメッシュ素材を採用し、足首をソフトにホールド。透湿防水フィルム『ANTEX』を内蔵し、全天候に対応。
スティルマーティン ストーンレースの画像
レースアップでフィット感を調整し、サイドジッパーで着脱を容易にする。靴紐をベルクロが覆うことで車体への干渉を防ぎ、ジッパー部は水や走行風の浸入を防いでいる。
スティルマーティン ストーンレースの画像
視覚的な安全機能として、アキレス腱部分にリフレクターを装備。小さなものでも夜間走行時には後続車へライダーの存在を強烈にアピール。くるぶしにはプロテクション装備。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ