VIRGIN BMW | 第11回 R1200RT シート R1200RT・R1200ST編

第11回 R1200RT シート

  • 掲載日/2012年09月19日【R1200RT・R1200ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.29 (発行:2005.05.14) 「ディーラーメカニックが解説する R1200RT / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像

今回取り上げるのは、R1200RT と ST である。ここでは装備品が多い R1200RT をメインに、通称 PDI (Pre-Delivery-Inspection:納車前点検) 作業に加えて、新規採用されたメカやディテール、メインテナンス情報をできるだけ分かりやすく解説していく。オーナーおよびオーナー候補の方々も参考にされたい、ディーラーメカニックだけが知り得るニューモデルの細部を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
シートクッションは旧型より固め。表皮の素材も変わった。経年変化による硬化を防いでいるようだ。日本仕様はロータイプが標準。オプションのハイシートとそれぞれにヒーター付きが設定される。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
シート高さ調整は二段階。設定方法は旧 RT と同じ。数字的な高さは変わらないが、やや細身であるのとサスペンションの初期動作が良く、実際の足つき性は旧型より良い感じ。シートにここまで凝る (コストをかける) メーカーは他にはない。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
リアシート。旧型より座面が高くなり、見晴らし良好。グリップも横まで回りこみ、持ちやすくなった。座面とキャリアは面一で、積載性能も向上。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ