VIRGIN BMW | BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「コマ図ツーリング」編 特集記事&最新情報

BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「コマ図ツーリング」編

  • 掲載日/2013年06月28日【特集記事&最新情報】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  撮影/VIRGIN BMW.com × BMW BIKES  文/VIRGIN BMW.com 編集部

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

GSの能力を最大限に引き出して遊ぶ
年に一度のビッグイベントが開催!

BMWが世界に誇るビッグオフ GS の能力を最大限に引き出すオフロード&キャンプイベント 『 BMW MOTORRAD GS TROPHY JAPAN 2013 』 が、今年も新潟県中魚沼郡津南町にて開催された。一昨年前まで『 BMW Motorrad Japan GS Challenge 』という名称で、コマ図ツーリングとスキルチャレンジを主軸としたBMW Motorrad Japanプロデュースのイベントだったが、そこに世界各国を代表するGS乗り同士で競われる世界大会『 INTERNATIONAL GS TROPHY 』の日本予選が加わり、名称もGS TROPHYに改められることに。

2年連続での新潟開催となった同イベント、もちろんコマ図ツーリングのルートは昨年から一新され、スキルチャレンジもインストラクター山田 純さん監修のもと、難易度もアップするなど、初参加の人も常連メンバーもフレッシュな気持ちで楽しめる内容に。またINTERNATIONAL GS TROPHYの予選コースについては、同じくインストラクターである三橋 淳さんが「世界で戦っていくために」と、かつてないほど過酷な設計を組んで参加者を迎え撃った。

今回はそんなGS TROPHY JAPANの模様を項目別にご紹介。さらにVIRGIN BMW.comで連載ブログを手がけてくれているモデルのTOMOさんが、F700GSに乗ってコマ図ツーリングにチャレンジ! その模様もお届けするなど、盛りだくさんのGS TROPHYレポート、存分にご堪能いただきたい。

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
今年も世界大会の日本予選が組み込まれたGS TROPHY JAPAN。GSならここまで遊びつくせる!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
今年も全国から300台近いGSが、ここ新潟・津南に集結。はたしてどんなドラマが生まれるのか。

コマ図ツーリング レポート

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

コマ図に記された暗号を読み解いて
さまざまな道をGSで走破していく!

コマ図ツーリングとは、地図を見ながら一般道を行く通常のツーリングとは違い、BMW Motorrad Japanがプロデュースした特別なルートを分岐ごとに「距離」「目標時間」「進路(図)」などにコマ割り記載された『コマ図』をもとにたどっていく探索型ツーリングのこと。BMW Motorrad GS Challengeのときから続く人気メニューで、本イベント参加者の一番の目的と言っても過言ではない。

ルートには国道から田畑のあいだを縫うような細い道はもちろん、ガードレールのなく標高も高い山中のワインディングや、石が転がる未舗装のダートなどさまざまなシチュエーションが盛り込まれており、日常では滅多に引き出すことがないGSの能力を存分に味わいながら楽しむという、文字どおりアドベンチャープログラムである。

コマ図に記されているのは最低限の情報にとどめられているので、トリップメーターを調整しながら周りの状況をよく観察し、ひとつずつ着実にクリアしていくことが完走のコツ。コマ図ツーリング初参加者だと、土地勘もないから戸惑うことも多く、ミスコースも起こりやすいが、仲間がいれば助け合えるし、まわりにいる同じGS乗りと協力しあって探索するのも新しい楽しみ方となるだろう。ある程度の時間制限もあるが、自分のペースで走りながら新鮮な景色を楽しめるコマ図ツーリング、GS乗りなら必ず楽しめる!

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
このコマ図をもとに、走行距離や時間をチェックしながら未知のルートをたどっていく。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
インストラクターは(左から)三橋 淳さん、山田 純さん、松本充治さん、吉友寿夫さん。

日常を超えたルートを走るには
事前準備と工夫が必要となる!

土地勘のない未知のルートをたどる特殊なプログラムゆえ、装備だってコマ図ツーリング仕様のものが必要となる。何度かコマ図ツーリングを経験している常連さんのバイクを見て気がつくのが、写真でも紹介している『コマ図用ロールボックス』だ。コマ図を細かくチェックしながらルートをたどっていくのが醍醐味ではあるが、ポケットやタンクバッグからいちいち取り出してチェックするという作業はなかなかに煩わしい。しかしセロテープでコマ図を一枚ものにし、このお手製のハコに収納してやれば、グローブをしたまま回転させてチェックできるというスグレモノなのである。雨天時にも水で濡れることはないので、コマ図ツーリングでは次第に必須となりつつあるアイテムだ。「コマ図ホルダー」ないし「コマ図フォルダ」で検索すると、製作手順をまとめたブログなどが結構見つかる。まだお持ちじゃないという方は、ぜひDIYで挑戦を!

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
コマ図をロールで回しながらチェックしていくお手製のボックスなど、参加者はいろんな工夫を凝らしてコマ図ツーリングに挑む。

フォトレポート

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
GS TROPHY開催日の朝、本部にて受け付け。コマ図の資料やゼッケンなどを受け取ります。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
スタート地点前にずらりと並ぶGS。昨年参加した方は気付いたでしょう、今年はルートはなんとスタート地点から逆方向、キャンプ場の奥へと向かっていくのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
GSの長い列が続きます。ご覧のとおり、どのGSも会場の奥へと向いて停められているのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
まもなくはじまるコマ図ツーリング。今年はどんなルート設計になっているのか……。ワクワクの方が大きい?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
開会式にて、まずはBMW Motorrad Japanディレクター エクレム・サックさんから開会の挨拶が。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
そして今回、メッツラージャパンのゲストとして来日していたメッツラー テスト部門責任者のサルヴォ・ペニーズィさん(左)と、ドイツのバイク誌『Motorrad Magazine』編集者のトーステン・デントジェスさんが壇上より挨拶。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
お馴染みとなりつつあるGS TROPHY JAPANのインストラクター陣。(左から)三橋 淳さん、山田 純さん、松本充治さん、吉友寿夫さん。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
エクレム・サックさんのフラッグが振られ、コマ図ツーリングがいよいよスタート!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
走り出した何台ものGSが、キャンプ場の奥地へと向かっていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
お! 新型のR 1200 GSが早速登場。行ってらっしゃい!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
舗装路やフラットダートが入り乱れた山中を走っていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ダートの途中、まるで行く手を阻むように木が倒れ込んでいました! 巧みに脇を走り抜ける人、思い切って真ん中を突っ切る人と、クリアの仕方はさまざま。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
このぐらいのルートなら、全然へっちゃらですね。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
落ち葉で埋め尽くされた山中、ちょっとした油断も禁物です。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
こんなダートも走ります。前日まで天候が崩れていたからか、若干ぬかるんでいる?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
そうしているあいだにも、何台ものGSがこの悪路を走り抜けていきます。問われるのはバランス感覚か。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
HP2 ENDUROなら、このぐらいのダートはまだまだ序の口?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
さらに山中へと進むと、ご覧のような惨状に……。またコブシ大の石が転がっているゾーンなど、昨年よりも難易度は若干上がったよう。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
それでもGSに走れない道などない!と言わんばかりの速さで駆け抜けていく参加者。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
女性ライダーだって果敢に攻めていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
後半には雨が降り出してなかなかの悪条件となったのですが、きちんとコントロールしてやればどんな状況でも走破していけるのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
疲れてきたら、こうしてちょっと休憩も。自分たちのペースでクリアしていけばいい、それがコマ図ツーリング。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
困難なダートを走り抜け、ようやく国道へ。後はゴールのみ……ではなく、実は今回のために、特別に許可を取ったダートを一本走れたのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
最後の林道を走り抜け、スキルチャレンジ予選会場であるさかえ倶楽部スキー場。雨脚も強くなるなど、なかなかヘビーなコマ図ツーリングとなりました。

注目のアイテムはコチラ