VIRGIN BMW | BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「スキルチャレンジ」編 特集記事&最新情報

BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「スキルチャレンジ」編

  • 掲載日/2013年06月28日【特集記事&最新情報】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  撮影/VIRGIN BMW.com × BMW BIKES  文/VIRGIN BMW.com 編集部

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

スキルチャレンジとは?

『BMW MOTORRAD GS CHALLENGE』の名称だった頃から今なお高い人気を誇るプログラムで、大きなGSをオフロードで安全かつ確実に走らせる操作技術で競い合うもの。ドイツ本国のプログラム『BMWモトラッド ライダートレーニング』の公認インストラクター資格を持つ山田 純さんプロデュースのコース(予選、決勝とも)には、オフロードで大きなバイクをコントロールする基礎技術があれば乗り越えられるもの―― 逆を言えば、基礎技術を身につけていないとクリアできない絶妙な仕様になっている。

足を着くのはOKだが、転倒したらチャレンジ終了という内容。一見すると困難なコース設計のようだが、初参加の人でも「自分のスキルがどのレベルか」をはかる意味で挑戦できる仕様なのが嬉しいところ。順位やタイムにこだわるのではなく、腕試しで参加するのも大いにアリなので、機会があれば経験の大小や有無に関係なく参加してみてはどうだろう。

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
コース設定を担当したのは、インストラクターの山田 純さん。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

フォトレポート

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
1日めの午後、かなり強い雨が降るなか、さかえ倶楽部スキー場に設置された特設コースにて、スキルチャレンジの予選が開始。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
雨が降りしきるオフロードコースで、この大きなGSをどこまで操れるか。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
力強い駆動でコースを突き進んでいきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
スロットルを開けると、その豪快なパワーがやわらかい地面を削り取っていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
コース取り、細やかなパワーコントロール、ハンドリングなどが問われるスキルチャレンジ。やはりカンタンではない、このように転倒するライダーも。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
すぐさまスタッフがヘルプに入ってくれるし、地面もやらわかいのでダメージはありません。めったにないビッグオフでの腕試し、やってみる価値は大いにアリ!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
女性ライダーだって果敢に挑戦! こんな大きなバイクを操ろうとする彼女らの気迫に脱帽です。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
スタックしてしまったら、さすがに女性ではGSを押し出すのは難しい? スタッフが手伝います。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
予選を勝ち抜けた上位5名による決勝ラウンド。場所もGS TROPHY JAPANのメイン会場である無印良品 津南キャンプ場に変更。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
決勝ラウンドに挑戦するライダーが、コース内に入って下見をします。ところどころに罠が仕掛けられているとか……?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
まずは実際に走っているところを、ということで、インストラクターの三橋 淳さんがニューBMW F 800 GS ADVENTUREで実走。さすがのパワフルな走り、格が違います!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
雨脚が強まるなか、スキルチャレンジ決勝ラウンド、スタート!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
視界も悪く、滑りやすいワラが敷き詰められたコースに挑むファイナリストたち。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
重量級のR 1200 GSも、まるでコースを踏み潰すかのような豪快さで駆け上っていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
丘を駆け上がり、上り坂の途中でUターンをするという難所、ちょっとバランスを崩すだけで転倒してしまいます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
決勝ラウンドでは足つきと転倒はOK。スタッフのヘルプを受けたら失格ですが、友人の手助けはセーフというルール。倒れた瞬間、まわりにいる仲間が一斉に助けに入ります。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
Uターンを終え、ストレートを走り抜けた先には……。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
一本の木のまわりを一周するコーナーが出現。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
足元を気にして走るとコース取りを誤ってしまうので、ここでも求められるのはバランス感覚と細やかなコントロール技術、そして的確なコース取り。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
木を一周したら、ゴール。ここまでのタイムで順位が決まっていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
雨が降りしきるなか、順番を待つファイナリストたち。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
さすがここまで勝ち残った面々です、これほどの悪路を絶妙のバランスで走っていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
レディースクラスでは、なんとサポートする仲間が後を追うように走っています(笑)。もちろんルール上は問題なし!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
「もうムリー!」という女性ライダーの声に、「あきらめるなー! 頑張れー!」と後押しする仲間たち。この協力の甲斐あって、なんとか完走!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ようやく全クラスの決勝ラウンドが終了。雨のなか、大きなトラブルもなくて何より。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
そしてディナー。丸一日遊び倒したので、みんなお腹がペコペコ!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
本日のメニューは地元の名物 津南ポークを使った豪勢な肉料理! これもGS TROPHYの醍醐味ですよね。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
こんなご馳走とビールを手にしたら、当然笑顔になっちゃいますよね。存分にご堪能ください!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
夕食時、メインステージでは各クラスの上位3名への表彰が。おめでとうございます! そして参加した皆さんもお疲れ様でした!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
果敢な走りを見せたレディースクラス、いろいろありましたが全員完走!

注目のアイテムはコチラ