VIRGIN BMW | 【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説 BMWバイク モデル別ディテール紹介

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説

  • 掲載日/2017年04月01日【BMWバイク モデル別ディテール紹介】
  • Text & Photo / Ryo Tsuchiyama

STYLING/F700GS【2016】

GSと名乗るモデルの中で最もフレンドリーなF700GS。GSファミリーのDNAを引き継ぎつつも、万能選手としての魅力を放つスタイリングを掘り下げてみる

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

コンパクトなヘッドライト周り

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

ヘッドライトは先代から踏襲した異形ヘッドライトを採用する。クチバシ状のノーズデザインがアクセントで、現行モデルではボディパネルと黒樹脂の2ピース構造となっていて、デザイン的にはとても凝った形状と言える。

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

16年モデルからシュラウドカバーの一部にメッキ仕上げを採用。ボディサイドではデザイン上の大きなアクセントである。

低く構えた車体がスポーティ

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

撮影車は日本仕様のスタンダードであるローダウン仕様車。専用サスの採用でサスペンショントラベル(ストローク量)を減らしているので、低く這ったようなスタイル。リアからの眺めはスリムさが際立つ。大型サイレンサーも張り出しを抑えてレイアウト。

全モデルにローシートとガードを装備

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

スタンダードのシート高は765mm。ハイライン&プレミアムパッケージではローダウンサスを装備しないので、シート高は790mm(シート本体は同じ)となる。

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

シンプルなナックルガードは標準で装備される。

STYLING/F800GS【2016】

大径ホイールの採用など本格的オフ装備が光るF800GS。F700GSと基本を同じとするデザインではあるが、上位機種らしいディテールを備えている

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

オフロードイメージを強調したフロント周り

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

ヘッドライトユニットはF700GSと同一だが、その下のフェンダー形状は大きく異なり、フェンダー上に大きなスリットが設けられている。デザイン上でのアクセントでもあり、フェンダー裏への泥などの張り付きを抑える工夫とも見える。

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

ラジエーターサイドにはメッキ処理された大型のシュラウドを装備。外観上の大きなポイントとなっている。

大径ホイールの採用で車体は大柄な印象

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像
【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

21インチのフロントホイールを採用しているため、F700GSよりもひと回り大きく感じる。外装デザインが異なるのは車体の前半部分のみ。リアからの見た目の違いは、サスペンションストロークの違いによるテール高さの差異のみと言って良い。

ローシート

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

ローダウン仕様となるスタンダード車ではシート高820mmで、ハイライン・プレミアムラインではシート高850mmとなる。この違いはサスペンションセッティングによるもの。

専用デザイン

【F700GS&F800GS 徹底解説】スタイリング 詳細解説の画像

パネルに入る一体成型の模様はF800GS専用。

注目のアイテムはコチラ